ピクシブ百科事典

イカサマ(ポケモン)

いかさま

イカサマとは、『ポケットモンスター』シリーズに登場する技の一種である。
目次[非表示]

技のデータ

初出第5世代
いりょく95
めいちゅう100
PP15
タイプあく
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考相手の「こうげき」の数値でダメージを計算する
英語名Foul Play


概要

第5世代から存在する技。
超フーパ専用技を除けばあくタイプ物理最強技である。しかし……
その効果はダメージ計算時に相手の「こうげき」を参照するという、あくタイプの技の中でトップクラスにヒネたものになっている。
但しあくまでも「こうげき」の数値のみ参照なので、やけどや道具補正、一致判定等は全て自身のものが影響するので注意。

その効果から、あくタイプの技でありながらあくタイプのメインウェポンにしづらいという難点がある。
というのも、あくタイプは元々攻撃面に優れ、防御面の脆いポケモンが多く、耐久型は数える程しかいない。
そしてメインターゲットにすべきエスパーやゴーストは「こうげき」種族値の低い種族が多い為、普通に殴るよりもダメージを与えられないことの方が圧倒的に多いのである。
大ダメージを狙えるのはゴルーグジュペッタ相手の時くらいだろう。

勿論全く利点がないわけではない。
相手の攻撃力に依存するということは自身の努力値を攻撃に振る必要が無い物理火力を高める積みアタッカーの処理に有効ということになる。
そのため耐久型ならばある程度採用しやすい。
耐久が高いが「こうげき」の低いブラッキーバルジーナヤミラミなどには最適な技といえる。
やや「こうげき」もあるがミカルゲも「すりぬけ」+「イカサマ」のコンボが出来るので採用されるケースが増えている。
いばる」と組み合わせるのも実用的。但し調子に乗りすぎて上げすぎた「こうげき」で自分がやられないように気をつける必要はある。

第6世代からはあくタイプがはがねタイプに等倍で通るようになり、「こうげき」の非常に高いメタグロスギルガルドなどの対策として需要も増加している。
また、ORASではホルードが教え技で習得したが、特性が「ちからもち」の場合イカサマの威力が倍化し凄まじい威力が期待できるようになった。

第7世代では「いばる」および「こんらん」の弱体化で上記コンボは決まりづらくなったが、Zワザ化することで普通に高威力をぶつけることもできるようになった。

ポケモンGOでも金銀世代追加に伴いあくタイプの技として登場。
ただし、「相手の攻撃力を参照」という点はさすがに再現が難しかったのか、威力70固定のごく普通のワザとなっている。あくタイプのゲージ技の中では今のところ最も威力が高く、現在あくタイプのポケモン(特にブラッキーやヘルガー)のメインウェポンとして珍重されている。
ちなみに、あくタイプ以外ではニャースも習得できる(ペルシアンに進化させると失われる)。

関連タグ

ポケモン技一覧 あくタイプ

pixivに投稿された作品 pixivで「イカサマ(ポケモン)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 446

コメント