ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

フルタイトルは『ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘』

当初はアメリカとの合作で『ロビンソンクルーソー作戦 キングコング対エビラ』という企画だったが、キングコングの版権を持っているアメリカ側がストーリーに難色を示したため、仕切り直しとして『キングコングの逆襲』を制作。没となったキングコング対エビラはキングコングをゴジラに差し替えてゴジラシリーズとして制作される事となった。

同時上映は『これが青春だ!』

登場怪獣

ゴジラ
エビラ
モスラ
大コンドル

ストーリー

南洋にマグロ漁に出かけたまま行方不明となっている兄の彌太を探す青年、良太は兄は生きているという恐山のイタコの預言を信じ、警視庁(?!)と新聞社を頼って東京に上京。
良太は優勝すればヨットがもらえる「耐久ラリーダンス大会」の存在を知り、その会場でギブアップしていた仁田と市野という二人の大学生と知り合う。
一同は太平洋横断ヨット「ヤーレン号」に無断で泊まり込み、オーナー(!?)の吉村とも知り合った。

翌朝、一同が目を覚ますとヨットは無謀にも良太が勝手に発進させていた。おまけにラジオで吉村がオーナーではなくパチンコ店・襲撃犯の金庫破りだったことまで知ってしまう。
仕方なく兄探しに付き合うことにした一同だったが、ヤーレン号は嵐に見舞われ、おまけに海の中から出てきた巨大なハサミに襲われ沈没。一同はレッチ島という島に漂着する。

そこは革命を主体にし軍事的にも強大である「世界征服を企む悪の秘密結社」的な謀略反乱組織「赤イ竹」の核兵器製造工場がある島で、インファント島の島民を奴隷として働かせている場所でもあった。逃げ出そうものなら、銃器でハチの巣になるか近海に住むエビラの餌食になってしまう。
そしてその島には、以前の戦いキングギドラを追い払ったゴジラが眠っているのだった…。

キャスト

  • 吉村:宝田明
  • 良太:渡辺徹
  • 市野:当銀長太郎
  • 仁田:砂塚秀夫
  • ダヨ:水野久美
  • 彌太:伊吹徹
  • 小美人:ペア・バンビ
  • 赤イ竹司令官:田崎潤
  • 竜尉:平田明彦
  • 水上艇船長:天本英世


スタッフ

監督:福田純(本編)/円谷英二(特撮)・有川貞昌(特撮補佐)
脚本:関沢新一
制作:田中友幸
音楽:佐藤勝
撮影:山田一夫(本編)/富岡素敬・真野田陽一(特撮)
編集:藤井良平
配給:東宝
公開:1966年12月17日
上映時間:87分
制作国:日本
言語:日本語

余談

  • 監督は前作までの本多猪四郎から変わって『電送人間』以来の福田純が担当。キングコングが主役の予定だった経緯や作曲が『ゴジラの逆襲』・『美女と液体人間』等を手掛けた佐藤勝に変わったこともあり、本多の手掛けた作品よりも軽妙で明るい作風となっている。
    • そのためか自作の『暗黒街』シリーズや『のら犬作戦』・『国際秘密警察 虎の牙』、一部キャストが重複(特に吉村役の宝田と、不参加ではあるがダヨ役の水野のキャラの要素)する『100発100中』のようなハードボイルドタッチもある東宝スパイ活劇の要素が強い。
    • 福田は本作以降『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』・『地球攻撃命令ゴジラ対ガイガン』・『ゴジラ対メガロ』・『ゴジラ対メカゴジラ』などを手掛け、本多と共に昭和ゴジラシリーズを中心とした東宝特撮路線を支えてゆくことになる。


  • 豊登道春の物真似があった『キングコング対ゴジラ』以降、ゴジラの仕草には時事ネタが盛り込まれるのが通例になっていたが、本作においては加山雄三による鼻をこする仕草をするシーンがある。
  • 本作のゴジラは水中戦を行うシーンがあり、『三大怪獣地球最大の決戦』のスーツをベースに潜水用の酸素ボンベを内蔵できるように改造されたスーツ(通称:南海ゴジ)で撮影が行われた。
    • 2018年末に開催された『特撮のDNA展』において本作で使われた南海ゴジの頭部が展示されており、非常に劣化した状態ではあるもののゴジラの着ぐるみが今もなお現存していることが確認されている。

関連タグ

ゴジラ ゴジラシリーズ 昭和ゴジラ モスラ エビラ 若大将

関連記事

親記事

昭和ゴジラ しょうわごじら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「南海の大決闘」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7286

コメント