ピクシブ百科事典

火炎噴射

かえんふんしゃ

火炎噴射とは、ガメラが口から噴射する炎攻撃である。
目次[非表示]

もしかして→火炎放射

概要

いわゆる火炎放射や火炎ブレスにあたるが、平成ガメラ以降定着しつつある火球攻撃とは異なり、元祖である。ガメラが飛行の際に行うジェット噴射を指す訳ではないので留意(昭和の関連商品では、ヘット噴射を攻撃に使用しているカードもあるが)。火球が尾を引くため、識別点として(たぶん)最も容易なのは、攻撃が当たった際の爆発の有無だろうか。

なお、火炎「放」射ではなくて火炎「噴」射であるが、公式名称として「定着」しているわけではない。

昭和シリーズ

宇宙空間や水中でも機能し、それらの状況でも宇宙人の宇宙船を破壊できる威力を持つ。また、威力を抑えて使用する事で宇宙船の修理も可能である。

ただし、やはり怪獣同士の戦闘なためか、よほど炎に弱い怪獣でない限りは「必殺技」としては機能せず、実質的には威嚇や戦闘の補助として使用が多い(それゆえにプラズマ火球が生まれたのだが)。そのため、火炎噴射が決め手となったのは過去2回に限定されている。一回目は動けなくなったギロンの頭部の手裏剣孔にミサイルを突き刺して引火させたものであり、二回目は三色光線を封じて歩行のバランスを崩されて動けなくなったジグラを焼き殺したものである。
実質的に、(「宇宙怪獣ガメラ」を除く)昭和最後の作品で動けない相手にしか決まっていない(そのため、「まるで火炎噴射にお情けを掛けたようだ」と言う者もいる)。その後に予定されていたガラシャープ戦では、逆に火炎エネルギーを吸収されるというプロットになっており、ガメラのお株まで奪われるところだった。

  • メタ的に言うと、撮影の関係上、火炎噴射が決め手になるとしたら敵のスーツごと燃やす必要性があるとも考えられるため、そこら辺も関連しているのかもしれない。スーツを燃やすことは後の展示やイベントにも使えなくなるため、思い切った行動ともいえる。本当にスーツを燃焼/爆破させたのは、他には「小さき勇者達」のジーダス戦がある。

後にプラズマ火球が生み出された理由は、「威力」「射程」「カタルシス」が求められたからであり、ゴジラの放射火炎との差別化も容易になった(昭和も本物の火炎放射器を使った撮影で差別化はできていたが)。

平成

GAMERA


徳間ガメラではプラズマ火球が登場し、火炎噴射にあたる攻撃は行われていない(「ガメラ3」の渋谷戦で、上空のギャオスハイパーが「樋口撃ち」を避けた場面で、火球が火炎ブレスか熱線のようにも見える)。プラズマ火球は放電現象であるため、厳密な火炎攻撃とは少し異なるかもしれない。徳間ガメラが火炎噴射ができるのかは不明。

KADOKAWA制作の「小さき勇者達」では、幼少のトトが予告編や包丁に対して放った火炎攻撃や波切でのジーダス戦にて行った火炎攻撃は、火球にも火炎噴射にも見える。

50周年記念映像「GAMERA」に登場した個体が行った攻撃が、火炎噴射の数十年ぶりの復活となる。火球同様チャージが可能となり、幼体とはいえギャオスの大群を丸ごと沸騰・蒸発させたり、進路上にあった街並みが消失するという大変強力な威力を持っており、インパクト抜群であった。発射の際、火炎の弾頭?が火球のような形状になっており、火山の噴火や爆風にも思える弾速?を持っており、射程や効果範囲も向上している模様であり、ようやく火炎噴射に必殺技としての効果が生まれたと言えるだろう。

余談

昭和ガメラでは、撮影では本物の火炎を噴射させているので大変迫力がある。

Pixiv上では火球の「攻撃そのもの」を描いた作品が少なかったこともあり、「攻撃そのもの」を描いているという点では火炎噴射も目立つ。

関連タグ

ガメラ 昭和ガメラ
プラズマ火球
火炎放射 ブレス

関連記事

親記事

ガメラ がめら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「火炎噴射」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 60

コメント