ピクシブ百科事典

ジュラルドン

じゅらるどん

ジュラルドンとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.884
ぶんるいごうきんポケモン
タイプはがね/ドラゴン
たかさ1.8m
おもさ40.0kg
とくせいライトメタル/ヘヴィメタル/すじがねいり(夢特性)


概要

ポケットモンスター ソード/シールド』に登場するポケモン。恐竜のロボットのような機械的なフォルムが特徴的。 

体を構成する金属は高い硬度だが、ジュラルミンと思われる金属の主成分のアルミが鉄の約1/3の密度のためその重さは40㎏ととても軽い。骨を空洞にして軽くしているエアームドが1.7m/50.5kgなのだから恐るべし。
名前の由来もジュラルミン+怪獣などの名前につく「ドン」であろう。

そのため見た目に反して機敏に動くことができるが、ジュラルミンと同様に耐食性は低く錆びやすい一面もある模様(その割に等倍、半減、無効とタイプ相性的な耐食性は高いが)。

主に洞窟や岩山などに生息しており、形状の異なる両手で岩肌を削り取って食べている。
ガラルでは生息域が同じであるバンギラスと遭遇することが多く、2匹が争っている姿がよく見られるという(タイプの相性ではジュラルドンの方が有利だが、バンギラスも不一致のじめん・かくとう技で抵抗できなくはない)。


ゲームにおける特徴

今までディアルガしか持っていなかった「はがね・ドラゴン」という数少ない複合タイプのポケモンで、非禁止級ではこのジュラルドンが初となる。

特性はどちらも体重に影響するライトメタルとヘヴィメタル。
どちらも今までは隠れ特性限定であり、この二つの特性を通常特性として持ち、尚且つどちらも備えているのはジュラルドンが初めてである。
これによって図鑑説明では40㎏であるのに、ジュラルドンの殆どは20㎏もしくは80㎏の個体というよくわからないことになっている。

実用性としては、前者は抜群になるけたぐりによって受けるダメージ、後者はヘビーボンバーの威力に関わってくるが、重くなっても80㎏であるためヘビーボンバーでは40㎏超えの相手には最低威力になってしまい、尚且つライトメタルの個体に比べてけたぐりの威力が二倍の差が出るため、どちらかといえば前者に分があるか。

一方、隠れ特性の「すじがねいり」は初登場。「このゆびとまれ」などの攻撃を引き受けるわざや特性を無視して攻撃する。

また、はがねタイプの新技である「てっていこうせん」を使えることも明かされた。

キョダイマックス

ずかんNo.884
ぶんるいごうきんポケモン
タイプはがね/ドラゴン
たかさ43.0m
おもさ???.?kg
とくせいライトメタル/ヘヴィメタル/すじがねいり(夢特性)


ジュラルドンがキョダイマックスした姿。より大きくなり、さながら高層ビルのような見た目。

ドラゴンタイプのわざが「キョダイゲンスイ」になり、ダメージとともに最後に使ったわざのPPを1減らす。


余談

モチーフが何なのかはまだわかっていないが、四つん這いになると飛行機のようなフォルムになる事からモチーフは飛行機ではないかと思われる。
名前の由来であるジュラルミンも飛行機の素材として使われる。ただし、ひこうタイプを有していないどころか、空を飛べるかどうかの設定がまだ未公表だったりするのはご愛嬌。

実際の力学で考えると、体格とジュラルミンの密度に照らし合わせると厚さおよそ2~3mmの外板だけで身体が構成されているに等しい重量だが、空気より軽い鯨がいるポケモン界では今更な話である。

関連タグ

ポケットモンスター はがねタイプ ドラゴンタイプ
ポケモン剣盾

ジュラルミン
ジュラル星人

関連記事

親記事

はがねタイプ はがねたいぷ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ジュラルドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 24838

コメント