ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ポケットモンスターXYの舞台であるカロス地方に伝わる神話。
この神話では珍しく、パッケージポケモンについてはあまり語られないのが特徴であり、人とポケモンの戦争、そしてカロス滅亡について語られている非常に重い話となっている。
三千年前にポケモンと人同士の戦争が起こり、当時のカロス地方の王の愛したフラエッテも戦争に使われた。フラエッテはそれによって死んでしまい、王は「命を与えるキカイ」を造り、フラエッテを生き返らせた。しかし、愛したポケモンを一度失ってしまった悲しみにより怒りは収まらず、キカイを最強の「最終兵器」に変え、破壊の神となった王はカロスを滅ぼし、戦争は終結した。その後、フラエッテは王の元から去っていった。

最終兵器

実はこの最終兵器の動力源は膨大な生きたポケモンの生命エネルギーである。これは「命を与えるキカイ」も同様であり、これにより、多くのポケモンがこの兵器の動力源の犠牲となった。ちなみにセキタイタウンやその付近にある多くの石は最終兵器作動のためのガソリンタンクのようなものであり、そこにポケモンを張り付けることでポケモンの生体エネルギーを奪い、「最終兵器」の動力源としていた。フラエッテはこのことに気付き、王の元から去ってしまったのだ。
そして、カロス地方の王とはAZのことであり、「最終兵器」の副作用により寿命が極端に伸びてしまい、三千年以上生き続けていた(AZは不死になったわけではないらしい)。AZのフラエッテも「キカイ」により蘇生している為、恐らく不死であると思われる。これを真似て作ったシステムをホウエンのデボンコーポレーションが使っており、それが「∞エナジー」である。

戦争について

そもそもなぜ戦争が起こったのかは語られていないが、一つの考察としてカロスの戦争をしていた相手はイッシュ地方ではないかと言われている。その理由としてはイッシュとカロスは交流があったというパルファム宮殿にいるモブキャラのセリフやイッシュにも王族関連の話が出ていること、そして、イッシュにも戦争関連の話がいくつか出ていることが挙げられる。コバルオンテラキオンビリジオンの三体は戦争からポケモンを守っていたと図鑑で記載されており、彼らは本来はカロスの準伝説だったのではないかという考察も存在する。(元ネタの三銃士はフランスの小説なので。)いずれにしても憶測の域は出ず、いつか出るであろうリメイクで詳細が明らかになるかもしれない。

伝説のポケモン

カロス地方には永遠の命を持ち、あらゆるものに命を与えると言われる聖獣ゼルネアスとあらゆるものの命を奪い取り、破壊する魔鳥イベルタル、そして、この世界の秩序を司り生態系を監視するジガルデが存在する。本編ではただ単に電池にされていただけだったが、恐らく(直接明言されてはいないが)「最終兵器」を造る上で何かしらの関係があったと推測できる(ジガルデも関係している可能性がある)。XYは珍しく、パッケージポケモンの扱いが雑であり、彼らについて語られることは殆どなく、謎が多いポケモンたちでもある。詳細はマイチェンで語られると思われたがポケットモンスター20周年記念で発売されたポケモンSMによりマイチェンはなくなってしまい、真相は闇の中である。リメイクを待つばかりである。



関連タグ

カロス ポケモン 神話
ポケモンXY 
北欧神話←恐らくモデルとなったであろう神話。戦争の下りは北欧神話の最終戦争ラグナロクが元ネタと思われる。ちなみに波導の勇者に登場するはじまりの樹はユグドラシルがモデルとなっている。
AZ:その風貌からオーディンが元ネタではないかと言う説がある。

関連記事

親記事

カロス かろす

兄弟記事

コメント