ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

メガニウム

めがにうむ

メガニウム(Meganium)とは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次 [非表示]

基礎データ

全国図鑑No.0154
ジョウト図鑑No.003
ブルーベリー図鑑No.175
ローマ字表記Meganium
ぶんるいハーブポケモン
タイプくさ
たかさ1.8m
おもさ100.5kg
せいべつ87.5%♂・12.5%♀
特性しんりょく/リーフガード(隠れ特性)
タマゴグループかいじゅう/しょくぶつ

各言語版での名称と由来

言語名称由来
日本語メガニウムメガ+ゼラニウム
英語・スペイン語・イタリア語Meganium日本語名に同じ
ドイツ語Meganiemega(大きい、巨大な)+Geranie(ゼラニウム)
フランス語Méganium日本語名に同じ
韓国語메가니움日本語名の音写
中国語(簡体字・繁体字)大竺葵大的(dàde、大きい)+天竺葵(tiānzhúkuí、テンジクアオイ)
中国語(大陸・香港・台湾)大菊花大的(dàde、大きい)+菊花(júhuā、菊)
ヒンズー語मैगेनियम英語名の音写
ロシア語Меганиум英語名の音写
タイ語เมกาเนียม日本語名の音写

進化

リメイク記念に

チコリータベイリーフ(Lv.16) → メガニウム(Lv.32)


概要

第2世代『ポケットモンスター金・銀』に初登場した、チコリータの最終進化系。

黄緑色の雷竜(竜脚類)の首にピンクのが付いたような姿で、黄色の触角が頭にあり、♂はこの触角が長く♀は短い。


首の花びらから放つ匂いには生物の闘争心を鎮めるリラックス作用があり、戦いになると香りを発散させ、相手の戦う気持ちを鈍らせる事で身を守る。

また、吐く息には枯れた草木を蘇らせる不思議な力が宿っているらしく、メガニウムのそばにいると森林浴をしたような清々しい気分になれるらしい。


名前の由来は恐らく『メガ(<mega->:英語で大きい)+ニウム(ゼラニウム:テンジクアオイ<天竺葵>)』から。


ちなみに金銀のベータ版ではチコリータがハッパ、ベイリーフがハナモグラ、メガニウムはハナリュウである。

ゲーム内での特徴

  • ベイリーフがレベル32になると進化する。入手方法に関しては【チコリータ】の記事を参照。

  • 金・銀・クリスタル』『ハートゴールド・ソウルシルバーでは、主人公が最初にワニノコを選んだ場合、ライバルのチコリータがメガニウムへと最終進化して登場。また、トキワシティのトレーナーハウスにいるヒカルが、バクフーン・オーダイルと共に使用してくる。

  • スカーレット・バイオレットでは、DLC『藍の円盤クリア後にミモザ先生の手持ちとして登場。「元気を出させる効果がある」「気持ちを静める成分がある」とこの系統に関する歴代図鑑にそう説明があるので、保険医の彼女にはピッタリだろう。

性能

種族値

HP攻撃防御特攻特防素早さ合計
80821008310080525

  • 初登場の第2世代では、特に強力なポケモンであるガラガラの攻撃を安定して受けられ、当時強いと言われたカビゴンを始めとする耐久型に対して強い(つるぎのまいを覚える為)という事もあり御三家最強の名をほしいままにしていた。現在から見れば疑問に思われるかもしれないが、当時はまだインターネットが普及していなかったため今ほど研究が進んでおらず、対戦ノウハウも確立していなかったのである。また、御三家自体そこまで対戦環境に食い込んでいなかった(いたとしてフシギバナリザードン程度)こともある。

