ピクシブ百科事典

はかいこうせん

はかいこうせん

ポケモンの技の一つ。強烈な光線で攻撃する技であり、間違っても人に向けて撃ってはならない。
目次[非表示]

データ

初出第1世代
タイプノーマル 
ぶんるい特殊
いりょく150
めいちゅう90
PP5
直接×
範囲単体
備考技が当たると、次のターンは行動できない
英語名Hyper Beam


概要

メガギャラドス!!はかいこうせん!!!
Legesteel


初代から存在する技。永遠の技マシン15。通称ロマン砲
技マシンで殆どの最終形態ポケモンが習得できるが、一部初期形態から習得できる者も。
何故か、第七世代から習得できないポケモンが急増した。

英語名は「ハイパー・ビーム」、「破壊」の意味はないが日本語に訳すと「超級光線」になる。どちらにせよとんでもない光線である。
技を除けば威力150というポケモンの技の中でもトップクラスの威力を誇る。
勿論それ程の威力の技にデメリットが無いわけが無く、使用した次のターンは反動で一切の行動が取れなくなる。

初登場の際は敵を倒したターンや「みがわり」に攻撃したターンは反動無しと言う理不尽な仕様(バグ?)になっており、当時は氷技のふぶき、エスパー技のサイコキネシスと共に猛威を振るいまくった。これを習得し、かつタイプ一致・高攻撃力・高い素早さを全て満たすケンタロスが隆盛していた。当時の大会で参加者全員がケンタロスをパーティ入りさせているというのもうなずける。
さすがにそれはやばいということで「ポケモンスタジアム2」では敵を倒した場合も反動が来るようになった(「みがわり」相手はそのまま)。なお、発射による反動という解釈なのかかわされても反動が来ていた
ちなみに当時は反動で動けないターンも「カウンター」で返せたりしていたアニメでも、本来なら覚えるはずがないハヅキヘルガーがやっていた)。
第2世代以降は今の仕様に調整されている。

しかし、世代が進む毎に技も増え、今や火力のインフレと言われる時代。
「はかいこうせん」を撃つくらいなら他の技を2回撃った方が良いという風潮になり、その採用率も世代が進むごとに減少し、今やノーマルタイプポケモンの最後っ屁レベルにまで落ち着いてしまった。
しかも第4世代から特殊技に変更され、旧来の使用者は軒並みこの技を手放す始末。

はかいこうせん
ビーム


とは言えども、ポリゴンZエレザード、後述のスキン持ちポケモン等、正に破壊と呼ぶにふさわしい威力を叩き出せるポケモンも少なくない。
しかも特殊技の威力が下方修正された第6世代でも下方修正なく150をキープした。
どんなに落ちぶれてしまってもその威力には惹かれるものがある。それが浪漫なのである。

第6世代になってノーマル技のタイプを変更し、かつ威力を1.3倍にするフェアリースキンフリーズスキンが登場した。

ニンフィアの はかいこうせん!


当然この「はかいこうせん」も適応対象なので、これらの特性を持つポケモンが「はかいこうせん」を放とうものなら最終威力が292というトンデモ数値になる。
タイプ変更によって弱点を突くことも可能となるので、抜群を取った時の威力は筆舌に尽くしがたい。
(破壊を身上とするあのバンギラスニンフィアの「はかいこうせん」で抜群を受けて沈むという、一見すると訳の分からない現象まで起きる)
流石に強過ぎたのか第7世代では補正が1.2倍に落ち着いたが、「ノーマルスキン」もこの補正の対象に加わった。

アニメでのはかいこうせん

アニメでは怪獣系ポケモン、特にギャラドスリングマボーマンダなどがそのイメージからよく使用する。反動を無視して連射したりすることもあるがアニポケでは良くあること

世代ごとや個体ごと、または媒体ごとにカラーリングなどの描写が大きく異なる。ゲーム版に準拠していると思われる節もある。

漫画でのはかいこうせん

漫画でも決め技や、反動お構いなしの普通のビーム技であることが多い。
ポケットモンスターSPECIALでは、ワタルが手持ちのドラゴン型ポケモン達に「軌道が自在に折れ曲がるはかいこうせん」を習得させていた。

