ピクシブ百科事典

伊福部昭

いふくべあきら

日本の作曲家・音楽教育家。故人(1914~2006年)。
目次[非表示]

伊福部昭は、日本を代表する作曲家

ほぼ独学で音楽を学び、日本的・北方的なノスタルジアに満ちた民族的クラシック音楽を創出した。「ゴジラ」をはじめとする東宝特撮映画の楽曲を多数手がけたことで有名である。

概要

1914年5月31日北海道釧路町(現:釧路市)生まれ。

少年時代にアイヌの人々と接し、彼らの生活・文化に大きな影響を受けた。
また、伊福部家は神主の家系で老子を家学としていたので、彼も東洋的な素養を身に付けることになった。

北海道帝国大学で林業を学ぶかたわら、旺盛な作曲・演奏活動を行い、エリック・サティなど、当時の日本でほとんど取り上げられることのなかった作曲家の作品を国内初演した。

大学卒業後の1935年、『日本狂詩曲』がアレクサンドル・チェレプニン賞を受賞したことをきっかけに世界的に認められ、作曲家としてのキャリアをスタートさせた。
この際、日本の音楽関係者は日本の伝統音楽の影響が濃厚な本作に拒否反応を示したが、応募規程を満たしているのに落とす理由がないと楽譜は無事にパリに送られ、結果として日本の音楽を世界に知らしめることになった。

伊福部の作品は西洋風の和声を避け『こぶし』やリズムパターンの反復といった民謡演歌で好まれるような種類の手法を好んで使っている。こういった伊福部の作風は、何事も西洋風を至上とした国内の音楽業界からはかなりの抵抗感を持って迎えられた。

戦前・戦中は『日曜音楽家』であり、林務官として役所に勤務するかたわら管弦楽曲や協奏曲などの作曲に携わっていたが、戦後は病気で役所を辞めたことをきっかけに音楽に専念。
映画の楽曲も手掛けるようになった(第一回作品は、三船敏郎谷口千吉監督らのデビュー作でもある『銀嶺の果て』。音楽演出によるトラブルが元で、泥酔していた俳優小杉義男から怒鳴られ志村喬から慰められたという。だが伊福部にとっては、小杉の叱責は生涯忘れず成長の糧となった)。

特に、1954年に公開された『ゴジラ』は、同作の大ヒットもあり、伊福部の名を世間一般に広く知らしめることとなった。
その後も東宝特撮作品とは関係が深く、1996年の『ゴジラVSデストロイア』まで数多くの楽曲を世に送り出した。
1983年には東宝特撮で使用された楽曲をまとめたメドレー「SF交響ファンタジー」を発表している。また、特撮映画以外にも映画ドラマアニメ作品など数多くの作品で作曲を担当し、日本の音楽界をけん引し続けた。

2006年、多臓器不全のため東京都目黒区病院で死去。享年91。

伊福部の代表曲

上記のように、東宝特撮とは繋がりが深く、数々の名曲を作曲し続けた。
以下に、代表例を載せる。

ゴジラのテーマ


怪獣王ゴジラのテーマ曲にして、伊福部昭氏の作曲した楽曲の中では最も有名なものの1つ。
詳細はリンク先を参照。

防衛隊マーチ① (宇宙大戦争マーチ)

54年版『ゴジラ』にて、フリゲート艦がゴジラに爆雷攻撃を仕掛ける場面や、調査団が大戸島へ向けて出港するシーン、人類側がオキシジェンデストロイヤーを使用する準備をしている際に流れていた曲。

メロディの基は、戦時中の1943年大日本帝国海軍の依頼で製作した吹奏楽曲『古典風軍楽「吉志舞」』、1944年に大日本帝国陸軍の依頼で製作した管弦楽曲『兵士の序楽』である。

後に、『宇宙大戦争』の戦闘BGM「宇宙大戦争マーチ」として編曲され、さらに手直しされて『怪獣大戦争』のオープニング曲「怪獣大戦争マーチ」になった。


自衛隊マーチ② (L作戦マーチ)


初出は「フランケンシュタイン怪獣 サンダガイラ」だが、後にアレンジされたものが『ゴジラVSモスラ』や『ゴジラVSデストロイア』でも使用されている。また、同氏の発表した「SF交響ファンタジー」では第2楽章のトリを飾っている

後に、『ゴジラ FINAL WARS』のサントラにて、イギリスのキーボーディスト:キース・エマーソンにもよってもカバーされている(キースは大のゴジラファンでもあり、『ファイナルウォーズ』でも楽曲製作を手掛けている)。

余談

  • 酒豪でヘビースモーカー。毒舌家だったが洒脱な人柄で多くの人々に慕われていた。
  • その昔、映画の仕事で京都にいた時、ある小料理屋で飲んでたら途中からある男性が入って来た。「また貰い酒か」と言われながらも酒をおごり、飲み明かした。それから数年間、この名も知らない男性とたびたび会っては酒をおごらされたという。
    • 実は、この男性こそ当時公職追放されていた円谷英二監督であり、数年後『ゴジラ』の現場で再会した時に大変驚き、その時2人の素性を始めて知ったとか。
  • 2014年は伊福部昭の生誕100周年の節目の年であり、数々のイベントが企画されている。また2014年は、奇しくも自身が楽曲を手掛けたゴジラの生誕60周年の年とも重なっている。
  • 甥に工学者の伊福部達が、大甥に放送作家・脚本家ミュージシャン伊福部崇(アトミックモンキー所属)がいる。
    • このうち、達は緊急地震速報のチャイムを制作しているが、その音声の参考になったのが昭の作曲した『シンフォニア・タプカーラ』であった。
  • ゴジラシリーズでは伊福部昭が参加しない場合でも彼の音楽を使用する場合が多くあるが、逆に作曲家を評価し伊福部音楽を使わなかった作品もある。
  • 2014年版ゴジラのテーマを担当したアレクサンドル・デスプラも、ハリウッド版ゴジラの楽曲を作曲するにあたって、伊福部昭の手がけたゴジラのテーマ曲を大いに参考にしたと語っている。
  • 2016年公開の『シン・ゴジラ』では、伊福部昭氏の手がけた劇伴の幾つかが放映当時のままの音源で使用されている。特に、「宇宙大戦争マーチ」は人類がゴジラとの最終決戦に挑む場面でかなりインパクトのある使われ方をされているため印象に残ったという方も多いだろう。


関連動画

日本狂詩曲


SF交響ファンタジー(第1楽章)


関連項目

作曲家 東宝特撮 東宝怪獣 ゴジラ

pixivに投稿された作品 pixivで「伊福部昭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1904

コメント