  • しかし現在では第2世代の対戦環境におけるカビゴンはじばくを持たせたレベル50型が主流になっており、道連れにされる事が増えたばかりか、そもそもガラガラを対面から2発で落とせないことが発覚。しかも大抵のガラガラはつるぎのまいに加え、メジャーポケモンであるナッシー対策として当時は物理技だっためざめるパワー虫を搭載していることがほとんど。このため、つるぎのまいを積んだ後のガラガラに受け出しできないばかりか、対面でも普通に勝てるか怪しいという評価が下されてしまい、フシギバナやナッシーに対し何もできないことも相まって対戦で見る方が稀なマイナーポケモンという立場まで落ちぶれてしまった。実際、当時のトッププレイヤーは初めからそれがわかっていたのか、当時の公式全国大会であるニンテンドウカップ2000では誰も使っていない。

  • そして第3世代以降、ガラガラを受けられるポケモンの増加+ガラガラ自体の減少+対戦環境の「攻め」重視への変化+努力値仕様変更による耐久or火力の大幅な減少+ジュカイン等の強力なくさポケモンの追加と、ポケモンでは類を見ない程の環境からの取り残しを食らってしまった。

  • その後も目立って強化されることはなく、技は少しづつ増えているものの、どれも他のポケモンでもできるものになっている。一応「げきりん」「げんしのちから」等、くさタイプにしては珍しい技はあるものの特にメガニウムでなくても事足りてしまう。そして、弱点の多いくさタイプにもかかわらず攻めの能力が足りない上にしびれごな」も「ねむりごな」も覚えないため耐久型も辛い



  • 第7世代ではZワザによって低めの火力を補えるようになった。だが、例によってこれもやはり別にメガニウムに限った強化ではない。しかもこの時代にもなると金銀VCの方も研究が進み、ガラガラで詰まない事が当たり前のパーティを組むのが鉄則になってしまいガラガラの数が減少。故にメガニウムの需要も下がってしまった。

  • だが、このポケモンが個性無いままここで終わるかというとそうでもない。ダブルで「くさのちかい」を使い、「みずのちかい」と合わせ相手の場を素早さ1/4にする湿原状態にし、「いやしのはどう」で回復する湿原パとしての使い道がある。第7世代からは麻痺が弱体化(素早さ1/4→半減)したため、有用性が増した。自身も「こうごうせい」で回復できる。いっそのことサポートに徹した方が活躍するかもしれない。

  • 隠れ特性は「リーフガード」。ただ、前述の通りくさタイプが粉無効になってしまった事に加え、天候「晴れ」は弱点でもあるほのおタイプ技が強化されてしまうため扱いにはかなり苦労することになる。基本的に火力インフレしているとは言っても耐久調整次第で耐える場面も多いため、「しんりょく」でいい場面が圧倒的に多い。ちなみにバーチャルコンソールポケムーバーがあればOKなので、隠れ特性持ちの個体の入手自体は容易である。



……ちなみに、嘘ではございません。


使用トレーナー

ゲーム版


※1 最初にチコリータを選んで進化させた場合

※2 ポケモンマスターズでのバディー

※3 主人公がワニノコを選んだ場合

※4 ポケモンスタジアム金銀

※5 HGSS版のバトルタワー


アニメ版

  • ナナコ
  • ジュンイチ
  • アキコ
  • ゴクリン対策本部のジョーイ
  • カモミール島のジョーイ
  • セイヤ

漫画版


番外作品

ポケモンレンジャー

  • 初代から登場。クリア後にオリブジャングルに出現するようになる。キャプチャ画面ではソーラービームを発射して攻撃してくる。キャプチャ回数25回を達するとフィールド技「こわす×3」、ポケアシスト「くさ」(30秒)の有用なユニットとして活躍してくれる。
  • 光の軌跡」ではブルーアイに操られたポケモンとして登場。上記の攻撃に加え、はっぱカッターハードプラントを使って攻撃してくる。キャプチャ後はレンジャーサインを入力することで連れ歩きが可能となり、ポケアシストはX字にハードプラントを放つ「メガニウムインパクト」という強力な技なのだが、フィールド技は「きる1」と、ベイリーフの「きる3」にも劣るしょっぱい性能になっている。

ポケモンGO

  • 初期形態チコリータの入手難易度は比較的低く、緑の多い場所になら簡単に手に入る。ただし最終進化までにアメが合計125個必要。
  • 性能面で言えば原作同様耐久面が高い。性能上位にフシギバナがいるが、耐久数値や対じめんエスパーの相性面で差別化が可能。ただ一方で火力はモンジャラより低く差別化が難しい。
  • 習得技として有用なものはゲージ技の「じしん」(ジム防衛用に活用できる)、2018年9月22日のコミュニティ・デイで習得可能になった「ハードプラント」がある。
  • トレーナーバトルのスーパーリーグ(CP1500以下)では必要なチャージ数が少なくかつ威力が高い「ハードプラント」、高性能な「つるのムチ」「はっぱカッター」を駆使するくさタイプエースとして活躍している。

ポケモンマスターズ


Newポケモンスナップ

ポケモンスナップ発売おめでとう!

  • 2021年1月14日、NewポケモンスナップのPVと発売日、予約開始日の発表が行われ、そのPV内で通常個体よりもはるかに大きく光り輝くメガニウムの姿が確認された。
  • 公式サイトでも、舞台のレンティル地方で起こるイルミナ現象と関係する「イルミナポケモン」の代表として紹介されている。更にパッケージの表紙でも大きく描かれており、巷ではVIP待遇などと騒がれ、一時はNewポケモンスナップと共にメガニウムの名がTwitterのトレンド入りするほどの話題になった。
  • 肝心のゲーム内での扱いだが、最初に撮影できるイルミナポケモンとして登場。花畑をゆっくりと歩くため、イルミナ現象を発生させやすい。またアクションも分かりやすく、常にネオワン号の傍を歩くため、高得点も狙いやすい。
  • 何か派手な技を放つという大掛かりなアクションをするわけではないものの、あのポケモンを上に乗せたり、このポケモンの登場に驚いたりと、とても生き生きしている。

ポケとる

イベントステージにて登場。

オジャマはアチャモや岩を1~2ターン周期で出してくる。岩はそれほど脅威ではないため手持ちにアチャモを連れて挑戦すると良い。このほか盤面上部をバリア化された岩で埋め尽くすオジャマをしてくるが、こちらは2ターン経過でバリアを解除してくれるのでそれほど気にする必要はない。またメガニウムが登場する1週前のイベントにてバクフーンが登場するので、そちらを捕獲・育成すると攻略がしやすくなる(育成度合いによるが)。

スキルはデフォルトでオジャマけし+(オジャマをランダムに2個消す)、スキルチェンジでブロックはじき(ブロックを2個消して更にダメージアップ)。最大まで育成すると攻撃力が140となるので(ポケとる中の全ポケモンの最大攻撃力でも3番目に高い)その高火力を活かせるブロックはじきへのスキルチェンジをおすすめしたい(スキルレベル最大で8倍、タイプ相性抜群補正で16倍なので、レベル・スキルレベル共に最大まで育成した場合ブロックはじき発動で最低でも2240ダメージを与えられる)。


アニメ版

アニポケサトシの旅シリーズ

  • ナナコのメガニウム
    • ウツギ博士から貰ったチコリータがロケット団を倒してベイリーフに、無印261話で進化していた。

  • 無印266話
    • モブで登場する。

  • ジュンイチのメガニウム
    • ウツギ博士から貰ったチコリータから進化させた個体。無印268話でサトシのフシギダネに大きさから圧倒するが最後は「ソーラービーム」同士の激突で引き分けた。AG編第190話ではサトシの回想シーンで登場している。

  • AG65話
    • 大量発生したゴクリン対策本部のジュンサーの手持ちとして登場。

  • AG106話
    • イザベ島のナックラーの生息地域を守るポケモンレンジャーのアキコの手持ちとして登場。

  • カモミール島のジョーイのメガニウム
    • AG161話に登場したカモミール島のジョーイの手持ち。島の草原でサイホーンに追われていたサトシ達を助け、サトシのジュプトルがトロピウスと戦って敗れてケガをした時にポケモンセンターで癒しの力を使って治療する。
    • サトシのジュプトル…もといジュカインはメガニウムに恋するも、メガニウムとトロピウスが両想いで後に一緒にポケモンセンターで暮らす様になった為に失恋(以後、これと強さについて悩んでしまい数話までスランプに陥る)。

  • セイヤのソシニウム
    • 新無印20話にて、ポケモンWCS参加者であるジョウト地方コガネシティ出身のセイヤ(CV霜降り明星せいや)のポケモンとして登場。CVは相方である霜降り明星の粗品である。サトシのピカチュウとバトルするが、走った勢いを利用されアイアンテールで敗北した。

漫画版

ポケットモンスターSPECIAL

クリスおめでと!【イラリク消化】VS!

  • クリスタルのメガぴょん
    • 性別:♂️・特性:しんりょく
    • 性格:がんばりや・個性:しんぼうつよい
    • 元々はウツギ博士が研究してた三匹のポケモンの一匹だったが、シルバーに盗まれたワニノコとゴールドの手持ちになったバクたろうに触発されて研究所を勝手に抜け出し、手持ちに加わった新入り。
    • スリバチ山のヨーギラスとの戦いでベイリーフに、うずまき島のルギア戦でアリゲイツ・バクたろうと共にメガニウムに最終進化を果たしクリス達を押し潰そうとしたルギアを押し返す(ちなみに、うずまき島で他の2匹と再会した時は1匹だけ涙を流し喜んでいた)。
    • 身体が大きくなったので進化前の様に連れ歩きはしなくなったが、代わりにクリスタルの長距離移動要員としても活躍する。
    • ニックネームの理由はメガニウムではなく、「根性がメガトン級だから」である(ゴールドのバクたろう同様、ブラックの様に進化後を見据えてつけたものではない)。
    • 第6章でキワメの下で「草の究極技」"ハードプラント"を習得し、バトルフロンティアでレッドのフッシー(フシギバナ)・エメラルドのジュカインと共に"ハードプラント"を放った。
〈クリスタルの手持ち〉
ムーぴょん (ムチュール♀️)
カラぴょん (カラカラ♂️)
パラぴょん (パラセクト♂️)
エビぴょん (エビワラー♂️)
ネイぴょん (ネイティネイティオ♀️)
ウインぴょん(ウインディ♂️)
メガぴょん  (チコリータベイリーフ→メガニウム♂️)
バリぴょん (バリヤード♀️)

  • 5章:その究極技の伝承者・キワメのポケモンとしても登場。究極技を放つ際の掛け声は「シャシャッとはなて!!新緑の力!!!」。

ジョウの大冒険

  • ツバキのメガニウム:ウツギ博士の研究所から盗まれたチコリータの最終進化形。ツバキから道具のように扱われていたが、バトル中に泣きそうな顔をしていた事でジョウがツバキを説得、ツバキが改心したあとはパートナーとして受け入れられ大切にされている。

トライアドベンチャー

  • 第1巻13話にバクフーン・オーダイルと共に登場。アルセウスに関わる砂漠の都市ラカラへ通じる道を示す柱の守護者。カツヤ達の前に立ちはだかり、カツヤのヒコザ(ヒコザル)とバトルする。


関連イラスト

クリスたち浮世絵(?)『めがにうむ』

メガニウム♀

関連タグ

ポケットモンスター ポケモン GSC HGSS

ポケモン一覧 パートナーポケモン(ポケモン御三家)

チコリータ ベイリーフ くさタイプ


0153.ベイリーフ0154.メガニウム→0155.ヒノアラシ


ジョウト御三家・最終進化


草御三家・最終形態

なお、マスカーニャは実装前に

性能なんてメガニウム並みで良いから四本足でいてくれというネタがあった。


関連ポケモン等



関連記事

親記事

ベイリーフ べいりーふ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3245313

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました