ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

技のデータ

初出第5世代
いりょく95
めいちゅう100
PP15
タイプあく
わざ分類物理
攻撃範囲単体
直接攻撃
備考相手の「こうげき」の数値でダメージを計算する
英語名Foul Play

概要

第五世代から存在する技。相手の力を逆に利用して攻撃する。

超フーパの専用技を除けばあくタイプ物理最強技である。しかし……

その効果はダメージ計算時に相手の「こうげき」を参照するという、あくタイプの技の中でトップクラスにヒネたものになっている。


当然ながら種族値だけでなく、その個体の攻撃個体値の高さや努力値の振られ具合、積み技などによる攻撃のランク補正も参照される

個体厳選をする際、物理攻撃技を搭載していない特殊アタッカーや耐久型のポケモンの攻撃個体値を最低(「ダメかも」)にしておくことが強く推奨されている理由の1つがこの「イカサマ」の存在である(他に「こんらん」時の自傷ダメージ対策・「ちからをすいとる」対策がある)。

エスパーゴースト等あくタイプを弱点とするタイプであれば尚のこと。一方で、あくタイプの技を軽減できるタイプであれば必ずしもこの限りではない。


ただし、あくまでも「こうげき」の数値のみ参照なので、やけどこだわりハチマキちからもちといった道具や特性による補正、一致判定等は全て自身のものが影響される。



一方であくタイプの技でありながら、あくタイプのメインウェポンにしづらいという難点がある。

というのも、あくタイプは元々攻撃面に優れるポケモンが多く、弱点を突く目的なら素直に自分のステータスで殴った方が良い場面が多かったのである。

一応、現在は弱点を突けるエスパーゴーストタイプにも、リキキリンゴルーグソウブレイズイダイトウなど完全物理アタッカー、もしくは二刀流型のポケモンも増えているのだが…。




勿論全く利点がないわけではない。

相手の攻撃力に依存するということは「自身の努力値を攻撃に振る必要が無い」および「物理攻撃力を高める積みアタッカーの処理に有効」ということになる。

そのため耐久型や特殊型ならある程度採用しやすい。また、あくタイプの技なので無効タイプが無いのも大きく、攻撃技をイカサマだけにしても止まりづらい。

仮に弱点を突けなくとも、悪技が等倍の物理アタッカー相手なら確2圏内に持ち込める事は多く、行動回数を稼ぎやすい耐久型にとって一撃で落とせない事は大きなデメリットにはならない。

ブラッキー

主に耐久が高いが攻撃力の低いブラッキーバルジーナなどには最適な技といえる。

中には攻撃種族値が高くても、サポート型に重視したオーロンゲミカルゲなどで採用する場合もある。つまり、イカサマは攻撃が高いポケモンでは採用出来ない訳では無く、耐久に振れるポケモンなら種族値関係無く採用できるのだ。


また、伝説戦では自然と攻撃が高いポケモンがひしめく環境になるのでこの技が刺さりやすい。

デスウイング」で長期戦を狙うイベルタルには悪技の一つにされることも。


他にも「いばる」と組み合わせるコンボ、通称「イバサマ」も実用的。第6世代ではクレッフィトルネロスボルトロス等がこの戦法で大暴れした。

但し調子に乗りすぎて上げすぎた「こうげき」で自分がやられないように気をつける必要はある。特性「てんねん」のポケモンなら比較的安全。


第6世代からはあくタイプがはがねタイプに等倍で通るようになり、「こうげき」の非常に高いメタグロスギルガルドなどの対策として需要も増加している。

また、ORASではホルードが教え技で習得したが、特性が「ちからもち」の場合イカサマの威力が倍化して凄まじい威力が期待できるようになった。


第7世代では「いばる」および「こんらん」の弱体化で「イバサマ」コンボは決まりづらくなったが、Zワザ化することで普通に高威力をぶつけることもできるようになった。

またUSUMでは最序盤からマーイーカが捕獲できるため、ストーリー攻略でもイバサマコンボを使っていける。ストーリー攻略でのNPCトレーナーは技も読みやすいため、強い物理技を持っていないポケモンを読んで繰り出すことで比較的簡単にコンボを決めることができる。


第8世代でイカサマがわざレコードになり気軽に覚えられるようになった。

そしてゴーストタイプに環境トップであるドラパルトが登場した事により一気に注目されるようになる。

参考までに、ドラパルトにタイプ一致でイカサマを当てるとH無振りA極振りならダイマックスしていなければ確実に1発で仕留められる。特殊型でも高乱数1発。

ドラパルトの素の素早さは142と高いが最速でもスカーフ最速78族以上なら抜けられる為、イカサマ持ちにこだわりスカーフを持たせておくのも悪くはない。


総じて、技の特性や習得者にケチを付けられる事はあるが、対戦環境全体に影響を与えている強力な技である。

ただし、この技でダメージを取られるからとは言え、物理型のポケモン全般に否定的になるのは好ましくない。


余談

この技を最高威力で運用できるのは特性の恩恵で威力2倍に出来るホルードメガクチートポリゴンZ全員が非あくタイプ……だったのだが、はりこみフォクスライが解禁されたことで状況限定ではあるが彼らを上回る威力を出せるようになった。


その他ゲームにおいて

ポケモンGOでも金銀世代追加に伴いあくタイプの技として登場。

ただし、「相手の攻撃力を参照」という点はさすがに再現が難しかったのか、威力70固定のごく普通のワザとなっている。あくタイプのゲージ技の中では今のところ「しっぺがえし」に次いで高い威力を誇り、現在あくタイプのポケモン(特にブラッキーやヘルガー)のメインウェポンとして珍重されている。

ちなみに、あくタイプ以外ではニャースも習得できる(当初はペルシアンに進化させると失われてしまったが、後に進化後も覚えるようになった)。


ちなみにポケモンカードゲームBW拡張パック第1弾「ブラック/ホワイトコレクション」収録のゾロアークの習得技としても設定されており、その効果というのが、「相手のバトルポケモンが持っているワザを1つ選び、このワザとして使う。」という本家でも見られないトンデモ効果を有している。

必要なのは無色エネルギー2個だけなのですぐ技を放ちやすい。

ただし、これは相手が強い技を持っているという前提のワザなので、主に終盤の切り返しに向いているだろう。相手が育てた大型ポケモンを逆用して倒せれば痛快である。


関連タグ

ポケモン技一覧 あくタイプ


いかさまダイス…こちらは道具。性能的には全くの無関係。

関連記事

親記事

物理技 ぶつりわざ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2219

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました