ピクシブ百科事典

大コンドル

おおこんどる

大コンドルとはゴジラシリーズに登場する鳥型の怪獣である。
目次[非表示]

データ

別名:怪鳥
体長:20メートル
翼長:45メートル
体重:600トン
出身地:レッチ島


ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘

レッチ島に生息する巨大な怪獣。
休憩中だったゴジラに背後から突如襲い掛かる……が、ラドンなどと比べるとその実力は雲泥の差であり、ゴジラを多少突っついただけで、放射火炎で一撃で倒された
2〜3メートルの小型怪獣を除けば、ゴジラシリーズ最弱候補の怪獣である。

ともあれ、体格差が激しいのにも関わらずゴジラに臆することなく襲いかかった気性の荒さは腐っても怪獣と言ったところ。
またアッサリとしたやられ方ではあるが、噛みついてゴジラに悲鳴を上げさせてもいる。
後に出てきてゴジラを怯ませる事もできなかった赤イ竹戦闘機よりかは善戦してるのは間違いないだろう。
因みに飛行能力はマッハ1の速度で急降下できる程度は持ち合わせている。

実はゴジラが初めて放射火炎で倒した怪獣である。これより前にもアンギラスを火葬したり、モスラ成虫に大ダメージを与えたりしていたが、熱線が直接の死因となったのは大コンドルが初である。

オール怪獣大進撃にライブフィルムで出演した際は大ワシと呼ばれていた。大コンドルという名前が映画に出たことは一回もない。

GODZILLA(アニメ映画)

小説『プロジェクト・メカゴジラ』に登場。北アフリカに棲息しており、やはりそれほど強い怪獣ではなく、当時の航空戦力でも簡単に駆逐できていたらしいが、ゴジラ誘導作戦の「オペレーション・ロングマーチ」においてはホバーバイクだけで作戦に参加した兵士たちを襲撃し、この時は一方的な戦闘になったため多くの犠牲を出したことが語られている。

余談

モデルは『キング・コング』に登場したプテラノドンで、鳴き声は『キングコング対ゴジラ』に登場したファロ島大トカゲの流用である。
造形物は、『三大怪獣 地球最大の決戦』で作られた飛行用のラドンの1尺サイズミニチュアの改造。このミニチュアはゴジラと同時に円谷特技プロに貸し出され、テレビ番組『ウルトラQ』の第1話「ゴメスを倒せ!」に登場する怪鳥「リトラ」に改造されており、返却後に本作用に再改造された。改造はすべて東宝特美スタッフによる。


関連項目

エビラ コンドル ラドン

pixivに投稿された作品 pixivで「大コンドル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2468

コメント