ピクシブ百科事典

ミラーレス一眼

みらーれすいちがん

光学ファインダーを持たないレンズ交換式カメラのこと。デジタルカメラが普及してから出現した新しいジャンル。
目次[非表示]

ミラーレス一眼カメラは、レンズ交換式デジタルカメラのうち、光学ファインダーを持たず電子ビューファインダーや液晶ディスプレイを通じて像を確認する(ライブビュー専用)機種のこと。

解説

フィルムカメラ時代の構造を引きずる一眼レフカメラに比べ光学設計の制約が少ないため、小型軽量なシステムに仕上げることが可能である(本体はもちろん、レンズも小さい。この特徴はフルサイズセンサー搭載機よりマイクロフォーサーズ機やEF-M機で顕著である)。マイクロフォーサーズシステムの登場直後には動画撮影ができることも強みだったが、新しい一眼レフカメラはハーフミラーを搭載し動画の撮影にも対応しているためミラーレス機独自の特徴とは言えなくなっている。

ライブビューはコンパクトカメラでは早い時期から実現されていたにもかかわらず、レンズ交換式カメラでの実現が遅れたのは、イメージセンサーを常に動作させ続けなければならず、消費電力が大きくなる大型のイメージセンサーで実現させるのが難しかったからである。またセンサーで受けた情報をモニタやファインターに表示するにはどうしても画像処理や表示素子の遅れなどによりタイムラグが発生することになるが、コンパクトカメラならともかく、高級なレンズ交換機ではリアルタイム性が問題となるため、十分高速なデバイスが必要だったというのもある。この種のカメラの発想はデジタルカメラの出現当初からあったが、実現したのはデジタルカメラの技術が成熟してからだった(一眼レフでライブビューを初めて実現したのは2006年にオリンパスが発売したEシステム搭載のE-330)。

歴史

2008年にパナソニックから登場したマイクロフォーサーズシステム準拠の「LUMIX DMC-G1」が草分けで、翌年には同システムに賛同するオリンパスが「ペン E-P1」を発売した。

2010年にはこれらに対抗してソニーもEマウントのミラーレス機「NEX-5」「NEX-3」を出し、2011年にはニコンが「Nikon 1」、2012年にはキヤノンが「EOS M」(EF-Mマウント)を出したが、Eマウント対応機は2011年以降、Nikon1シリーズも2013年以降新機種が出ていない。

2013年11月にはソニーが初のフルサイズミラーレス機「α7/α7R」をリリース。以降しばらくの間、フルサイズミラーレス一眼市場をほぼ独占していたが、2018年、ついにニコン(Zシステム)、キヤノン(RFマウント)なども独自マウントで追随。デジタルカメラ市場の最激戦区となっている。

関連項目

一眼レフ カメラ

関連記事

親記事

カメラ かめら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラーレス一眼」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 161

コメント