ピクシブ百科事典

LPLE

れっつごーぴかちゅうあんどれっつごーいーぶい

正式名称は『ポケットモンスター Let's Go! ピカチュウ・Let's Go! イーブイ』。 2018年11月16日発売予定のポケットモンスターシリーズ最新作である。
目次[非表示]

キミと一緒に、懐かしくて新しいポケットモンスターの世界へLet's Go!

ソフト情報

機種ニンテンドーSWITCH
ジャンルRPG
発売日 2018年11月16日(金)
価格5,980円(税別)
販売元任天堂
発売元(株)ポケモン
開発ゲームフリーク
CEROA(全年齢対象)


概要

本作はシリーズ原点であるカントー地方が舞台である。タイトルが「ポケットモンスター」になっていることから本編シリーズに含まれていることがうかがえるが、システム面は本編シリーズと異なる点が多く、本作はスピンオフの位置付けに近い模様。タイプやタマゴどうぐを持たせる等の2世代以降の要素もあるのかは現時点は不明。

ハードは据置・携帯に切り替え可能のハイブリッド機であるニンテンドーSWITCH。ジョイコンを使いシリーズ初の2人同時プレイが可能。

1世代のピカチュウバージョン(以下「オリジナル版」)をベースにしており、本作ではピカチュウバージョン(以下「LP版」)ではピカチュウ、イーブイバージョン(以下「LE版」)ではイーブイを相棒として冒険に出ることとなる。オリジナル版同様、相棒となったピカチュウ・イーブイは進化させることができない(野生で捕獲したピカチュウ・イーブイを進化させることは可能)。その代わり、その2体に着せ替えが出来るシステムが搭載されている。
なお、ピカチュウの鳴き声(担当はおなじみ大谷育江)に引き続き、イーブイの鳴き声が声優によるボイス(担当は悠木碧)が流れるようになった
またこの2匹以外のポケモンも、HGSSのように連れ歩くことができる。イワークのような大型のポケモンには乗ったまま移動することができる。

野生ポケモンはこれまでのランダムエンカウントからシンボルエンカウント方式になっている。捕獲画面はポケモンGOのものに近く、手持ちポケモンとの戦闘はせずにモンスターボールを投げつける。
トレーナー戦は一般的なポケットモンスターシリーズと同様に存在する。

また、ポケモンGOと連動する事も判明しており、ポケモンGOで捕まえた(リージョンフォームを含めた)カントー地方のポケモンを連れて行くことができる。また、ポケモンGOにも本作と連動する要素が追加される模様。

登場するポケモンはカントー地方の151種とそのリージョンフォーム。それに加えて、いままで出ていない全く新しい1匹のポケモンが登場することがアナウンスされている。更にそれに加えて、第七世代までの間にメガシンカが可能になったポケモンはメガシンカも対応している(公式サイトでの発表はカントーの御三家のみ)。

発売日は2018年11月16日
ポケットモンスターシリーズの新作が11月の第3金曜日に発売されるのは3年連続であり、初となる。
なお、本作とは別の完全新作を2019年後半の発売をめざして開発中であることもアナウンスされている。

登場キャラクター

主要人物

let's go!


主人公(/)
ご存知プレイヤーの分身であるポケモントレーナー。
原典のリメイクであるFRLG同様、男女から選べる。男主人公の外見は1世代のイメージデザインをベースになっているが、女主人公は新たに書き下ろされている。X・Yサン・ムーン同様着せ替えもできる。
現在、デモプレイで男主人公にカケル、女主人公はアユミと名前がつけられている。

ライバル

Let's Go Trace!


自由に名前を付ける事が可能と思われる。デモプレイ上のデフォルトネームはシン。パートナーポケモンはLP版ならイーブイ、LE版ならピカチュウ。
原典のグリーンとの関連性は不明。

オーキド博士
原典同様、ポケモン博士の役割を担う。

ジムリーダー

ジムリーダーも原典と同様になっている。
タケシ
カスミ
マチス

ロケット団

ムサシコジロウ
オリジナル版同様、アニポケでもお馴染みのラブリーチャーミーなあの二人も登場。オリジナル版では名無しだったが、今作では名前をしっかりと名乗っており、当時は無かったダブルバトルを仕掛けてくる。今作は常にニャースもボールから出ているので、よりアニポケ近くになっている(アニメとは違い、本作では喋らない模様)。

略称について

英語とポケモン名が入り交じると言う、ポケットモンスターシリーズのタイトルでは初の試みがなされており、略称が用いられる事が多い当シリーズでは様々な議論がされている。
公式の略称は『ピカブイ』とされているが、pixiv上ではピカチュウとイーブイのカップリングタグとして先に使われていたため少なくともこのサイトでは、なしとされた。
その他にもLGPE(海外はこちらの方が多いようだがリーフグリーン/FRLGと被るため、こちらも転送記事化された)などが存在する。
また、イーブイ(Eevee)のスペルの優先順位(e、v、i)についても色々な意見があり略称の決定と統一にはまだまだ時間がかかりそうである。

関連イラスト

発売決定おめでとう


Let's Go!
レッツゴー!


本作品のゲームパッケージに、色んなポケモンを当てはめたパロディイラストも存在する。

Let'sGo!オオタチ
Let's Go! ライチュウ



関連動画




関連タグ

ポケモン ポケットモンスター
RGBP ピカチュウ版
ピカチュウ イーブイ ピカブイ
ニンテンドーSWITCH ポケモンGO

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「LPLE」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 282134

コメント