ピクシブ百科事典

メガニウム

めがにうむ

メガニウムとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種である。
目次[非表示]
No.154 メガニウム



基礎データ

全国図鑑No.154
ジョウト図鑑No.003
ホウエン図鑑No.309
英語名Meganium
ぶんるいハーブポケモン
タイプくさ
たかさ1.8m
おもさ100.5kg
とくせいしんりょく / リーフガード(隠れ特性)


進化

チコリータベイリーフ(Lv.16) → メガニウム(Lv.32)

リメイク記念に



容姿

雷竜(竜脚類)の首に花を付けたような姿。体の色は黄緑色、花の色はピンク。
黄色の触角を頭に付けており、♂はこの触角が長く、♀は短い。

概要

『ポケットモンスター金・銀』(第2世代)に初登場したポケモン
名前の由来は恐らく『メガ(<mega->:英語で大きい)+ニウム(ゼラニウム:テンジクアオイ<天竺葵>)』
ベイリーフLv.32で進化する。

メガニウムの花びらから放つ匂いで闘争心を鎮めたり、メガニウムのそばにいると森林浴をしたような清々しい気分になれる。
また戦いになると香りを発散させて相手の戦う気持ちを鈍らせる。
その他では、メガニウムの吐く息で枯れた草木を蘇らせる不思議な力が宿っている。

……と、設定ではとんでもない力を持っているのだが、アニメではサトシフシギダネにさえ引き分けに持ち込まれるという情けない状態になってしまっている。
図鑑説明からも、あまり争いには向かない種族なのだろう。

ゲーム内での性能

初登場の第2世代では、特に強力なポケモンであるガラガラの攻撃を安定して受けられ、当時強いと言われたカビゴンを始めとする耐久型に対して強い(つるぎのまいを覚える為)と言う事もあり御三家最強の名を欲しいままにしていた。
現在から見れば嘘や疑問に思われるかもしれないが、当時はまだインターネットが普及していなかった為今ほど研究が進んでおらず、対戦ノウハウも確立していなかったのである。
また御三家自体そこまで対戦環境に食い込んでいなかった(いたとしてフシギバナリザードン程度)こともある。

のだが……
第3世代以降、ガラガラを受けられるポケモンの増加+ガラガラ自体の減少+対戦環境の「攻め」重視への変化+努力値仕様変更による耐久or火力の大幅な減少+ジュカイン等の強力なくさポケモンの追加と、ポケモンでは類を見ない程の環境からの取り残しを喰らい、一気に御三家最弱の座へ転落してしまうこととなった。

その後も強化されると思いきや、まるで第2世代の栄光にしがみ付いているかの如く、強化された試しがない。技は少しづつ増えているのだがみんな他のポケモンでも出来ることという……
一応「げきりん」「げんしのちから」等、くさタイプにしては珍しい技はあるものの、別にメガニウムでなくても出来る奴はごまんといる。
そして弱点の多いくさタイプにも関わらず攻めの能力が足りない上にしびれごな」も「ねむりごな」も覚えない=耐久型も辛いという……

主役となる金銀リメイクの『HGSS』ですら与えられた遺伝技はまさかの「のしかかり」。元々自力習得可能である。
どこからどう見ても明らかにゲーフリの嫌がらせです。本当にありがとうございました。

第5世代では「はなびらのまい」の威力が120に上がり、第6世代ではくさタイプに粉系の技が効かなくなった。だがこれらも他のくさタイプが軒並み恩恵を受けている。
また第5世代から「マジックコート」がメガニウムの最大の弱点である「ちょうはつ」や「アンコール」を跳ね返せるようになったことや、ドラゴンテールを覚えたことで積み耐久型相手でもある程度戦えるようにはなった。根本的な解決には至っていないが……
第7世代ではZワザによって低めの火力を補えるようになった……が、これもやはり別にメガニウムだけの強化というわけでもない。
しかもこの時代にもなると金銀VCの方も研究が進み、ガラガラで詰まない事が当たり前のパーティを組むのが鉄則になってしまいガラガラの数が減少。故にメガニウムの需要も下がってしまった。
御三家最強と言われた世代のソフトですら、20年も経て見向きもされなくなるとはいかがなものなのだろうか……

………だが、このポケモンが個性無いままここで終わるかというとそうでもない。
ダブルで「くさのちかい」を使い、「みずのちかい」と合わせ相手の場を素早さ1/4にする湿原状態にし、「いやしのはどう」で回復する湿原パとしての使い道がある。
第7世代からは麻痺が弱体化(素早さ1/4→半減)したため、有用性が増した。自身も「こうごうせい」で回復出来る。いっそのことサポートに徹した方が活躍するかもしれない。

隠れ特性は「リーフガード」。
ただ、前述の通りくさタイプが粉無効になってしまった事に加え、天候「晴れ」は弱点でもあるほのおタイプ技が強化されてしまう為扱いにはかなり苦労することになる。
基本的に火力インフレしているとは言っても耐久調整次第で耐える場面も多い為、「しんりょく」でいい場面が圧倒的に多い。
バーチャルコンソールポケムーバーがあれば良いから、隠れ特性持ちの個体の入手自体は容易なのだが。

今の所、メガニウムナイトは発見されておらず、メガメガニウムに進化することは無さそうだ。

ポケモンGOでは

初期形態チコリータの入手難易度は比較的低く、緑の多い場所になら簡単に手に入る。ただし最終進化までにアメが合計125個必要。

性能面で言えば原作同様耐久面が高いが、火力がモンジャラ以下だったりする。
性能上位にフシギバナがいるが、あちらはどくタイプ複合なので対じめんエスパーの相性面で差別化が可能。
ただこれもモンジャラでいいという声がなくはない上に遂にモジャンボが実装されてしまったので立つ瀬が危うい。
さりげなくゲージ技に「じしん」が紛れているので、ジム防衛用にはなるだろうか。

ちなみに2018年9月22日のコミュニティ・デイで「ハードプラント」を覚える事が出来た。だが火力の低さ故あまり話題にならず、直後に突如現れたこいつに全部持っていかれてしまった。

……と、相変わらず微妙な立ち位置に収まっていたが、2018年12月に事態が急変する。
トレーナーバトルの実装、かつルールにより最大CP制限がかけられたことで、CPが低い耐久型ポケモンが活躍できる場が整ったのだ。
そしてメガニウムが覚えられる「ハードプラント」は技に必要なチャージ数が少なくかつ威力が高い優秀な技となり、「つるのムチ」「はっぱカッター」の高性能ぶりから技の回転率が非常に高い。
これによりメガニウムは安定して強いくさタイプエースとしての道が開けたのだ。特にスーパーリーグ(CP1500以下)ではかなりの実力者として知られている。
当然ライバルとしてフシギバナがいるが、じめんを軽減できること、あちらより耐久が高いことで差別化できている。
自身の耐久が別ゲームとはいえ再び日の目を見る時が来ようとは。

関連イラスト

メガニウム
ジョウトの三匹最終形態


メガニウム
がにゅがにゅ



関連タグ

ポケモン一覧 くさタイプ
金銀 HGSS
ポケットモンスター ポケモン 

ジョウト御三家の最終進化
ほのおタイプバクフーン
みずタイプオーダイル

他の地方のくさタイプ御三家の最終進化
カントーフシギバナ
ホウエンジュカイン
シンオウドダイトス
イッシュジャローダ
カロスブリガロン
アローラジュナイパー

関連記事

親記事

ベイリーフ べいりーふ

子記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メガニウム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1361463

コメント