ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

アクア団

あくあだん

アクア団とは、ゲーム『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド』『オメガルビー・アルファサファイア』に登場する組織である。
目次 [非表示]

アクア団マグマ団ロゴ

左がアクア団のシンボル

右は敵対組織のシンボル→マグマ団


なお、ソフトによって組織の活動内容が異なる。

概要

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルドに登場する。

その目的は、カイオーガの力でを沈ませ、世界中のを増やすことでポケモンの為の自然を取り戻すこと。

使用するポケモンもみずタイプの海獣・魚介類(主にキバニア系統)で占められており、ミナモシティ沖の洞窟にアジトを構える。


マグマ団と同じく、歴代シリーズでも珍しい、バージョンによってストーリーに関わる度合いが異なるという組織である。


名前もそのまんま水を意味する「aqua」から来ている。


容貌について

歴代の悪の組織では珍しく、旧作とリメイク作でデザインが大幅に変わった組織である。

下っ端は総じてバンダナを被った海賊風の姿をしているという意味で共通しているが、細部が異なる。


リメイク前

アクア団したっぱ(女)
ポケットモンスターエメラルド17周年おめでとう!!

アクア団のロゴが描かれた青いバンダナ、黒い縞模様の半袖シャツに黒いグローブ、波をイメージしたと思しき模様が描かれた青い長ズボンを着用している。

女性団員は髪が短く、赤毛でへそ出しなのが特徴。


リメイク後

藍団下端

男女で服装が大きく異なる。

共通して肌は褐色であり、バンダナの色が黒褐色に、シャツの柄も青と白の縞模様に、裾がギザギザとした事でより荒くれ者度が増し、ソックスやベルトが追加されている。

男性団員は顎髭が追加され、三白眼になった。女性団員は袖なしへそだしファッションが特徴的で髪色も変化した。ズボンは男性と比べて丈が短い。

同様に幹部連中のデザインも大幅に変わっているが、これに関しては各項目を参照してほしい。



各作品での活躍

ルビーバージョン

敵対組織であるマグマ団が悪の組織として活動しており、

野望を阻止する自警団として主人公の味方となる。


サファイアバージョン

悪の組織として登場し、主人公と敵対する。

ルビーのマグマ団はやや違和感のある設定(アジトが水辺にある、グラードンの住処が海底洞窟など)だが、こちらは違和感のある設定がない。

海を愛する組織であるのに火山(えんとつ山)を襲撃するが、これは「火山活動を止め、冷えた火口に雨水が溜まることで湖を作る」のが目的である。

ちなみに、このようにして出来た湖を火山湖と呼ぶが、ホウエン地方のモデルとなった九州にも、この火山湖がいくつか存在する。えんとつ山のモデルもカルデラ湖のある阿蘇山である。


エメラルドバージョン

エメラルドではマグマ団・アクア団共に主人公と敵対するが、行動はサファイアバージョンとほとんど同じ。

マツブサとは3回(しかもそのうち1回はホムラとのタッグ)も戦うのに対し、アオギリとは1回しか戦わない。

余談だが、最初の戦いはマグマ団よりも先で、最後の戦いもマグマ団より後。


アルファサファイアバージョン

従来通りカイオーガの力を使って海を増やすという行動自体は変わっていないが、その目的は「ポケモンにとっての理想郷を築く事」と若干大袈裟になっており、その為には人間、ひいては自分達がどうなっても構わないと言う組織全体が人間に対して排他的な思考に変わっている。

しかし、アジト内の自販機の飲み物の値段が他の場所より安かったり、勤務時間が決まっていないため自由に休憩できる等、やたら人間に優しいホワイトな営業体制となっている。

(ただし前者についてはオメガルビーにおけるマグマ団も同様。)

また、オメガルビーにおけるマグマ団と共に、えんとつ山を襲撃する理由が変更されている。

潜水艦のモチーフはサメハダーとなっている。


バトルする際のデモではAのロゴが水底に沈んで泡を立てる演出が取られている。


オメガルビーバージョン

ルビー同様、マグマ団と対立し主人公と戦うことはないが、あくまでも独自の思惑(アルファサファイアにおける目的と思われる)あっての行動であり味方ではなく、アオギリは「邪魔をするなら主人公に対しても容赦しない」と発言しダイゴからも「マグマ団とアクア団を止めて欲しい」と言われている。

エピソードデルタクリア後には、初めてバトルリゾートを訪れる主人公に「サメハダナイト」を授ける。その際にアオギリは、ちょっとでも違う世界があったら主人公とやりあってたのはアクア団だったのかもしれないと、サファイアやアルファサファイアを思わせる可能性を語った。


ポケスペ

こちらではアオギリがホウエンのテレビ局長としてマスコミを牛耳っていたり、敬語設定になっていたり(紳士的な性格はどっちかというと原作のマツブサ寄りで、その煽りからか、マツブサが荒っぽいキャラになっている)、ウシオが頭が回る嫌味なヤツという設定になっていたりと原作とは少し規模や設定が異なる。

一方でイズミは最も原作からの改変が少ない(クールな上官という性格付けだったアニポケと比べると若干可愛らしく描かれているが)。

なお、原作ではパラレル設定となっているRSとORASだが、基本的にリメイク前とリメイク後が同一世界観であるこちらでは団員の容貌の違いが前任者のコードネームを襲名したからという設定になっている。



団員一覧

シンボル

カイオーガ


首領

無題


幹部

Aqua Summer!


センシティブな作品



戦闘員

したっぱ


オリジナル団員一覧

ポケスペ


余談

首領を除いた幹部格は全て海や水に関係した名前となっている。

ここではポケスペ幹部も同様に記載するものとする。

名前由来備考
イズミ泉は地下から湧き上がってくる様から「知識」に関連づけられる。アニポケでの理知的な彼女はまさにその名に相応しいと言えるだろう
ウシオ潮はテンションの高低の喩えにも使われる言葉。まさにテンションが高いORASの彼に相応しいネーミングだと言える
シズク-

関連タグ

ポケモン RSE エコテロリスト

対立組織

マグマ団

関連記事

親記事

悪の組織(ポケモン) ぽけもんのあくのそしき

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5242874

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました