ピクシブ百科事典

ドンカラス

どんからす

ドンカラスは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する架空のキャラクター(モンスター)のうちの一種。 名前の由来は「ドン(首領・鈍)」+カラスが有力。
目次[非表示]

基礎データ

ずかん No.430
英語名 Honchkrow
ぶんるいおおボスポケモン
タイプ あく/ひこう
たかさ 0.9m
おもさ 27.3kg
とくせいふみん/きょううん/じしんかじょう(隠れ特性)


※ふみん: ねむり状態にならない。
※きょううん: 自分の技が急所に当たりやすい。
※じしんかじょう: 相手を倒すと、こうげきが1段階上がる。

進化

今年は酉(烏)年


ヤミカラスドンカラス(「やみのいし」を使用)

概要

『ポケットモンスターダイヤモンドパール』(4世代)で初登場したポケモン。
名前はそのまま「ドン(マフィア等のボスを示す)」+「カラス」
モチーフになった生物はカラス、特に巨大な身体を持つワタリガラスだろう。

頭部はソフト帽を髣髴させるような意匠に変化し、もっさりとした白い胸毛が生え、ワイルドな外見になった。その毛並みは本人もかなり気にしているのか、餌を取る時間を子分にまかせて自分はその毛づくろいに勤しむ。

沢山のヤミカラスを従え群れで飛ぶので夜を招く者とも言われる。
帽子のような頭部の関係で影になる部分が広く、大勢のヤミカラスを引き連れて飛ぶ様は下から見るとまさに真っ黒。

「情け容赦ない性格」と図鑑で言われる位に部下の失敗は決して許さず、裏切ったり脱走した子分を執拗に追い詰め、処分するという非情な一面もあるのだが、これは群れの秩序を守るためなのでやむ無いのである。
戦いも悪の親玉らしく、自分が手を汚す事を嫌っており、ほとんどを子分が担当し、トドメをさす時にのみ手を汚すのだとか。

ソフト帽を被ったようなデザインはアメリカ映画においてギャングのシンボルと化していたためと思われる。また、実際にモチーフにしたかどうかは不明であるが、つばの広い帽子を被った威厳のあるヒゲを蓄えたかのようなデザインから北欧神話オーディンを連想させるという意見も。オーディンはカラスを使い魔としている伝承がある他、魔法に詳しい神とも言われ、進化前のヤミカラスも魔女の帽子とホウキをモチーフにしていたりする。また、オーディンの由来が「激怒するもの」である為、ドンカラスの苛烈な性分に通ずるものがある。

ゲーム上の特徴

HP攻撃防御特攻特防素早さ
100125521055271


進化前のヤミカラスから攻撃と特攻が大きく上昇し、HPもかなり高くなった。
不意打ちをメインに据えるポケモンの中では似たようなポケモンにアブソルキリキザン等が居るが、その二匹よりもかなり特攻が高いので熱風等の炎技を上手く扱える。
しかし素早さに関してはその名の通りヤミカラスより下がってしまう。首領らしくどっしり構えようということか。
防御・特防も少ししか上がっていないが、前述のようにHPが豊富になったため、うまく努力値を調整すれば並以上の耐久を得ることができる。

初登場時はキノガッサよりわずかに素早いことや対催眠の特性を持つことからキノガッサ(催眠持ち)キラーとして、他にはあくタイプの先制技のふいうちや相手の補助技を封じるちょうはつを使ったエスパーゴーストタイプ対策として使われることが多かった。
いずれにせよ相手の行動を読んでこそ真価を発揮するポケモンであったので、種族値ほどには火力偏重のポケモンとしては認識されていなかった。

しかし、プラチナばかぢからねっぷうを習得しいわはがねタイプにも対処できるようになり、さらにはHGSSでタマゴ技でブレイブバードを習得し、ムクホークを超える突破力を得る。
これにより、ドンカラスはあくタイプ屈指のアタッカーとして名を馳せることとなる。

技の候補は物理はつじぎりドリルくちばしふいうちおいうちブレイブバードゴッドバードばかぢからイカサマ、特殊はあくのはどうねっぷうサイコキネシスなど。
補助技はわるだくみちょうはつくろいきりあやしいひかりめいそういやなおとはねやすめなど非常に豊富。
初見でどのような型か判断するのは困難を極めるだろう。

ただしクセのある能力配分に型の自由度の高さ、メジャーな弱点タイプなど、使用者の側も対戦時どころか育成の時点から熟考を重ねる必要があり、特性も含めて「ハマると強い」玄人向けのポケモンといえる。

ポケモンGO

今作ではアメ100個に加え、「シンオウのいし」を使って進化する。
あく技とひこう技どちらも統一して戦えるため、好きな方を選ぼう。エスパータイプの「サイコキネシス」をサブウェポンとして使うのもあり。
ダークライよりHPは多いが、耐久がかなり低いため油断していると一発KOなんてこともあるため、相手の立ち回りを警戒して戦うべし。

しかし、2021年5月にドンカラスの種族値全てを上回るイベルタルが登場し、ドンカラスの存在は文字通り紙に。…ドンカラス(´;ω;`)カワイソス……
一応、ひこう技で差別化はできるが…

主な使用トレーナー

当初はヤミカラスだった。実はOP1だとヤミカラスの姿で既に先行登場しており、OP2でもシンジの後ろにドンカラスの姿が映っている。本編での初登場はシロナとのフルバトルで、ガブリアス相手に3番手で登場。この時はガブリアスに「ギガインパクト」を使わせるための捨て駒のような扱いだったが、ドンカラスに進化して以降は主力として機能しており、トバリジム戦ではスモモアサナンゴーリキーを「ゴッドバード」で2タテした。サトシハヤシガメとは因縁があり、本編では2度対決し、どちらもドンカラスが勝利している。ポケリンガではムクバードとも対決したが、こちらはムクバードがバトル中にムクホークに進化したのもあって僅差で敗北している。
本編で使用した技は「くろいきり」、「ゴッドバード」、「シャドーボール」、「あくのはどう」、「つばめがえし」、「つじぎり」。

神と呼ばれしポケモン達の争いでアラモスタウンに起きた異変の影響で発生した霧を払う為に登場。『きりばらい』を使用するも全く効果が無かった。出番は以上である。
声を担当したのは逢坂力氏。


関連イラスト

ドンカラスは ぐうぐう ねむっている
ドン様


スカーフ持ちドンカラス
ボスと一緒がいい



関連タグ

ポケモン ポケモン一覧
カラス ギャング ボス
バルジーナイベルタルガラルファイヤーBWXY冠の雪原で新たに登場したあく・ひこうタイプのポケモン
アーマーガア:同じくワタリガラスがモチーフ。ドンカラスよりもデカい。ガラル本土にはヤミカラス・ドンカラスが棲息していないので、縄張り争いは起こっていないが、もし共演したらどのような関係になるのか興味深いところ。

関連記事

親記事

ヤミカラス やみからす

pixivに投稿された作品 pixivで「ドンカラス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1589947

コメント