ポケダンのはかいこうせん

ポケモン不思議のダンジョンでは、マグナゲートと∞迷宮までは幅1マス分の光線が前のポケモンに当たるまで真っ直ぐ飛ぶだけの技で、攻撃・特攻が基で大体の威力が決まる仕様上弱めの技とそう変わらず、次ターンの反動がある程度だったが、
超ポケダンでは性能が変化して、射程は本作ではやや長めの4マス、更になんと着弾点を中心に範囲1マスにダメージを与える技となった。着弾範囲に入った壁も壁下のアイテムごと破壊される。
イワークレックウザなどの大型ポケモンが撃つと幅3マスで射程10マスの貫通技に変わる。大型ポケモンは伝説のポケモンや怪獣型がほとんどのため全員習得可能。
味方が撃ったらそこそこ心強いが、超ポケダンは適正レベルダンジョンの雑魚敵が一撃で主人公達を倒せるほどの高難易度ゲームなので、敵に撃たれたらかなりの脅威である……
勿論反動があるため次のターンは動けない(風来のシレンに出るオヤジ戦車を意識すると解りやすい)。
気を付けてほしいのは味方にまで命中することである、うっかり味方まで破壊しないように。
特に超ポケダンは、前作までと戦闘面仕様が大きく変わり「特殊スキル『すきまとおし』『すりぬけ』がなくても味方に直線遠距離技が命中せずすり抜けるようになった」ので、CPUの味方が敵を見ただけでタイミングも考えずに発射して、敵の前にいる味方がよく犠牲になる。

ポケモンGO』でのはかいこうせん

ノーマルタイプのゲージ技としては破格の威力を誇り、現在は本編と同じ150
ノーマルタイプを中心に覚えられ、本作最強の一角でありこの技のイメージが強いカイリュー、同じく最強の一角カビゴンハピナス等の他、雑魚の代表格のラッタであっても覚えていることがある。
技を選んでから放つまでに多少の溜めが必要なので小回りは利かないが、一度決まってしまえば威力は絶大。
そしてこのゲームに反動で動けない仕様はないのですぐに次の行動を取れる。
エフェクトも派手なので浪漫と実用性を兼ねた正に最強の技となっている。タイプ一致であれば是非とも覚えさせておきたい。

余談

当pixivでは、ポケモンに限らず他のジャンルのキャラクターが何らかの光線を撃つ描写があるイラストにもこのタグが付く。
主にポケモン関連でイラストの描き手があとで消します等と宣言したら消したらはかいこうせんとタグ付けされることもある。

イラストを消した者の末路(通常壁紙用)


消した場合の描き手の命が危ぶまれる

チョウジタウンの悪夢
【イメレス】えーっと…何これ


あと、間違っても人に向けて撃ってはいけない
※『金・銀・クリスタル』『HGSS』でワタルがマップ上でロケット団に向かって自分のカイリューにはかいこうせんを命じていたシーンが有名だが、その時のドット絵演出のせいでネタにされやすい。

また、歴代の全技系統でも、もっともメディアにおけるエフェクトが変化し続けてきた技の一つであり、初代のそれ(ソーラービームなどと大分かぶっていた)からDNAの螺旋のようなもの、ブラックホールダークマターをそのまま吐き出しているかのような現行(2016年1月現在)のものに至るまで、かなり異なっている。アニメでも、これらの変化に伴っている。今後は、スキン系統でタイプが変化するので、さらにレパートリーが増えるかもしれない。

類似技

ブラストバーン ハードプラント ハイドロカノン:御三家専用
ときのほうこう:ディアルガ専用
ギガインパクト がんせきほう

関連イラスト

ビームなため、またロマンとネタ性にもあふれるため、イラストの数と多様性には恵まれている。

ネイティオの本気
†遍く全てを焼き尽くす瞋恚の光†
目からビームっ!!!!!
PRINCE OMELETTE used HYPERBEAM
あいをこめてえええええ
オーキド「焼き払えぃ!」
ブルーアイズホワイトドラゴンフライのはかいこうせん!
ドラえもんのはかいこうせん!
ロボとポケモン好きが一度は考える事
ハクリュー



関連タグ

ポケモン わざ ポケモン技一覧 ポケモン技絵 わざマシン一覧 ノーマルタイプ 
ワタル ヘルゴンザ しねしねこうせん

pixivに投稿された作品 pixivで「はかいこうせん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 480358

コメント