ピクシブ百科事典

オーキド博士

おーきどはかせ

任天堂の育成RPG『ポケットモンスター』の登場人物。
目次[非表示]

おぉ、良く来たの。これが概要だよ

本名はオーキド・ユキナリ。一般的には「オーキド博士」の名前で知られている。
基本的にはカントー地方のマサラタウンにある「オーキド研究所」で暮らし、毎日ポケモンの研究をしている。元は凄腕のトレーナーでもあったらしい。

ポケモン世界におけるポケモン研究の第一人者であり、その道の研究を体系化した偉大な人物。新人トレーナーにも気さくに話しかけ助言を与えるなど、親しみやすい人柄の持ち主。
物語の要所でアイテムを送ってくれたり、ポケモンずかんを評価してくれたりと主人公を温かく見守ってくれる。

若い頃はポケモン図鑑完成を目指して旅をしていたが、体の老化による自分のトレーナーとしての限界を感じ始め、ポケモントレーナーを引退。以後はポケモン専門の科学者として過ごしている。引退しても実力はまだまだ健在らしい所を見せる事がある。

タマムシ大学携帯獣学部名誉教授を務めるなどポケモン界では名が通っており、尊敬する者も多い。ポケモンのタイプによる分類法を提唱したのもオーキド博士である。

家族は孫の姉弟がおり、マサラタウンで同居している。弟の方は『赤・緑』で主人公のライバルとなる。姉の名前はナナミで、ブリーダーとしてかなりの腕があるらしく、ポケモンだいすきクラブでも有名な人物となっている。
金銀&HGSSにおけるグリーンの祖父である。

英語名はProfessor Oak。

ゲームでのワシじゃ

1作目『赤・緑・青・ピカチュウ』版やそのリメイク作『ファイアレッド・リーフグリーン』では、主人公とライバルにヒトカゲゼニガメフシギダネの、どれか1匹(ピカチュウバージョンでは主人公にピカチュウ、ライバルにイーブイ)をプレゼントし、ポケモン図鑑の完成を任せる。

2作目『金・銀・クリスタル』やそのリメイク作『ハートゴールド・ソウルシルバー』では、
主人公を見守るウツギ博士が尊敬する人物として登場し、主人公に対しても直接助言を与える。また、ラジオ番組にも出演する。

3作目『ルビー・サファイア・エメラルド』には直接登場しない。

4作目『ダイヤモンド・パール・プラチナ』では、主人公を見守るナナカマド博士の後輩格として、ゲーム内で特定の条件を満たすと主人公の前に姿を現すようになる。

ゲーム本編では「ユキナリ」という名は登場しないが、初期の『赤・緑』の攻略本においてフルネームが明かされている。

アニメにも出ておるぞ

CV:石塚運昇

マサラタウンに研究所を構えて研究をしている。金銀編以降はケンジを助手に迎えている。シゲルの祖父であり、サトシとも小さい頃からの付き合いがある。物語当初における、シゲルのパフォーマンス的な振る舞いには難色を示していた様で、彼がポケモンリーグで敗退した際には、反省させる良い薬になったと評している。
ちなみに、孫娘にあたるナナミはアニメに登場していない。

研究所の庭にはサトシのポケモンを初め、マサラタウン出身のトレーナーのポケモンが放し飼いにされている。他にもカントー地方のみならず、ジョウト地方からやってきた野生のポケモンも住んでいるらしい。サトシのフシギダネが庭を取り仕切っている。

研究者としてのみならず「『ポケモン川柳の人」としても有名(ヒカリは「川柳の人」と呼んでいる)。テレビなどの各種メディアに出て活動する機会も多いが、大学時代の先輩、ナナカマド博士からは本業に力を入れるように言われたことも。

ポケモン学会においてトップシークレットの「ポケルス」についてもある程度知っているようで、それ故にロケット団ナンバ博士に目をつけられ、ヤマトコサブロウのコンビに誘拐されそうになったこともあった。

手持ちのポケモンを出す機会は少ないが、金銀編ではジョウト地方に出張した際にゲットしたポッポを出すシーンがある。また、番外編『戦慄のミラージュポケモン』ではカイリューを出したこともある。少年時代はリザードを持っていた。また、デコロラ諸島ではロトムを捕獲した。

ロトム捕獲の際にはでんきショックを受けつつ語りかけて素手で捕まえるという、文字通り体当たりな方法でゲットした。
曰く、「すべてのポケモンの技を身を持って知らずしてポケモン研究者とは呼べない」とのこと。いくつか生命の危険を感じる技があるのだが・・・さすがはタイプ:ワイルドマサラの人といったところか。

