ピクシブ百科事典

モンジャラ

もんじゃら

モンジャラとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場するキャラクター(モンスター)の一種。
目次[非表示]

基礎データ

ずかんNo.114
英語名Tangela
ぶんるいツルじょうポケモン
タイプくさ
たかさ1.0m
おもさ35.0kg
とくせいようりょくそ / リーフガード / さいせいりょく(隠れ特性)


進化

モンジャラモジャンボ(「げんしのちから」を覚えた状態でレベルアップ)

あわもじゃ



概要

初代から登場しているポケモン。名前の由来は恐らくモジャモジャ+毛むくじゃら。

名前の通りもじゃもじゃしている、 メドーサボールのようなシルエットに何故か履いている長靴がチャームポイント。もじゃもじゃの正体は青いツル草が絡みついたもの。それを使って、敵に絡みついたり、ゆらゆら動かして相手の集中力を乱したり、トカゲの尻尾切りのようにツル草を切って逃走出来たりとかなり万能だったりする。ツル草は永久に生え続ける。
全身を覆うツル草にはさらに細やな毛が生えており、いつも細かく動き続けているので触ったり絡みつかれるととてもくすぐったい。図鑑説明でも相手の神経をかき乱すと書かれている。(もちろんモンジャラはくすぐるを覚えられる。)
ツル草は独特な香りがするので、ガラル地方の一部地域ではハーブに用いられているらしい。

ツル草が無くなった時のモンジャラの姿は長年の謎で、現在もその姿は謎に包まれている。(ポケモン類の4コマ漫画でもよくその事でネタになる事が多い。)
ポケモンレンジャーシリーズではクイにツルを引っ掛けてプレイヤーを向こう岸に運ぶなどの活躍を見せている結構重要な立ち位置のポケモン。
具体的なモチーフは不明だが、一説によればウルトラセブンに登場したワイアール星人リスペクトなのではという説がある。
タマムシシティジムリーダーのエリカの先鋒としても知られており、清楚な彼女とのギャップを感じた人も多いだろう。

見た感じツルが麺類に見えるが食べられるかは謎。

Tangela ramen



ゲームでの特徴

初代では唯一のくさ単タイプのポケモンだった。カントー地方では生息域が限られており、野生の個体はそこそこ珍しい。
第2世代では何種類か存在した、戦闘中に「逃げ出す」ポケモンの一種。スピードボールで捕まえやすくなるたった3匹のうちの1匹でもある(他はコイルベトベター)。
第4世代から、「げんしのちから」を覚えさせてレベルアップさせる事でモジャンボに進化できるようになった。
モジャンボに進化させるのも良いが、しんかのきせきを持たせる事で、ぼうぎょが182という驚異的な数値を叩き出す。ギガドレインやどりぎのタネといった回復技も覚えるため、下手すると高いぼうぎょで技を耐えつつ、ひたすら回復し続ける一筋縄ではいかないポケモンになる。

関連イラスト

モンジャラ
モンジャラのすいとる



関連タグ

ポケモン一覧 くさタイプ
モジャンボ 触手

関連記事

親記事

くさタイプ くさたいぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モンジャラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2064449

コメント