ピクシブ百科事典

フェアリースキン

ふぇありーすきん

フェアリースキンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の1つである。
目次[非表示]

データ

初出第6世代
効果ノーマルタイプの技がフェアリータイプに変化し、さらに威力が1.2(第6世代1.3)倍される
英語名Pixilate


概要

第6世代から存在する特性。
ノーマルタイプ技がフェアリータイプ技に変わり、さらに威力が1.2(第6世代では1.3)倍になる。
通常の特性所有者はおらず、隠れ特性ニンフィアメガシンカ枠でメガサーナイトメガチルタリスが所有しており、いずれもフェアリータイプを所有している。

とにかくノーマルタイプの攻撃技であれば何でも適用され、「はかいこうせん」だろうが「ギガインパクト」だろうがフェアリータイプ扱いになる。
なお、この威力補正(1.2倍)とタイプ一致補正(1.5倍)は重複するうえに、この特性の所有者はフェアリータイプを必ず含んでいる為、ノーマルタイプの技は実質威力1.8倍のフェアリータイプの技と化す。

所有者である3種は「ハイパーボイス」(実質威力162)や「はかいこうせん」(実質威力270)を習得できる。
この威力にして弱点を突ける上に無効となるタイプがない為、その使い勝手は筆舌に尽くし難い。

「フェアリースキンと言えば『ハイパーボイス』」と言うイメージが強いが、勿論物理技も対象である。
物理型の選択肢自体も十分あるメガチルタリスはともかく、攻撃種族値85のメガサーナイトや攻撃種族値65のニンフィアでも、特化すれば相応の火力が出たりする。
攻撃特化ニンフィアの「すてみタックル」が攻撃特化マリルリ(ちからもち)の「じゃれつく」をやや下回る程度のダメージを叩き出す。

なお、この特性を持つポケモンは全て「ムーンフォース」を自力で習得できる。
しかし、威力はやはり「ハイパーボイス」が上回ってしまう為なかなか採用されない。
但し「ハイパーボイス」は全体攻撃である為、ダブルバトル以上ではワイドガード対策や単体火力を見込んで両立させる事もある。

流石に第6世代で強過ぎたせいか、第7世代から補正倍率が1.2倍に下がった。

関連タグ

ポケモン 特性 隠れ特性
ノーマルタイプ フェアリータイプ 
メガサーナイト ニンフィア メガチルタリス
他スキン特性
ノーマルスキン 
フリーズスキン スカイスキン エレキスキン

pixivに投稿された作品 pixivで「フェアリースキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22109

コメント