ピクシブ百科事典

フレア団

ふれあだん

フレア団(Team Flare)とは、『ポケットモンスター X・Y』において、主人公達と敵対するオシャレチーム(自称)。
目次[非表示]

概要

カロス地方で暗躍する赤いスーツの集団。

全体として謎に包まれており、カロス各地で出会うものの、その真の目的は終盤まで不明。
主だった悪事はポケモンの大量捕獲であり、伝説のポケモン(イベルタルゼルネアス)をはじめとする多くのポケモンたちを捕まえ拘束していた。

正体

真の目的はフラダリの思想である、『争いのない美しい世界のために人間の数を減らし、争いの道具にされる可能性があるポケモンたちを消し去ること』。
ポケモンたちを捕まえていたのは、ポケモンの命を吸って起動する古代の最終兵器を動かすためであった。

一言で言えば、自分たちにとって邪魔や不要と判断したポケモンや人間を最終兵器で焼き払い、皆殺しにしようとしているテロリスト集団。
歴代の悪の組織の中でも残酷さ・暴力性はトップクラスである。
同じ世代(ORAS)のマグマ団アクア団が道を踏み外してはいたが、本質的には善人達であっただけに、余計に外道ぶりが際立っている。

入団条件は上納金として500万円を支払うこと。
スーツのサイズの都合で、条件を満たしていたが拒否されたモブキャラもいる。

フラダリと交流のあった科学者たちと、志願し入団したその他の団員たちから構成されている。
団員たちは、フラダリの思想に賛同したものや、自分が消されることを恐れて参加したものなど様々いる。

カロス地方の経済、報道に深く根付いているのが特徴であり、登場していない中でもメンバーはかなりいる模様。

メンバー構成

ボス

フラダリ

フラダリ


フレア団の指導者。
自身の理想を実現するために、フレア団団員を募っている。
常に論理的な物言いで、団員のみならず多くの人から尊敬されている。

大幹部

幹部の中でも別格の存在。

NO2
ボスの側近。
本編では登場せず、殿堂入り後に正体が明らかになる。
重大なネタバレの為、閲覧は自己責任にて。

クセロシキ

クセロシキ


フレア団科学者の一人。四人の女性科学者を統括し、幹部以上の地位を与えられている。
科学者では唯一の男性。覆面男。
詳細メンバーはフレア団科学者
アニメでは女性科学者や幹部を指揮してジガルデの研究を行っている。

幹部

一般の幹部であり、作戦時の現場指揮者のような立ち位置。
したっぱから実績をあげることで出世する。
スーツが白色を基調に赤を足したカラーになっている。
男性幹部はスキンヘッド、女性幹部は真っ赤なタイツが特徴(下っ端のように同じビジュアルで多数登場する)。
地位は女性科学者より上だが、自身を破った主人公討伐を科学者に依頼するなど、科学者に比べ実力不足を自覚するものもいる。
アニメではとある島で行われたクセロシキの実験を補佐していた。
今のところ男女一名づつの登場。

アカマロ
フレア団幹部。ナンバー2の大幹部直属の部下でもある。
殿堂入り後に登場する。

科学者

クセロシキが率いる四人の女性科学者。
バラコレアアケビモミジの四名。
地位は幹部より少し下。
アニメ版では幹部より先に登場している。
女性科学者同士の仲は悪いが、フラダリとクセロシキには忠実。

したっぱ

フレア団の二人


男女とも揃いの真紅のスーツとグラスが特徴。
スラックスのピッチリ感がハンパない。
一般市民に化けた普通の髪形のしたっぱも多くいるので、これはウイッグ(カツラ)である可能性も高い。
人数が少ないのか、言動や手持ちポケモンから同じ人物と思われる団員が度々登場している。
他地方出身者も多いようで「ORAS」では後にフレア団のしたっぱになると思わしきモブトレーナーが登場している。
フレー!フレー!フーレーアー!

また、したっぱには独特の決めポーズがあるのだが・・・
これに見えたら負けである。

フレアだんの したっぱが しょうぶを しかけてきた!



関係者

エスプリ
クセロシキの協力者。殿堂入り後に登場する。
こちらもネタバレ注意。閲覧は自己責任にて。

基地

フラダリラボ
ミアレの街に隠されている秘密研究所。

カロス地方で普及しているホロキャスターはこのフラダリラボ製。つまり…
なお、ホロキャスターは本編の数年前の時間軸である「ORAS」の時点で完成しており、デボン社ポケモンマルチナビに組み込まれている。

フレア団ひみつ基地
フレア団最大の拠点。
最終兵器へエネルギーを送るために、とある伝説ポケモンを捕獲している。(ネタバレ注意)

アニポケ

XY(アニポケ)では、前シリーズにおいて、プラズマ団にまつわるエピソードが丸ごとお蔵入りになった事件があったためか、本編ゲーム作品に登場する悪の組織でありながら放送開始から丸2年もの間、一切姿を見せなかった。
ただ、外伝最強メガシンカにおいてActⅠからフラダリが登場するなど伏線は張られている。

そして、新シリーズXY&Zにて、満を持して登場する事が明らかになる。
ジガルデを探し求めているが、その実態は洗脳装置を使い、大地の監視者の能力で都市機能を麻痺させインフラを壊滅させる事にあった。

最強メガシンカActⅣではある人物がフラダリラボに入り浸っており、更にはスパイ道具であるアランが単独でメガシンカの研究、メガシンカエネルギーの収集をしながらジガルデ・コアの捕獲の任務を担っているなど、ゲーム本編より戦力が増している。

カロスリーグの最中でも暗躍。カロスリーグ自体がアランのメガシンカエネルギーの満杯の為の罠として、リーグに出場した彼がゲッコウガとの固い絆で結ばれるサトシを破って優勝することでメガシンカエネルギーの満杯に成功した。その矛先がサトシゲッコウガに向けられてしまうものの、強い意思が洗脳装置をもはね除けた上で、アランの離反を招き、シトロンが(とある犠牲と引き換えに)装置を機能停止させ、科学者陣もポケモンバトルで敗れた。

瓦解寸前にも関わらず、フラダリは最終手段としてラボに納められた伝説の巨石を使い、ヒャッコクシティの日時計へと進軍。接触融合させ星もろともの破滅を企てる。サトシや仲間だけでなくカロスのジムリーダーやチャンピオン達がその総力を結集して抵抗したもののまるで歯が立たず、世界の破滅が現実のものとなりかけたが、洗脳を解かれたジガルデ・パーフェクトフォルムの活躍でその野望は自身諸共潰える事となる。

その後、密かに逃亡していたクセロシキが新たにネオ・フレア団を結成しようとしたが、サトシ逹の活躍で逮捕されたため、実現には至らなかった。

アニポケで描かれた悪の組織で、ポケモンリーグに罠を仕掛けたり、世界を破滅寸前にまで追い込んだりしたのはフレア団が初めてである。

関連イラスト

フレア団のしたっぱ♂



関連タグ

ポケモン サングラス 悪の組織(ポケモン)

pixivに投稿された作品 pixivで「フレア団」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 886425

コメント