ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ポケットモンスター X・Y』(通称「第6世代」)の舞台となる地方。


主にマップのモデルとなったのはフランス(北フランス部分)であり、随所にその特徴が見られる。

そして「カロス地方」という名前は古典ギリシャ語の“美”から命名したとのこと。

このため、イッシュ地方と同様にファンからは「海外」「フランス」と呼ばれる事がある。


因みに『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の舞台であるイッシュ地方とは対照的に登場するポケモンが多く、ポケモン図鑑はセントラルカロス、コーストカロス、マウンテンカロスの3つに分かれている。


メガシンカ」と呼ばれる謎の現象が最初に発見された地として有名であり、今でも各地にはそのために必要なメガストーンが産出されている模様。


序盤に登場するポケモンの中にポッポビードルがいるが、実はこの2匹が序盤ポケモンとして棲息する地方は意外と珍しい(他はカントー地方とジョウト地方のみ)。

サンダーファイヤーフリーザーが当たり前のようにいることと言い、カントー地方やジョウト地方に近い自然環境なのかもしれない。


ちなみに生息しているポケモンの特徴としてはファイアロークレッフィ、そしてメガガルーラ『平凡な能力と強力な特性』となっている種族が目立つ。


他方、カントー地方から見るとだいぶ離れた場所のようで、グリーンはこの地に「留学」していたとのこと。ホウエン地方からも遠く離れていることがNPCの発言から分かるが、泳いでカロスホウエン間を行き来する超人的なかいパンやろうもいるという。


フランスの近隣国であるイギリスがモデルとなったガラル地方が後に登場したが、ガラル地方9番道路にいるかいパンやろうの台詞に『カロス地方まで泳ぎきる泳ぎの達人もおるのです!』という台詞があることから、カロスとガラルも現実と同じく近隣にある可能性がある。ちなみに、残念ながらリヨン以南の南フランスはモデルになる事はなかった。


カロス地方のポケモンとパルデア地方のポケモンは

等、仲の悪さが目立っている。


それぞれの特徴

  • セントラルカロス

カロス地方の中部に当たる場所。中心部のミアレシティはかなり大きな街。

  • コーストカロス

カロス地方の西部に当たる場所。きれいな海が見えるも、雨の時間帯が屡々…

  • マウンテンカロス

カロス地方の東部に当たる場所。北部には険しい山が見える。



カロス地方の地名一覧

ジムがある街は太字。モデルに関しては推測を含みます。

町・村の名前分類(~カロス)英語名モデル備考
アサメタウンセントラルVaniville Townムーラン
メイスイタウンセントラルAquacorde Townヌヴェール
ハクダンシティセントラルSantalune Cityフォンテーヌブローハクダンジム
ミアレシティセントラルLumiose Cityパリミアレジム
コボクタウンセントラルCamphrier Townブロワ
コウジンタウンコーストAmbrette Townラ・ロシェル
ショウヨウシティコーストCyllage Cityサン=ナゼールショウヨウジム
セキタイタウンコーストGeosenge Townカルナック
シャラシティコーストShalour Cityサン・マロシャラジム
ヒヨクシティセントラルCoumarine Cityル・アーブルヒヨクジム
クノエシティマウンテンLaverre Cityアミアン~カレークノエジム
フウジョタウンマウンテンDendemille Townシャルルヴィル=メジエール
ヒャッコクシティマウンテンAnistar Cityストラスブールヒャッコクジム
レンリタウンマウンテンCouriway Townモルスアイム
エイセツシティマウンテンSnowbelle Cityブザンソンエイセツジム
ポケモンリーグ-Pokémon Leagueシャンボール城
キナンシティ-Kiloude Cityリヨンバトルハウス / フレンドサファリ


その他の名所

場所英語名モデル備考
ハクダンの森Santalune Forestフォンテーヌブローの森
ショボンヌ城Shabboneau Castleブロワ城
パルファム宮殿Parfum Palaceベルサイユ宮殿
バトルシャトーBattle Chateauシュノンソー城
地つなぎの洞穴Connecting Caveロアール川流域
輝きの洞窟Glittering Caveラスコー洞窟
映し身の洞窟Reflection Caveアルモリカ山塊
マスタータワーTower of Masteryモン・サン=ミシェル
アズール湾Azure Bayイギリス海峡
海神の穴Sea Spirit's Denチャンネル諸島サンダー / ファイヤー / フリーザー
カロス発電所Kalos Power Plant不明
ボール工場Poké Ball Factory
荒れ果てホテルLost Hotelリール城塞
フロストケイブFrost Cavernアルデンヌ高原
フラダリラボLysandre Labs
フレア団秘密基地Team Flare Secret HQゼルネアス / イベルタル
終の洞窟Terminus Caveヴォージュ・デュ・ノール自然公園ジガルデ
ポケモンの村Pokémon Villageオー=ジュラ自然公園
ななしの洞窟Unknown Dungeonジュラ山脈ミュウツー
空ろの間Chamber of Emptinessモルヴァン自然公園付近
チャンピオンロードVictory Roadブーヴレ山


どうろ及びすいどう

※カロス地方には「すいどう」が存在しない。



アニメオリジナル

アニポケの世界・地方』を参照。


その他の地方

本編作品


外伝・派生作品


余談(ネタバレ注意)














カロス地方は上記の通り古典ギリシャ語で“美”を意味するκαλλος(kallos)に由来するが、綴りは違うものの発音が近似した言葉が一つ存在する。

その言葉はχάρος(cháros)、ギリシャ語で“死”を表す単語の一つである。

“死”というワードでピンと来た方もいるであろう。本作で最も“死”を感じさせるもの。

それは、愛するポケモンを喪った悲しみと戦争に対する憎しみの末に、古代の王が自ら作り上げた最終兵器。そしてその最終兵器が封印されていた、セキタイタウンに続く道中に立ち並ぶ石柱の群れである。

カロスという国は戦争によって大切なものを奪われた事で、憎悪を募らせた者の狂気によって滅ぼされ死の大地となった。しかしその後一度滅びたこの大地に、再び人間とポケモンが集まって町を作り、国を作り、かつての平和を取り戻し、現在に至る。

製作側が意図していないとしても、「平和と繁栄を謳歌する今の美しいカロス」の姿は、「戦争という惨劇の果てに一度死んだ過去のカロス」を土台しているのは確かであり、また本作のテーマの一つである「生と死の循環」を体現した見事なダブルミーニングであると言えよう。


関連タグ

ポケットモンスター ポケモン ポケモンの世界・地方

ポケモンXY

カロス神話 メガシンカ カロス御三家

フランス


別名・表記ゆれ

カロス 卡洛斯地區 kalos

関連記事

親記事

ポケモンの世界・地方 ぽけもんのちほう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 162910

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました