ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ゴジラシリーズ第6作品。

前作「三大怪獣地球最大の決戦」にて初登場したキングギドラが引き続き登場。


また、当時のSF宇宙ブーム真っただ中ということもあり、物語全体がSF仕立てになっており、ゴジラは他の惑星で戦う(これは60年以上の歴史の中でも今作だけである)。


さらに、ゴジラが当時流行っていたシェーをするなど、その時代を反映した作品となっている。

ゴジラシリーズでおなじみの「地球侵略をもくろむ宇宙人が怪獣を操り襲来する」というシチュエーションの原点である。


あらすじ

木星の新たな衛星X星」を発見。

X星に探査チームが派遣され、そこでチームの富士一夫とグレンはX星人に出会う。X星はモンスターゼロ(キングギドラ)に攻撃され、X星人たちは地下での生活を強いられていた。X星人はガンの特効薬と引き換えに、ゴジララドンをギドラと戦わせるよう申し出た。


X星人の円盤によって二体はX星へ運ばれ、キングギドラとの戦いが始まる。しかし、X星人たちにはある陰謀があった。


スタッフ


出演者


余談

本作のオープニングおよびAサイクル光線車の活躍シーンで用いられる楽曲は後年「怪獣大戦争マーチ」と呼ばれ、平成ゴジラシリーズ以降は自衛隊の出動テーマとして多く用いられる。

大元は伊福部昭が1943年に手掛けた「古典風軍楽『吉志舞』」の一節で、東宝特撮映画には1954年の「初代ゴジラ」の巡視船しきねの出航シーンなどに用いられた通称「フリゲートマーチ」、1959年の「宇宙大戦争」の戦闘シーンに用いられた通称「宇宙大戦争マーチ」を経てこの曲に至っている。


また、本作からゴジラの着ぐるみが新調されている

新規で着ぐるみが造形されたのは、これ以前は「モスラ対ゴジラ」の、通称「モスゴジ」からで、前作「三大怪獣地球最大の決戦」では、モスゴジを改修したものを撮影に用いていた。

本作で新たに作られた着ぐるみは、モスゴジと似た造形になっている。しかし顔つき及び下半身にかけての皮膚の流れが、モスゴジと決定的に異なっている。

こちらも複数が製作された様子で、「南海の大決闘」まで使用された。

ウルトラマン」の「ジラース」に改造されたのも、この着ぐるみ(正確にはモスゴジの着ぐるみの身体に、この大戦争ゴジの着ぐるみの頭部を移植したもの)。


関連タグ

ゴジラシリーズ ゴジラ ラドン キングギドラ X星人

シェー SF 宇宙


ガス人間第一号』・『メカゴジラの逆襲』:本編上における「悲恋メロドラマ」の系譜作。


モスラ対ゴジラ/三大怪獣地球最大の決戦怪獣大戦争南海の大決闘

関連記事

親記事

昭和ゴジラ しょうわごじら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 517045

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました