ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0055
カントー図鑑No.055
ジョウト図鑑(GSC)No.139
ホウエン図鑑(RSE)No.159
シンオウ図鑑No.044
ジョウト図鑑(HGSS)No.141
イッシュ図鑑(BW2)No.029
セントラルカロス図鑑No.060
ホウエン図鑑(ORAS)No.166
アローラ図鑑(SM)No.090
メレメレ図鑑(SM)No.090
アーカラ図鑑(SM)No.033
ウラウラ図鑑(SM)No.050
ポニ図鑑(SM)No.040
アローラ図鑑(USUM)No.108
メレメレ図鑑(USUM)No.108
アーカラ図鑑(USUM)No.033
ウラウラ図鑑(USUM)No.053
ポニ図鑑(USUM)No.052
ヨロイ島図鑑No.147
ヒスイ図鑑No.069
パルデア図鑑No.056
ローマ字表記Golduck
ぶんるいあひるポケモン
タイプみず
たかさ1.7m
おもさ76.6kg
せいべつ50%♂・50%♀
特性1しめりけ:場のポケモンは誰も「じばく」「だいばくはつ」「ビックリヘッド」「ミストバースト」を使用できず、特性「ゆうばく」も無効になる
特性2ノーてんき:天候の影響がなくなる
隠れ特性すいすい:天候が「あめ」の時、「すばやさ」が2倍になる
おとしものコダックのうもう
タマゴグループすいちゅう1/りくじょう

各言語版での

英語Golduck
スペイン語
イタリア語
ドイツ語Entoron
フランス語Akwakwak
韓国語골덕
中国語(普通語)哥达鸭
中国語(広東語)哥達鴨・高超鴨
ロシア語Голдак
ヒンズー語गोल्डक
タイ語โกลดัก
ヘブライ語גולדאק
リトアニア語Auksantis

進化

びりーぶ
コダックゴルダック(レベル33)

概要

第1世代『ポケットモンスター 赤・緑』から登場したコダックの進化系。丸く黄色くとぼけた人相のコダックから、すらっとしたいクールな風貌に様変わりしている。


分類こそ「あひるポケモン」だが、その風貌はどう見てもカッパであり、図鑑説明でも間違えられる事があると言われている。進化前がアヒルというよりカモノハシに近い姿だったり、後輩に分かり易いアヒルポケモンが登場した事もあり、よりそう見え易いのかもしれない。


コダックの頃とは違い、図鑑の記述は大半が泳ぎに関すること。ポケモン一泳ぎが得意な事で知られ、両手両足の水かきを使ったその遊泳スピードも全ポケモン中で一番だという。金メダリストより断然速く、特に泳ぎが達者な個体は水泳選手の特訓に付き合うこともある。長い尻尾を巧みにくねらせて丸々2日間も泳いでいられる他、で荒れている海も難なく泳ぎ、難破した船から人を救う事もあるのだとか。


基本的にはに住むが、に出ることもあり、特に湖で泳ぐ姿は優雅らしい。だが1.7mもある二足歩行生物がダイナミックに泳ぎながら生息できる川とは一体。ただし、川を汚すような不届き者には容赦無く、汚した人間を水中に引きずり込んだという余計に河童らしい昔話も存在する。


額の赤い玉が怪しく輝き出すと潜在能力を100%発揮できると言われており、主に全力で泳いだ時や神通力を操る際にその様な現象が起こる。そのため大昔のアローラでは、赤い玉に触れると神通力を得られるとの噂から乱獲された過去も持っている。泳いで捕まえたポケモンを岸辺で静かに捕食するらしく、泳ぎが速いものでも金縛りで動きを止め、簡単に捕まえられる模様。


コダック共々色々とエスパー的な設定はあるものの、エスパータイプは持ち合わせていない。初代には水/エスパーが3種もいるので被るのを避けたのかもしれないが・・・。


名前の由来は恐らくコールダック(品種改良された小型種のアヒル)。英語名が黄金のアヒルだが、別に金色ではない。

体の色は青い場合もあれば、水色に近い色で塗られる事もある。後者はアニポケでの配色である。また口から吐く水量も凄く、『オーキド博士のポケモン講座』では部屋一帯をプールに変えてしまうほど。


ゲームにおける特徴


初代FRLGピカブイ


  • 『ピカチュウ』ではグレンタウンのポケモン研究所では老人と話せばサイドン(ごんすけ)と交換が可能。…余談だが、『青版』ではゴルダックではなくユンゲラーであったために修正忘れなのか「こうかんした ゴルダックが しんか しおった」と話してくる。
  • また、『FRLG』ではゴルダックを持っていれば18ばんどうろにいるNPC・みちはる からベロリンガ♂(なめぞう)を交換で入手する事が可能。

金銀クリスタルHGSS


RSEORAS

  • 『RSE』ではサファリゾーンの水上に出現していたが、リメイク後の『ORAS』では出現しなくなっている。コダックから進化させよう。

DPtBDSP


BWBW2


XY


SMUSUM


ソード・シールド


LEGENDSアルセウス


スカーレット・バイオレット



性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
第1世代8082788085405
第2世代から808278958085500

※第2世代以前の「とくこう」・「とくぼう」は「とくしゅ」に纏められていた。


  • 初代から全世代に渡り入手が可能。能力は特攻がやや高い以外は平均並で、良くいえば穴がない、悪く言えば平凡。ニドクイン同様100を超えたステータスはない。

  • 激戦区の水タイプでは厳しめなステータスだが、後述のノーてんきに加え純水タイプとしては「かなしばり」やら「じこあんじ」など変わった補助技を覚え、攻撃面でも「サイコショック」やニョロボンを差し置いて「クロスチョップ」などを覚えるため、差別化自体はそんなに難しくはない。そもそも他の「ノーてんき」持ちとタイプが違う時点で他の劣化では全くない。


  • また図鑑説明に反して「じんつうりき」は覚えないが、より威力の高い「サイコキネシス」は金銀から習得できる。(ただし、第三世代まではタマゴ技限定であり、技マシンでは覚えられなかった。第四世代以降は技マシンでも習得できるようになった)

  • 天候変化の効果を受け付けない「ノーてんき」はレックウザの「エアロック」と同じ効果である。天候パーティにぶつけてみるといいかもしれない。また、晴れパでも天候の影響がなく水技を使えるので自分の晴れパに組み込んでもデメリットがなく個性が生きる。

  • また、ゲンシグラードンにとって、自身の特性による水技無効をノーてんきで無効化しつつ一致水技を使ってくる、天敵とも呼べる存在である。ただし実際のところは耐久に振らないと陽気ゲンシグラードンの「だんがいのつるぎ」が確1になるため、本気でグラードンを狩りたいのであれば耐久調整は必須。そうまでしてもゲンシグラードン以外のポケモンに交代されると、種族値の無さが災いして辛いことになるのだが…

  • 隠れ特性は「すいすい」。ゴルダックは素早さ85なので、個体値さえ高ければ無振りでも余裕で130族を抜ける。また、素早さに振れば性格補正をかけずともスカーフラティオスレベルの超高速アタッカーを抜ける速度になる85族以上の天候倍速特性の恐さはドリュウズキングドラで既に証明済みだろう。

  • すいすい型の難点はやはりキングドラの存在そのものである。こちらはキングドラではメイン技が全て半減されてしまうエンペルトナットレイに有効な「きあいだま」や「クロスチョップ」を撃てるという強みがあるが、それ自体がキングドラが使える「りゅうせいぐん」のメリットを上回る強みかというとそうとは言えないというのが残念な所であるか。

  • 第4世代まではその器用貧乏さから不遇を託ったが、第5世代に通常戦でも晴れパや雨パを組めるようになると「ノーてんき」型として一定数使われるように。さらに、第7世代のSM期のアローラダブルでは他にまともな候補がいないという消極的な理由ながら「すいすい」エースとしても使われ、JCS2017ライブ大会のマスターカテゴリでは優勝メンバーの1体となった実績を残している。
    • 因みにJCS2017優勝パーティの個体を再現した配布個体が、JCS2018会場で配布された。A個体値30で残りの箇所の個体値が31の、いわゆる「A抜け5V」で、厳密にはAは妥協だが、日本勢が特殊型のA0厳選に拘らない姿勢が窺い知れる(もっとも、「いばる」が第7世代で弱体化している上に、あく等倍以下のポケモンにダブルで「イカサマ」をポチポチ押しても仕方がないという事情もあるが)。



使用トレーナー

ゲーム版

※1ポケモンスタジアム金銀


アニメ版


漫画版


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • 無印91話
    • 特に著名な活躍回。自分のコダックが進化したものと思い込んだカスミはツバキのコダックとのバトルで彼と抜群のコンビネーションを見せたが、その正体は女好きな野生の個体で、カスミのコダックはモンスターボールの中に入ったままであった。野生のポケモンを扱えたカスミが凄いのか、単にゴルダックのスペックが凄いのか……ちなみにはかいこうせんを使用するときどこかで見たようなポーズをとる。

  • 無印153話
    • ヒバリのポケモンとして登場。花形のマリルリが実は好意を寄せていた相手である。

  • 無印217話
    • うずまきカップ3回戦のカスミの対戦相手・タカミの手持ちで登場。

  • カエデのゴルダック
    • AG128話サイユウ大会決勝トーナメント第1回戦でのサトシの対戦相手カエデの手持ちで登場。サトシのコータスには勝利したものの、ヘイガニ相手に混乱させた結果逆にペースが読めなくなり敗北した。

  • AG135話
    • バトルでは使用しなかったが、ダツラのポケモンとして登場している。

  • DP7話
    • 木の実を集めていた野生のゴルダック。しかし木の実はロケット団に奪われ、そうとは知らないゴルダックは近くにいたルンパッパ達が木の実を持っていたので彼らが盗んだと決め付ける。
    • そこへヒカリのポッチャマと出会い、その後ロケット団が木の実を盗んだと分かりルンパッパと和解し一緒にロケット団を撃退して木の実を取り返した。


その他

無印168話・194話・215話
AG32話・68話・126話
SM15話・86話・106話・129話
新無印81話・110話・136話
劇場版波導の勇者みんなの物語

アニポケ・リコとロイの旅シリーズ


漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

  • グリーンのゴルダック
    • 性別:♂・特性:ノーてんき
    • 性格:まじめ・個性:たべるのがだいすき
    • 第1章当初から手持ちに加わっている。バトルでは強力なみず技を使って戦う他、グリーンを乗せて水上を移動したり、「ねんりき」で人間の思考や敵を探る事も可能。描写は無いが…あのコダックから育てたのだろうか?

関連イラスト

055すいすい22番道路

センシティブな作品ものおもい


Pixiv内では、toufu氏のゴルダックが登場する漫画がランキングに上がるほどの知名度になっている。

夢のような出会い(後編)


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン RGBP FRLG LPLE

ポケモン一覧 みずタイプ 鳥ポケモン


0054.コダック0055.ゴルダック→0056.マンキー


同みず単タイプ


関連ポケモン+α等

  • コアルヒー:アヒル仲間
  • ハスブレロ:カッパ?仲間
  • ラプラス:かつて乱獲されて絶滅危機に瀕したポケモン。SM時点では大事にされすぎて数が増え過ぎた。
  • アブソル:「災いをもたらす」と忌み嫌われた一方でツノが災いを感知するとウワサされ狙われた事がある。現在では忌み嫌うのは一部の昔の人ぐらいである。
  • ベトベターベトベトン:当初は環境汚染などから多く存在していたが、時代につれて絶滅危機に陥っている。
  • オドシシ:美術品目的でツノが狙われ、絶滅寸前に追い込まれた事がある。
  • サメハダー:かつて背ビレが食材として珍重され乱獲された事がある。
  • ラブカス:ハート型のウロコを持っていると恋人ができるとウワサになり乱獲された事がある。というか、プレイヤーにも乱獲されてる
  • フローゼル:水難救助仲間
  • ゴルバット:同じく進化系で、モチーフやモデルとなった動物の名前に「ゴル」がつく点が共通。
  • ワルダック:名前は似ているが、こちらは人間で関係性も皆無だったのだが、サトシの物語が終わった後のポケモンアニメで「悪いゴルダック」自体は…

その他

水泳 カッパ アヒル

  • バルダック星人:名前は似ているが、こちらは雪男で共通点も嘴か氷技ぐらいしか見つからない。

関連記事

親記事

コダック こだっく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 19800478

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました