ピクシブ百科事典

ノーマルスキン

のーまるすきん

ノーマルスキンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する特性の一種である。
目次[非表示]

データ

初出第4世代
効果自分の技のタイプが全てノーマルタイプに変化する。変化した技の威力を1.2倍にする(第7世代~)
英名Normalize


概要

第4世代から存在する特性。
読んで字のごとく、すべての技のタイプを強制的にノーマルに変更してしまう。
現在はエネコ系統の専用特性となっている。
余談だが英名「Normalize」は「正常化する」という意味もあり、所謂「ノーマライゼーション」の語源である。

この技のメリットかつデメリットはズバリノーマルタイプへの変更である。
でんじは」がじめんタイプやでんき技無効特性持ちに効いたり、じめん技をひこうタイプに当てることができるようになる等、本来は無効化される要素をある程度無視できるようになる。
反面ゴーストタイプ相手にはほぼ何もできなくなり、タイプによって状態異常を防ぐ効果(どくタイプはがねタイプの「どく」「もうどく」状態無効)を無視することもできない。
幸いエネコ系統は「みやぶる」を習得できる為完全な「詰み」にはならないが、エネコロロの耐久で1ターン持たせられるかと言うと……。

ちなみに技のタイプ自体をノーマルに変えるという効果のため、(「ものまね」や「まねっこ」が前提となるが)「フライングプレス」の「かくとうタイプとしても扱う」や、「フリーズドライ」の「みずタイプにも弱点」といった、追加効果によるタイプ相性はしっかりと残る。
そのため前者はノーマル・かくとうタイプの技としてダメージ計算が行われ、後者は例えば特性「あついしぼう」のトドゼルガに対して(本来タイプと特性と技でダメージ1/2のところを)弱点を突いて2倍のダメージを与えることができる。

エネコロロ自体ノーマルタイプである為、全ての技が自動的にタイプ一致になる。
しかし、元々ノーマル技には事欠かないポケモンなので、無理にタイプ変更する意味はあまり無い。
但し特殊最大威力の技は(「はかいこうせん」を除けば)他タイプの技ばかりなので、特殊型にする場合はたまに使われる事もある。
ただ、どちらかと言うと「ふいうち」を一致技にする為の採用の方が多い。

第6世代に技のタイプを他のタイプに変えるスキン系統の特性がいくつか出てきたが、そのどれもがタイプを変えた上で更に威力を増強するという実質上位互換特性だった。「ノーマルスキン」にはそのような修正がなく、エネコロロ自身の処遇もあって冷遇されていた。
だが第7世代にて、ようやく他のスキン同様に技の威力アップ効果が追加された。
補正倍率は1.2倍と、第6世代でスキン系統に追加されていた1.3倍に比べて下がってしまったが、エネコロロの「すばやさ」種族値が20アップするなど、大幅な強化になった。

関連タグ

ポケモン エネコロロ
スキン特性仲間:フェアリースキン フリーズスキン スカイスキン エレキスキン

関連記事

親記事

専用特性 せんようとくせい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ノーマルスキン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 421

コメント