ピクシブ百科事典

シルバー(トレーナー)

ぽけもんとれーなーのしるばー

シルバーとは、ゲーム『ポケットモンスター 金・銀・クリスタルバージョン』およびリメイク『ハートゴールド・ソウルシルバー』に登場するライバル。
目次[非表示]

概要

オープニングのライバル君


ポケットモンスター 金・銀・クリスタルバージョン』(以下『GSC』)およびリメイク『ハートゴールド・ソウルシルバー』(以下『HGSS』)に登場するライバル

由来は『金』・『クリスタルバージョン』のデフォルトネーム(詳細は後述)。

名前について

第2世代初出のキャラクターでありながら、『ソード・シールド』までの歴代主人公・ライバルの中で、公式名称がハッキリするのが一番遅かった

何も入力しなかった場合に入るデフォルトネームは、
『GSC』では「シルバー」(金・クリスタル)および「ゴールド」(銀)、『HGSS』では「ソウル」(ハートゴールド)および「ハート」(ソウルシルバー)。
メディアミックスの『ゴールデンボーイズ』や『ジョウの大冒険』では「ブラック」や「ツバキ」という名前で登場し、他のライバルと比べても名称が多岐にわたる。

『GSC』では初登場時のトレーナー名が「???」表記だった事から、ライバルの名前を決める場面で本当に名前を「???」にしてしまい、ライバルの本名が永遠にわからないというギャグのような事例も数多く報告された。(戦闘後の台詞が「オレのなまえは???」となっていることも一因と思われる)
『HGSS』では「とおりすがりの しょうねん」表記になり、彼の名前を知るのも「落としたトレーナーカードを拾ったから」という形になっている。

このこともあってか、ファンからは単に「ライバル」と呼ばれる事が多い。
また、pixivにおいても「ライバル」というタグだけが使われることが多かった。更に当百科では長らく「赤い髪の少年」で記事を建てていた(由来はHGSSのセリフから)。

「シルバー」の名前が公式で採用されたのは、2019年に発表されたグッズ『ポケモンスケールワールド』シリーズの第2弾『金銀』発売から約20年後のことである。

人物

新旧ライバル


(左:HGSS、右:GSC)
やや長めの赤い髪が特徴の少年。作中でも「赤くて長い髪の毛の少年」と称されている。
GSCでは、肩まである毛先の跳ねた髪に、赤いラインが入った黒い服と紫のだぼっとしたズボン、黒いブーツという恰好。
HGSSでは、髪の赤みと毛先の跳ねが強くなったほか、全体が丸みを帯びてアホ毛が生えている。服装は靴が変更されたことでブーツインのスタイルでなくなり、比較的スマートな印象になっている。

序盤ではウツギ研究所からポケモンを盗み、そのポケモンを使って主人公に度々勝負を挑んでくる。冷酷な性格で言葉遣いは荒い。「強さこそが全て」という信念の持ち主で、そのためには手段を問わず強いポケモンを求めていたが、主人公と接するうちに少しずつ心境が変化していく。
歴代ライバルは主人公の幼馴染やお隣さんである場合が多いが、こちらは完全に初対面で赤の他人。そういった意味では歴代ライバルキャラの中では異色と言える存在である。
HGSSでは、劇場版ポケットモンスター「幻影の覇者ゾロアーク」で配布されたセレビィによる隠しイベントで、元ロケット団のボス・サカキとの思いがけない過去が明かされる。

ウツギ研究所からポケモンを盗んだ件に関しては、GSC版ではその後全く言及されなかったたが、HGSS版では罪悪感から一度ポケモンを研究所に返しに来るが盗んだポケモンがなついていたことから正式にウツギ博士から譲ってもらうという形でフォローされている。

ライバルは 意地を張ってしまって 謝らない!▼


作中ではセリフが全体的にツンデレ臭いことから、ファンの間では屈強のツンデレキャラとして扱われている。特にHGSSではそれが顕著になった。
また、HGSSにおいて例の事件を起こした人物として有名。→ラジオ塔脱衣事件

手持ちポケモン

GSC

合計で6+1回戦うことになる。

ジョウト

「1回目」

  • 御三家のうち1体(Lv.5)
※主人公がチコリータを選んだ場合はヒノアラシヒノアラシを選んだ場合はワニノコワニノコを選んだ場合はチコリータと主人公の選んだ御三家が苦手なタイプの御三家を繰り出してくる。

「2回目」

「3回目」

「4回目」

「5回目」

カントー

「6回目」

  • ニューラ(LV.41)
  • ゴルバット(LV.42)
  • レアコイル(LV.41)
  • ゲンガー(LV.43)
  • フーディン(LV.45)
  • 御三家最終進化形(LV.45)

「7回目」
  • ニューラ(LV.45)
  • クロバット(LV.48)
  • レアコイル(LV.45)
  • ゲンガー(LV.46)
  • フーディン(LV.48)
  • 御三家最終進化形(LV.50)

※第7戦は第6戦に勝利後、毎週月曜と水曜のみ可能。

ポケスタ金銀

スタジアムとジムリーダーの城を全制覇した後に現れるモード「ライバルをたおせ」に登場する。

手持ち(表と裏共通)


