ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

ムーンフォース

むーんふぉーす

ムーンフォースとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するフェアリータイプの技の1つ。
目次 [非表示]

「ムーンフォース」とは、

  1. ポケモンの技の1つ。
  2. メガドライブ用RPG「時の継承者 ファンタシースターIII」に登場する回復テクニックの名称。

当記事では1について解説する。


データ

初出第6世代
タイプフェアリー
威力95
命中率100
PP15
分類特殊
範囲単体
直接攻撃×
追加効果30%の確率で相手の特攻を1段階下げる
英語名Moonblast

月に代わっておしおきよ!


概要

第6世代から登場したフェアリータイプの特殊技。

のパワーを借りて相手を攻撃する神秘の技。上空に呼び出した月の光を集め、ミルク色のエネルギー弾や頭上からのビームとして放つ。


専用技や自爆技、条件付きの技を除いたフェアリータイプの特殊技では最も威力が高く、3割という高めの確率で相手の特攻を1段階下げる効果もある。

タイプ一致の場合はもちろん、不一致であっても採用を検討できる優秀な技である。


習得者はフェアリータイプが中心で、クレセリアルナトーンなど月と関係が深いポケモンも習得可能。その他、夜行性のナゾノクサ(第7世代までは進化すると習得できなくなる)や、フェアリーの可能性を宿すチルット系統も覚えられる。


前述の通り特殊フェアリータイプの代表技であるものの、初登場した第6世代では採用率は芳しくなかった。

というのも、メガサーナイトメガチルタリスニンフィアは特性「フェアリースキン」によって「ムーンフォース」よりも威力の高い「ハイパーボイス」を撃てたためである。


ただピクシーフレフワンゼルネアス等使いこなせるポケモンも多かったし、第7世代ではアシレーヌカプ・テテフカプ・レヒレなどフェアリータイプ自体が増え、この技も有効活用されるようになっている。


一方、カプ・コケコブリムオンマホイップなどフェアリー特殊アタッカーでも習得できないポケモンがちらほらおり、それらはマジカルシャインで我慢するしかない。

ただしダブルバトルでは「マジカルシャイン」が全体に攻撃できるので、技としての差別化はできている。「10まんボルト」と「ほうでん」の棲み分けと似た感じである。


また、第6世代、第7世代で何故か殆どのポケモンは「ムーンフォース」と「じゃれつく」を両立できないと言う傾向があり(両立出来ている例はチルタリス)、この技が欲しいデデンネプクリンは「じゃれつく」を習得してしまうため「ムーンフォース」を覚えられない。

第8世代ではじゃれつくが技レコードになったため、両立できるポケモンが一気に増えた。


LPLEでは何とベトベトンが新規習得。「ヘドロが月からのX線を浴びて変化した存在」というベトベターの設定を拾ったと思われる。しかしSVでは習得不可となってしまった(ただ、仮に覚えても如何せん特攻が低いのであんまり活かせなかったと思われる)。


余談

ブラッキー&ニンフィア

「げっこうポケモン」のブラッキー習得不可。それどころかあくタイプなので弱点を突かれてしまう。

まあ習得したらニンフィアと技被りになってしまう為、仕方ないのかもしれない。


+.☆ムーンフォース゚+.☆

ポケモンの技描写が時代や媒体によって変わる事は珍しくないため、中にはこんな解釈をしているトレーナーもいるとか。


月の力ということは、実質いわタイプなのでは?という意見もある。

実際、後発した隕石の力を借りる技はいわタイプの技になっている。


とはいえ、同じ月に関する技であるつきのひかりもまたフェアリー技で、月と関連があるこのポケモン達もフェアリータイプなので、ポケモン世界での月はフェアリータイプのイメージなのだろう。

(一方、このポケモンのようなフェアリー要素がないのもいるが、こちらはバランス調整に加えエスパータイプもまた神聖なる産物の象徴に該当するタイプだからと思われる)


関連項目

ポケモン技絵 ポケモン技一覧 フェアリータイプ 

マジカルシャイン

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 111038

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました