ピクシブ百科事典

コダック

こだっく

『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  • アメリカの写真フィルムメーカー「Kodak」、及びその日本法人「コダック合同会社」→公式サイト


基礎データ

全国図鑑No.054
イッシュ図鑑第2版 No.028
英語名Psyduck
ぶんるいあひるポケモン
タイプみず
たかさ0.8m
おもさ19.6kg
とくせいしめりけ / ノーてんき / すいすい(夢特性)


進化

コダックゴルダック

Not reconciled equals progress



概要

いたいよぉ
コダック


常に頭痛に悩まされている難儀な生き物。頭が痛いのでいつも頭を抱えている。頭痛がひどくなると念力など不思議な力を使いはじめるが、その間は意識が睡眠状態になるらしくやっていることが記憶に残らない。
その説明からエスパータイプが似合いそうだが、実際のタイプはみずだけ。しかしエスパータイプの技も相当数覚えられる。

分類ではあひるポケモンだが、外見としてはカモノハシに近い。
ポケモンシリーズのディレクターである増田順一氏(増田部長)の一番好きなポケモンであり、増田部長の名刺にはコダックのイラストが描かれている。そのせいか、コダックは第4世代まで欠かさず登場していた。しかしそんなコダックもさすがにイッシュ図鑑第1版には載らなかった(第2版には載っている)。

ポケモンGOにも第一世代組の一匹として参戦。
つついた際の「頭を抱えてイヤイヤ→そのままニッコリ」が話題をさらった。(XY以降の特殊技系の攻撃モーションと同じだが)

カスミのコダックについて

?


声は愛河里花子が担当。
とある町で、カスミが偶然落としたモンスターボールに自分から勝手にゲットされる。
おとぼけな性格で、最初はカスミの指示も分からず、テンポのずれた奔放な行動が多い。
攻撃を受けても、反応が少々鈍く少し経ってから痛がるほどである。
しかし連続で攻撃を受け続け頭痛がひどくなると、通常のコダックより強力なエスパーわざを発動するので意外と油断できない。

みずタイプでありながら泳げないが、背泳ぎはできる。何を考えているか分からない部分も多いが、時々ガッツを見せたり、カスミに甘えたりしているので、トレーナーへの忠誠心は厚いようである。
一方のカスミも、普段は出来の悪いコダックに手を焼きつつも、ポケモン交換会で複数の人からコダックの交換を持ちかけられた際、断固これを拒否していたため、コダックへの愛着は少なからずあるようである。
なお、カスミのコダックは設定上のコダックの身長の平均以下である。(設定上のコダックの平均身長は80cm)。


カスミがレギュラーから退いてからはさすがに出番はほとんど無くなったが、サン&ムーン43話にて久しぶりに再登場。
相変わらず鈍感でおとぼけな性格だが、一匹でハナダジムの留守番を任されるくらいにカスミからの信頼度は上がっており、カスミ本人もますますコダックへの愛着は増している様子。

バトルの実力も以前と比べ格段に上がっており、激弱だったみずでっぽうの威力が相当なものになった上、暴走ぎみだったねんりきを自らの意志で自在に制御出来るようになり、ついでにカナヅチも克服したのか水中に叩き込まれてもパニックを起こさなくなっている。
マオアママイコとスイレンのアシマリを同時に相手し難なく勝利するという「ジムリーダーのポケモン」という肩書に恥じないレベルにまで強くなった。
ただ、現在でも素の状態ではねんりきがうまく扱えないらしく、その本領を発揮するのに時間と手間を要するスロースターターではある。

関連イラスト

「「なんだおまえ」」
コダック


コダックさん。
初音コダ



関連タグ

ポケモン ゴルダック カスミ みずタイプ アヒル

pixivに投稿された作品 pixivで「コダック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1332472

コメント