ピクシブ百科事典

てっていこうせん

てっていこうせん

てっていこうせんとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するわざの一種。
目次[非表示]

データ

初出第8世代
威力140
命中95
PP5
タイプはがね
分類特殊
直接×
範囲単体
効果技を使用すると、自身のHPが最大値の半分減少する
英語版Steel Beam


概要

第8世代から登場する技。体内から自身の消耗すら厭わぬほどのエネルギーを収束させ、口から凄まじい光線として発射する。

コロコロコミックの「はがねタイプ最強クラスの技名コンテスト」の募集にて採用されたわざで、習得できるのもはがねタイプのポケモンのみ。
同じ経緯で採用され、ドラゴンのみが覚えられるりゅうせいぐんとは対をなす。

最強クラスと名を謳っているのは伊達ではなく、その威力はなんと同タイプのはめつのねがいと同じ140。破格すぎる……。

習得手段は技マシンやレコードではなく、チャンピオン戦後にエンジンシティ上部左側にあるポケモンセンターから手前に行き、細く入り組んだ階段を下りた先にいる男性に話しかけることで無償で教えてもらえる。

メガデンリュウ等、バトル中のみ該当タイプを得るポケモンは対象外となる点は変わっておらず、ザシアン及びザマゼンタは特定のアイテムを持たせたうえで戦闘に出している間のみはがねタイプが付与されるため、てっていこうせんを覚えることは不可能。
まぁ仮に覚えられたところで、後述の問題から覚えるメリットはないに等しく、専用技が強いので問題はないのだが。

難点

確かに単純な威力自体は上位に位置する大技だが、大ダメージを与える代わりに、使用すると自身のHPが最大値の半分削られてしまうデメリットがある。
なお最大体力が奇数だった場合、受ける反動ダメージは小数点以下繰り上げとなるので、間に回復を挟まなければ2連射が限度である。

加えて特殊技なのも問題であり、要は殆どが物理寄りで、耐性を活かした場持ちの良さが強みなはがねタイプの性質と噛み合っていないのである。

何しろ剣盾で内定したはがねタイプの内、特攻種族値が最低でも100を超えるランクマッチで使用可能なのはルカリオギルガルド(ブレードフォルム)ジュラルドンたった3体のみ
高威力わざ待望のギギギアルも、物理型のポケモンであるためミスマッチ。

DLC第一弾鎧の孤島でギルガルドBフォルムに次ぐ特攻種族値を持つジバコイルが追加されたが、特性「がんじょう」を貫通して攻撃できるポケモンが多い現環境ではそもそも攻撃することすらままならないだろう。どうしても活かしたいなら何らかのサポートは必須である。

せめてりゅうせいぐん同様の特攻2段階低下か、はがねタイプ版ギガインパクトのような性能であればまだ使い易かったかもしれないが……。

また、5%の確率で外してしまうことがある点も地味にネック。しかも外してしまった場合や「まもる」「みきり」等で防がれた場合でもHPは消費されてしまう
一応、特性が「マジックガード」持ちであった場合は無反動で使うことができるが、現状ではピクシー系統が「ゆびをふる」を使って繰り出した時くらいしか該当する条件がない。


このため、大抵はロマン砲めいた扱いを受けており、使用する際には大ダメージを受けることを前提で立ち回る必要がある。
主に起点役が自主退場する際の鼬の最後っ屁として使うのが無難だろうか。今作でだいばくはつを没収されたドータクン辺りがよく使われる。

ただし、残り1vs1の状態でてっていこうせんを放ち両者KOになった場合、他の自傷技同様使用者側が先に力尽きて敗北扱いになることは留意しておきたい。

若しくは、ダイマックスしてから「ダイスチル」として放つという選択肢もある。
威力こそ140と元の威力から据え置きのままだが、使用してもノーダメージで済む上、防御上昇という恩恵も受けられる。戦術によっては検討してみてもいいだろう。

余談

英語版のわざ名からもわかる通り、「徹底抗戦」と「鉄」、「光線」、「鋼線」の語呂合わせとなっている。
そもそも「てっていこうせん」という名でありながら自傷を受ける技の仕様上抗戦できないのはどういうことだとはよくツッコまれるが……。

関連タグ

ポケモン わざ(ポケモン) ポケモン技一覧 はがねタイプ りゅうせいぐん
ビックリヘッド…同じく一度使用すると、最大HPの半分を削ってしまうわざ。

関連記事

親記事

特殊技 とくしゅわざ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「てっていこうせん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6182

コメント