HGSS

合計で5+1回戦うことになる。
基本的な手持ちは変わらないが、レベルや戦闘回数が異なる。

『1回目』

  • 御三家のうち1体(Lv.5)
※主人公がチコリータを選んだ場合はヒノアラシヒノアラシを選んだ場合はワニノコワニノコを選んだ場合はチコリータと主人公の選んだ御三家が苦手なタイプの御三家を繰り出してくる。

『2回目』
  • ゴース(Lv.14)
  • ズバット(Lv.16)
  • 御三家進化形(Lv.18)

『3回目』
  • ゴース(Lv.22)
  • コイル(Lv.18)
  • ズバット(Lv.20)
  • 御三家進化形(Lv.22)

『4回目』
  • ゴルバット(Lv.30)
  • ゴースト(Lv.30)
  • コイル(Lv.28)
  • ニューラ(Lv.34)
  • 御三家進化形(Lv.34)

『5回目』
  • ニューラ(Lv.36)
  • ユンゲラー(Lv.37)
  • ゴースト(Lv.37)
  • レアコイル(Lv.37)
  • ゴルバット(Lv.38)
  • 御三家最終進化形(Lv.40)

『カントー』
  • ニューラ(Lv.46)
  • レアコイル(Lv.46)
  • ゴルバット(Lv.47)
  • フーディン(Lv.48)
  • ゲンガー(Lv.48)
  • 御三家最終進化形(Lv.50)

余談だが、カントーでのバトル後は、「りゅうのほこら」で彼とタッグを組んでイブキワタルに挑める。

アニメ版

アニポケ

わかると逆に もえちゃうぜ


外伝『ライコウ雷の伝説』では金・銀・クリスタルの主人をモデルにしたキャラが共に登場しているのだが、彼は劇場版におけるゲーム版男主人公達のようにオープニングのみの登場であった。一緒に描かれたポケモンはニドキング
設定画にも「金銀ライバル」としか書かれておらず、名前は設定されていなかった。

同作では代わりにジュンイチというオリジナルキャラクターが登場。
メインにおいてもサトシのライバルはジュンイチだったため、出演していない。

ポケモンジェネレーションズ

CV:逢坂良太
第5話「継承」にて『HGSS』版の容姿で登場。
名前が固定されていないことから、劇中・クレジット共に「サカキの息子」と呼ばれている。

他媒体でのシルバー

ゴールデンボーイズ

ブラックとして登場。卑劣で残酷な少年。

ポケットモンスターSPECIAL

詳細はシルバー(ポケスペ)を参照。

穴久保版ポケモン

銀次郎として登場。

ジョウの大冒険

ツバキとして登場。詳細はツバキを参照。

ポケモンマスターズ

CV:小野友樹

ゲームでは初となる「シルバー」の固有名詞付きでの登場。

伝説ポケモンイベント「正しき心に舞い降りる翼」のメインキャラクター。
イベント開始時はニューラを所持しており、劇中でホウオウを相棒にする。

逆輸入騒動

※この内容はポケスペ版にも書いてあります。しっかり読んで両コンテンツを楽しんでください。

R団


HGSS発売時に起こった、ライバルに関する大論争。
ゲーム内のイベントにおいてライバルがサカキの息子であるという事が正式に発表された。
HGSS発売前に既にライバルを原案とするシルバーがサカキの息子であるとしていたポケスぺの設定が公式に逆輸入されたと喜んだファンが掲示板その他各地で大々的に宣伝した。
それに関する支持と反論がファンやアンチだけに留まらずに巻き起こり論争へと発展した。

~経緯~
ポケスペは24巻、すなわち2007年。HGSSは2009年発売であり、サカキの息子設定の発表はポケスペが先行である。
しかし、2004年発売のファイアレッド・リーフグリーンにおいて、既にサカキの息子は「赤髪」であると語るキャラが登場しており、また主人公をサカキの息子と勘違いする発言から、FRLGの主人公と年齢が近い「少年」であるということも語られていることが判明する。
また、三犬のデザインも担当した斎藤むねお氏による漫画作品「ゴールデンボーイズ」でもサカキの息子であることを仄めかすような絵写があり、またポケスペの作者である日下秀憲氏もツイッターで「後付けではない」と発言していた。

こういった経緯から、現在では公式の伏線をポケスペが先に使用したという意見で大半がまとまっており、逆輸入説はほとんど鎮静化している。
公式ファンとポケスペファンの間にある溝の深さを露呈した事件である為、両ファンの間ではある種のタブーとなっている。

関連イラスト

タグとしては「ライバル」か単に「シルバー」が使われる。

リメイクおめ!
ひとのじゃましてんじゃねーよ


リメイク版ライバル
ライバル



関連タグ

ポケットモンスター GSC HGSS ライバル(ポケモン)
ゴールド(トレーナー)/ヒビキ(ポケモン) クリス(トレーナー)/コトネ(トレーナー)
ロケット団 サカキ

GSCライバル HGSSライバル…GSC仕様とHGSS仕様を区別する際に使われる。
ソウル(トレーナー)…『ハートゴールド』におけるデフォルトネーム。
金銀ライバル 赤い髪の少年 サカキの息子 サカキJr…表記漏れタグ

関連記事

親記事

ライバル(ポケモン) ぽけもんのらいばる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シルバー(トレーナー)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 208375

コメント