ピクシブ百科事典

目次[非表示]

ケーシィは戦闘から離脱した!

データ

初出第1世代
タイプエスパー
PP20
分類変化
範囲自分
優先度0(第7世代まで)→-6(LPLE~)
効果(野生)野生ポケモン戦強制終了(第7世代まで)→控えのポケモンと交代する(LPLE・剣盾)
効果(対人)効果なし(第7世代まで)→控えのポケモンと交代する(LPLE・剣盾)
フィールド効果最後に使用したポケモンセンターへ移動(洞窟などでは使用不可・第6世代まで)
英語名Teleport


概要

初代から存在する技。念力で瞬間移動し、野生ポケモンとの戦闘を強制終了させる。
特にケーシィが使うイメージが強いだろう。野生のケーシィにテレポートされて捕獲し損ねるのは、トレーナーにはよくあることである。

フィールドで使うと最後に使ったポケモンセンターに移動することができる。
番号が若い世代のポケモンはフィールド技が詳細コマンドの一番上に来るせいで、ステータスを確認しようとしてうっかり使って今までの移動がパーになるのはよくあることである。
が、何と第7世代以降この移動ができなくなっている。秘伝技が全面的に廃止になった影響だと思われる。

トレーナー戦では何の役にも立たない技として有名だった
使ったら控えと交代するとかそんな都合のいい効果は無い。言葉通り何も起きないのだ。
一応野生戦は強制終了させられるが、よほどのことがない限り普通に逃げた方が早いのは言うまでも無い。

ところが、『LPLE』以降遂に控えポケモンと交代が出来るようになった
優先度も-6(「ふきとばし」等と同じ優先度)と低く設定された為、確実に後攻で交代出来るようになった。
これによって相手の技を受けてから交代する芸当が可能になり、交代先のポケモンに技を受けさせたくない時に使える技となった。
なお、野生ポケモンが使うと従来通り戦闘が終了するようになっているが、こちらが使う場合は野生ポケモンとの戦闘でも控えポケモンと交代するように変更されている。
……なお、優先度が-6になったせいで、ケーシィが高いすばやさから先制「テレポート」で逃げるという光景は殆ど見られなくなってしまった。

ちなみに初代では技マシンになっていたりする。
超能力で戦闘から離脱するはずなのだが、どういうわけかウインディパルシェンなども覚えてしまう。超能力って何だ?
これを踏襲してか『LPLE』でも同様技マシンとして登場。習得者は新たにアローラライチュウが増えた。

ポケダン』シリーズではフロアのどこかにランダムでワープするという仕様で登場。原作通り敵から逃げられることもあれば、近くにワープしてしまい意味をなさないこともある。
これを活用して、レベル1(超不思議のダンジョン以降ではレベル5)ダンジョンでいわゆる「逃げプレイ」を行う攻略法が存在する。

スマブラシリーズではミュウツーの上必殺技として登場。
ダメージは与えられない完全な復帰専用技だが、発動してからすぐに移動が始まるのですぐにスティック入力をする必要がある。また、他のキャラが使える復帰技と比較すると移動距離は短め。
扱いに少々難がある技だが、極めると非常に優秀な回避技としても活躍する。
スマブラSPでは、モンスターボールから登場するケーシィも使用。こちらは近くのファイターを巻き込んでどこかに瞬間移動するというもの。

関連タグ

ポケモン エスパータイプ ポケモン技一覧
サイドチェンジ……元々は超能力で自分と味方の場所を入れ替える技。

関連記事

親記事

ほえる ほえる

子記事

兄弟記事

コメント