ピクシブ百科事典

トドゼルガ

とどぜるが

トドゼルガとは『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.365
英語名Walrein
ぶんるいこおりわりポケモン
タイプみず/こおり
たかさ1.4m
おもさ150.6kg
とくせいあついしぼう/アイスボディ/どんかん(夢特性)


進化

タマザラシ(Lv.32) → トドグラー(Lv.44) → トドゼルガ

こおりみず



概要

可愛げがあった進化前から一気に凶暴な容姿になった。
セイウチのように鋭い牙が生え、これで氷を割っている。
分厚い脂肪は寒さを防ぎ、そのおかげで氷点下の海を平気で泳げるほか、相手の攻撃を跳ね返すほどの弾力を持つ。
群れのリーダーは縄張りに入ってきた敵を命がけで戦う。
その戦いは激しく、キバが折れることもある。

ブタ鼻なのでタマザラシの頃の可愛さからのギャップにショックを受けた人も多いのではないだろうか。

ゲームでの特徴

素早さ以外は高水準のステータスを誇る。
特にHPと特攻は高く、技のほうもかなり恵まれている。
また、こおりタイプの癖に複合であるみずタイプと特性のあついしぼうのおかげで、
ほのお技も実質上半減という何ともほのおタイプ泣かせなポケモンである。
さらに厄介なのは一撃必殺を2つ(「ぜったいれいど」「じわれ」)も使える事で、
ただでさえ高い耐久を持っている上に一撃を叩き込まれるのはたまったものではない。バトルタワー等の施設でコイツに泣かされたプレイヤーも少なくはない。

「ダイヤモンド・パール」ではトドゼルガの弱点であるいわタイプの技やかくとうタイプの技が強化された煽りで若干肩身が狭くなった。
しかし、新たに天気があられ状態だと体力が回復する特性「アイスボディ」を手に入れたことにより、霰パに組まれやすいポケモンとなった。
なお、この時期から進化と同時に「こおりのキバ」を習得できたり、ハートのウロコで「かみくだく」を思い出せたりと牙にまつわる技を使えるようになった。

同タイプのライバルにはジュゴンラプラスがいるが、この二匹の特性はトドゼルガとはまた異なっているため、使い方も大きく変わってくる。
特にジュゴンの特性は雨パとの相性がよいため、トドゼルガと同タイプながら霰パではなく雨パに組まれるといった違いがある。

主な使用トレーナー


関連イラスト

No.365 トドゼルガ
トドゼルガとミクリ



関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモン一覧
パウワウ ジュゴン ダイケンキ

pixivに投稿された作品 pixivで「トドゼルガ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 135903

コメント