ピクシブ百科事典

ガラシャープ

がめらのぼつかいじゅう

ガラシャープとは、ガメラシリーズの没映画に登場する予定だった怪獣である。
目次[非表示]

概要

ガラガラヘビをモチーフとしたの怪獣。

本来は『ガメラ対深海怪獣ジグラ』の次回作『ガメラ対双頭怪獣W』にてWという名前で登場する予定だったのだが、制作会社の大映が倒産してしまったため登場することなくお蔵入りしてしまった。

この没企画は1991年発売のレーザーディスク『ガメラ永久保存化計画』の映像特典にて原案者の高橋二三、デザインの井上章両名によってミニチュアとイラストによって映像化され、そこでWはガラシャープと改名されると共に鳴き声と外見が登場。タイトルも『ガメラ対大邪獣ガラシャープ』と改題された。

設定

  • 等の熱エネルギーが好物で、を使って吸引する。
  • 口からは毒ガスを吐き、尻尾の先端にはドリルが付いている。
  • 2匹の子供がいる。


なぜ「双頭怪獣W」なのか?

OMEGA遊撃隊の書籍『強いぞ!ガメラ』では、子供が二匹いるとはいえ首は1つなのに肩書が「双頭怪獣」であること、
『ガメラ対双頭怪獣W』の予告文に「大映怪獣総登場」の文字があること、
今までの製作中のガメラ怪獣の仮名は「〇〇怪獣X」だったのにこの場合に限り「W」であることなどから、
本来この映画は大映版『怪獣総進撃』の企画であり、この怪獣の名はワイバーンだったのではないかという仮説を提唱し、
キングギドラを意識した銀色の双頭竜として描いたシナリオを掲載している。

幻のガメラ怪獣『双頭怪獣 ワイバーン』


関連項目

ガメラ怪獣
ガメラ
ガラガラヘビ

関連記事

親記事

ガメラ怪獣 がめらかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ガラシャープ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5273

コメント