ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ポケモンシリーズの『ダイヤモンド・パール・プラチナ』に登場する博士。
豊かな口髭を蓄えた老年の男性である。シンオウ地方のマサゴタウンに研究所を構えている(主人公の実家がある街に研究所を構えていない初の博士であり、プラターヌ博士がこれに続いた)。
ゲームではコウキヒカリのうち、プレイヤーが選ばなかった方がナナカマド博士の助手として登場する。
屋内ではベスト姿だが、外出時にはコートを羽織っている。

ゲーム内での「わたしは うまれて 60ねん いまだに ポケモンと いっしょに いるだけで ドキドキ する」などの発言から、年齢はおそらく60歳あるいは60代。
風貌からしても、歴代のポケモン博士の中ではマグノリア博士と同じく最年長に近いと思われる。

ポケモンの進化に関する権威者であるらしく、「ポケモンの90%は進化に関係している」という説を唱えたのはこの人。
オーキド博士は大学時代の後輩にあたる他、メガシンカの研究をしているプラターヌ博士(現時点で同時に登場した作品はない)や、考古学者としてのシロナは彼の教え子であり、かつて少女時代の彼女に図鑑を与えて送り出し、チャンピオンになった姿を見届けた(この他にもライバルの父であるクロツグとも知り合いらしく、彼の少年時代となんらかの関わりがある事が示唆されている)。
このような人脈から研究者としてはかなりの大物であることが窺える。

一見強面に見えるが、意外と甘党らしく好物は「いかりまんじゅう」。また、表には出さないが実は無類の子供好きだったりと、厳格そうな見た目とのギャップが激しい。実際にムックルに襲われて止むを得ずシンオウ御三家を繰り出してしまった主人公とライバルを咎めるどころか、ポケモンを譲っている(プラチナでは201ばんどうろで出会った主人公らにポケモンをプレゼントするという描写に変わった)。
だが「怒ると怖い」という噂もあるらしく、実際に主人公がポケモン図鑑を受け取る場面で「いいえ」を選択すると無言で威圧してくる他、ギンガ団相手に一歩も退かず説教をかますなどの一面も見せる。
ちなみに、シンジ湖のイベントの直後、御三家を進化させてから研究所に向かうと特殊台詞を聞ける。

腕っ節も強いらしく、シンジ湖にてギンガ団がエムリットを捕獲に現れた際にはしたっぱにお仕置きをしている。

名前はバラ科の木「ナナカマド」からか。ちなみにこの木は北海道全域や東北地方では街路樹や庭木として多く植えられている。

手持ち


アニメ

CV:家弓家正津田英三(新無印)

出張からの帰りに研究所を捜して迷子になっていたヒカリとばったり出くわし、彼女を研究所まで連れて行ってくれた。
オーキド博士の先輩で、ナナカマドの方が研究者として真摯な姿勢である為か、川柳によるメディア出演ばかりが目立ってしまっている彼に難色を示し、「もうすこし本業の方に力をいれなさい」と厳しく窘めており、オーキド博士がタジタジになるなど、その風貌に似つかわしい威厳の持ち主。

また、トレーナーとポケモンの触れ合いやトレーナー同士の繋がりについても考えており、毎年の夏に若手のポケモントレーナー達を集めた一週間の合宿活動「ポケモンサマースクール」を開催しており、トレーナー同士の交流や競技を企画している。
『DP』の88~91話では、サトシ、ヒカリ、タケシの三人が、サマースクールの生徒として招待されている。

名言

  • 『おまえたちの わるいところ その1 ようはないのに いつまでもいるな』
  • 『わるいところ その2 ひとの はなしを じゃまするな』
  • 『その3 おもいどおりに ならぬからと おおごえで おどすんじゃない』
  • 『その4 しゅうだんで いることで つよくなったと かんちがいするな』



関連タグ

ポケットモンスター
オーキド博士 ウチキド博士 ウツギ博士 オダマキ博士 アララギ博士 プラターヌ博士 ククイ博士 マグノリア博士
デンボク - ナナカマド博士の先祖

関連記事

親記事

ポケモン博士 ぽけもんはかせ

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ナナカマド博士」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ナナカマド博士」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 716708

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました