ピクシブ百科事典

大怪獣バラン

だいかいじゅうばらん

東宝が1958年に公開した怪獣映画。
目次[非表示]

概要

アメリカのテレビの企画として始まり、映画になった。
作品自体は秘境探索ものと王道怪獣映画を足したようなシンプルな内容。
カラー映画の『空の大怪獣ラドン』より後になる1958年公開作品なのにモノクロである。(というのも、本来大怪獣バランは元々連続テレビドラマとしての公開を予定していたらしく、モノクロ作品なのはその名残。)そのため主役怪獣バランの体色が不確定で、宣伝ポスターでは深い色、後の『怪獣総進撃』における飛び人形は茶色で描かれている。
怪獣を神格化したという設定は後の『大魔神』『モスラ』などに受け継がれている。

バラン

バラン 【ニコニコ動画用イラスト】
バラン


「東洋のチベット」と(作中で)称される、東北地方の北上川の上流にある秘境、岩屋部落において婆羅蛇魏山神として神格化されている中生代の大怪獣。学名は〔バラノポーダ〕。
水陸両用、ゴジラとラドンの中間のようなデザインで、さらにはムササビ状の膜を拡げて滑空することができる。
ゴジラの戦闘力とラドンの飛翔能力を併せ持った新怪獣。
身体データは資料によってまちまち。
飛び道具みたいな特殊能力を持ち合わせておらず、爆弾で退治されてしまったという汚名があるのでパッとしない面はある。背びれには毒を持っているらしいが。

客演

怪獣総進撃』では幼体(公式設定かは不明)として顔見せ程度に登場。
ゴジラ対ガイガン』(1972年公開)、『ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃』(2001年公開)で復活の機会があったが大人の都合でオミットされている。これ関連のイラストでは、白く神々しい個体になっている。

キャスト

魚崎健二 - 野村浩三
新庄由利子 - 園田あゆみ
杉本博士 - 千田是也
藤村博士 - 平田昭彦
馬島博士 - 村上冬樹
堀口元彦 - 松尾文人

スタッフ

監督 - 本多猪四郎(本編) / 円谷英二特撮
脚本 - 関沢新一
原作 - 黒沼健
製作 - 田中友幸
音楽 - 伊福部昭
撮影 - 小泉一(本編) / 荒木秀三郎(特撮) / 有川貞昌(特撮)
編集 - 平一二
配給 - 東宝

余談

  • 1954年に公開された『ゴジラ』の映像がいくつか流用されている。
  • ラドンのテーマ曲はバランのテーマ曲をアレンジしたもの。なお、バランのテーマは伊福部昭氏が1983年に発表した「SF交響ファンタジー」にも収録されている。


関連タグ

映画 邦画 怪獣映画
特撮 怪獣 東宝 東宝特撮

外部リンク

大怪獣バラン - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「大怪獣バラン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12027

コメント