現在でもシリーズを通して登場し続けている数少ないレギュラーである。
XYでもサトシが3話でオーキド博士に対してはテレビ電話で連絡を取っている。

本編後のおまけコーナでは一貫して司会を務めており、得意の川柳も披露している。
紹介したポケモンに酷い目に遭わされるオチが多く、それに耐える彼の姿はもはや超人の域といっていい。

彼の少年時代の姿は、2001年の劇場版「セレビィ 時を超えた遭遇」にて確認できる。
↓少年時代の姿。詳細はユキナリの記事を参照。

ときわたりの森



ポケットモンスターTHE ORIGINでのワシじゃな

CV:森功至
ポケモン研究の権威で、レッドグリーンにポケモン図鑑とヒトカゲ(レッド)とゼニガメ(グリーン)を託す。
冒頭では初代ゲームのオープニングを彷彿させる演出で、視聴者にポケモンの世界について説明している。

マンガでのワシじゃ

穴久保版ポケットモンスター

角刈り風の髪形で眼鏡と、公式グラフィックとは少々違うデザイン。ポケモン研究のみならず、発明やイベント主催など幅広い活躍をする元気な老人。レッド(赤井勇)一行を温かく応援するが、ピッピのせいでひどい目に逢うこともしばしば。その際の描写として、


ポケットモンスターSPECIAL

孫のグリーンにヒトカゲと図鑑を渡すのは原作通り。レッドのほうは彼が研究所に勝手に入ってフシギダネのボールを触っていたため泥棒だと考えひっ捕らえようとしたが、弾みで彼が研究所のポケモンを大量に逃がす事故を起こしたため事態を収拾させる。レッドが事件を解決させながら人見知りのフシギダネを手懐けるのを見た後、彼が「泥棒しに来たのではなく、強くなる方法を聞きに来た」と語ったため、フシギダネと図鑑を譲り図鑑集めの旅に出す。レッドの出発後、残されたゼニガメは突然何者かに盗まれたが、後にゼニガメが進化したカメックスを手持ちにし続けている窃盗犯とオーキドとが直接対峙する事になる。
ポケモン図鑑を開発、改良している。他の地方の各博士と連絡を取り、各地方用に設定した図鑑を3機ずつ譲ったり、共同開発したりしている。
図鑑を持つ者「図鑑所有者」は高いポケモントレーナー力を身に付けると共に、悪と立ち向かう運命を辿る。そのため、各地方の博士はその地方在住の図鑑所有者の上司を担当しており、オーキドは図鑑所有者の内、研究所があるカントー在住のレッド&グリーン&ブルー&イエローと、ジョウト在住のゴールド&シルバー&クリスタルに直接指示を送り、地方・世界崩壊規模の事件が起きる地点に派遣している。
ジョウト地方のラジオ「オーキドはかせのポケモンこうざ」にアイドルのクルミと出演している。メインMCなのだがクルミの大ファンのゴールドからはオマケのじーさんだとしか思われていなかった。
若い頃はポケモンリーグで優勝する腕前だった。
今は体力が衰え、隣町トキワシティまで自転車で移動するのだけでも息をついている。金銀編以降は手持ちのオドシシの背に乗って移動している。研究所を襲撃する悪党が少なくないため度々自分の手持ちポケモンで追い払おうとしているが、これがまた実力のある相手ばかりで、いつも手酷く返り討ちにされ続けている。
ガルーラの「ガルっち」、ラッキーの「ラキっち」、オニドリルの「オニっち」、レディバの「レディっち」、オドシシの「オドっち」を所持。


ポケットモンスター全集

サトシ(アニポケとは別人)にヒトカゲ、孫のシゲルにゼニガメを託す点では原作と差異なし。だが、息子夫婦が事故で亡くなり、孫達を育てるために調査活動を断念。そのため、シゲルは祖父のために奮闘するが、最終的にはサトシに敗退。博士は「ポケモンへの愛情が欠けておる」と悲しむが、シゲルの姉が彼の思いを伝えたため、「ワシも言いすぎた」と顔を和らげる。そして、サトシとシゲルに協力してポケモン図鑑を完成させるよう夢を託して物語を締めくくった。

交友関係を話そうかのお・・・

ゲーム冒頭のメッセージに曰く、ポケモン博士として皆から慕われている。
各地のポケモン研究者との親交は特に深く、
特にシンオウ地方のナナカマド博士は直接の先輩である。
また、四天王のキクコはオーキドとの過去の関係を匂わせる。
ポケモンSMではアローラ地方でリージョンフォームの研究をしているいとこの存在が明らかとなった。

これが関連タグじゃ

ポケットモンスター ポケモン グリーン ポケモン図鑑
ウチキド博士 ウツギ博士 オダマキ博士 ナナカマド博士 アララギ博士 プラターヌ博士 오박사
闇オーキド(ネタタグ)

pixivに投稿された作品 pixivで「オーキド博士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 855582

コメント