ピクシブ百科事典

サイドチェンジ

さいどちぇんじ

サイドチェンジとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種である。

技のデータ

初出第5世代
タイプエスパー 
ぶんるい変化
いりょく-
めいちゅう-
PP15
直接攻撃×
範囲味方1体
効果選択した味方と自身の位置を入れ替える。優先度+1(~第6世代)→優先度+2(第7世代~)
英語名Ally Switch

概要

第5世代から存在する技。
不思議な力でテレポートして、味方と位置を入れ替える技。
……のはずなのだが、どういうわけか超能力とは関係ないポケモンが多数覚える。
特にキングラーアーケオスはどうやってテレポートしているのだろう……?

その効果から、シングルバトルでは無意味であり、トリプルバトルでも端から端への交換にしか使えない(真ん中にいると使えない)為やや使いづらい。更にマルチバトルでは何故か無効化される

この技の本領発揮はダブルバトルである。
一見「ただ味方と位置を入れ替えるだけ」と思われるかもしれないが、実は相手の攻撃範囲選択は相手のポケモンではなくポケモンのいるスペースである。
その為、この技を使うことで相手の攻撃対象を変えることができる。相手をかく乱せるほか、味方の弱点攻撃を自分が代わりに受けることでカバーするという戦術も可能。地味に優先度+1なので止められにくいのも利点。
また、味方の攻撃対象はこの技によって狂うことがないので安心して使うことができる。
ただし、攻撃対象を変えるといっても2体以上に同時に当たる攻撃には無力である。相手の技をよく見極めて使いたい。
登場当初は優先度+1(通常の先制技と同等)だったが、第7世代から優先度+2(「しんそく」などと同等)に変更された。
いたずらごころ」やファイアロー相手でも強気にこの技を使えるようになり、使い勝手が向上した(どちらも第7世代で弱体化されてはいるが)。

ちなみに、第5世代で技マシン51に設定されていたが、第6世代では外されてしまった。
技マシンがあった時代に覚えられていたポケモンは多くが自力技や遺伝技に追加されたが、ネンドールなど性別不明のポケモンは遺伝できない為覚えられなくなってしまった。

はがねのつばさ


また、オーベムが「はがねのつばさ」を覚えられるのはこの技マシン51の設定変更忘れではないかと言われている。

ウルトラサン・ムーンではマイナーチェンジ恒例とも言える「教え技」の一つとして復活。
スリーパーヤレユータンバリヤードスターミーなどのエスパータイプの面々は勿論のことだが、
中にはプクリンアローラゴローニャミノマダムギギギアルバイバニラコジョンドなどといった意外な習得者達もおり、初出の第五世代当時よりも激増した。
どうやらこの技の習得者には、素早いイメージのあるでんきタイプ、無機物な雰囲気のはがねタイプ、エスパーな側面のあるゴーストタイプフェアリータイプに多いようである。
というより、「サイコキネシスこうそくいどうトリックルームのいずれかを覚えられるのならサイドチェンジも覚えられる」というような雰囲気ではある。

そしたら何とクレセリアも習得し、トリプルバトルの廃止も何のその、クレセリア全体の14%にも及ぶ採用率になり猛威を振るっている。

関連タグ

ポケモン
ポケモン技一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「サイドチェンジ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4917

コメント