ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 重さの単位のひとつで主に新約聖書で用いられている。詳しくはこちらを参照。
  2. 前照灯のリトラクタブル・ヘッドライの自動車愛好家の間での略称で、リトラクタブル・ヘッドランプ、リトラクタブルとも。
  3. リトルトーキョーライフ』の略称。


概要

ゴメス対リトラ


別名「原始怪鳥」
学名リトラリア
出身地金峰山・洞仙寺近くの洞窟
身長/翼長身長5m/10mから15m
体重体重1万t(蛹の状態は直径1メートル程度、作業員7人で運べる重量)


鳥に似た姿をした古代生物。強力な酸「シトロネラアシッド」を口から吐くが、使用するとリトラ自身も死亡してしまう(この理由については「酸を吐くことで自らの呼吸器系まで溶け呼吸ができなくなる」とされている)。
の中で成長・誕生するため生まれた直後から飛翔し戦闘行動を行える。その飛行速度はマッハ2。
「ウルトラマンOFFCIAL_DATA_FILE」によればトサカは耳の役割を果たし、怪獣の鳴き声をキャッチする役割があるらしい。
ゴメスと共に現代に復活し、命と引き換えにゴメスを倒した。
また、ゴメスが哺乳類と爬虫類の中間生物であるのに対し、こちらは鳥類と爬虫類の中間生物となっている。

また、金峰寺にゴメスとの戦いを記した古文書が保管され、本殿に鳳凰のような彫刻が残っている事から、過去にも出現してゴメスと戦っていた神獣のような存在だった事が窺える。もしかしたらその古文書がいわゆる太平風土記のようなものだったという可能性も否めないが。


大怪獣バトルのリトラ

原始怪鳥 リトラ (S)


別名「原始怪鳥」
出身地惑星ボリス
身長身長15m
体重体重1万t

以前の個体よりも巨大(それでも他の怪獣と比べたらかなり小柄)で「リトラ(S)」とも呼ばれる。

「シトロネラアシッド」でジュランを倒し、死に掛けていたところをレイのバトルナイザーに呼応し使役怪獣となった。このため、レイの手持ち怪獣の中ではゴモラに次ぐ古株である。(ジュランとリトラは共にウルトラQの第1話に登場する怪獣という共通点がある。ジュランは制作No.としての1話、リトラは放送第1話の怪獣である。)

新たに口から炎を吐く「ファイヤーアタック」を見せた他、自身よりはるかに大きいツインテールを持ち上げられるほどの怪力を誇る。また全身から炎を発生させる「ファイヤーリトラ」という形態に変身することも出来る。得意技は高速で的に突撃する「エアリアル・スパイク」
ただし、ウルトラ怪獣バトルブリーダーズではシトロネラアシッドが必殺技となっている。

実力は高いが、体格差が災いしてか強敵相手では叩き落されてしまうことが多かった。そのため、正面から戦わずにゴモラのサポートに回る事も多かった。むしろその小ささと機動力がキングジョーブラック軍団を翻弄する事も。
他にも、レイの移動手段として利用されることもあった。

なお、旧作とは鳴き声が全く異なる他、総天然色版は羽毛が緑や金色などで構成されていたのに対し、こちらは全身グレーで冠羽が赤いのが特徴。

ファイヤーリトラ

原始怪鳥 ファイヤーリトラ


『ウルトラギャラクシー大怪獣バトル』第4話「ベムスター参上!」から登場するレイのパートナー怪獣の一体であるリトラ(S)の最強攻撃形態。

全身が高温の為に赤く染まった火の鳥の様な姿をしている為にこう呼ばれている。
高速で敵に近付き、全身に纏った燃え上がる炎を巨大な火の鳥の形状に変えて敵に叩きつけ、焼き尽くす『ファイヤーストライク』が必殺技。

ちなみに名称こそついているが、『ファイヤーストライク』の予備動作の為の形態らしく、『ファイヤーストライク』を放つ直前の一瞬にしか観れない姿の為、全く別の生き物になってしまっているという訳ではない(どちらかと言えばゴモラ(レイオニックバースト)に近い存在かもしれない)。
恐らく元ネタはファイヤーラドン
ゲーム版では当初、スーパーコンボカード限定キャラクターだったが、NEO稼働以降は怪獣カードで登場している。


大怪獣バトルウルトラコロシアム

惑星モーン・スターにある町「アストラン」に辿り着いた主人公に突然襲いかかって来た野生の怪獣として登場。
原作同様に本来は人間に友好的な怪獣であり、主人公に敗れて大人しくなった。バトルナイザーの解析によれば、謎の力で正気を失って暴れていたようだ。
その正体はレイのリトラと同一個体であり、主人公を助ける為に派遣されたのだった。いわゆるNEOでのミクラスポジションに相当する。

ウルトラマンオーブ

惑星侵略連合の所持する怪獣カードの1枚として登場。
カードの属性
描かれているリトラのカラーリングは、大怪獣バトルシリーズのようなグレーのボディに赤いトサカではなく、総天然色ウルトラQに準じた色鮮やかなカラーリングとなっている。
ちなみに怪獣カードは超全集の解説によれば怪獣の怨念が込められているとの事。あの友好的なリトラの怨念を込めたカードを生成するなんて一体ヤツらは何をやらかしたんだ。

ウルトラマンZ

第22話に登場したナカシマ・ヨウコの履歴書に名前のみ登場。
ヨウコがセブンガーに搭乗して対応した初めての怪獣だったらしく、セブンガーによって撃破されたと記載されている。
比較的友好的な怪獣ではあるのだが、現代の環境の変化に戸惑い、騒ぎを起こしたと推測される。また、撃破と書かれてはいるが「シトロネラアシッド」で自滅した可能性もある。

余談

『Q』の操演人形はラドンの改造で、デザインは東宝の美術出身である井上泰幸氏。その後、東宝に返却され大コンドルに再改造された。

ウルトラマンコスモス』にサブレギュラー並の頻度で登場する怪獣リドリアスはリトラをモデルに生み出された怪獣であり、名前や(オリジナルのリトラは半ば結果的とはいえ)人間に友好的な面などにそのイメージが伝承されている。


現在の所レイが使用する怪獣の中で唯一擬人化されていない

センシティブな作品



体格や体重、怪獣としての分類など数多くの矛盾が空想科学読本で指摘されている。

大怪獣バトルのリトラの配色は、オリジナルがラドンの流用であったという証言を基に、アースカラーで設定された。

ファイヤーリトラのデザイン案ではオリジナルに部分的に炎の要素を加えたものや、全体的に炎の意匠を加えたものなどがあった。また、決定稿での名称は「バーニングリトラ」。

関連記事

ウルトラQ 一話怪獣(ウルトラシリーズ) 古代怪獣ゴメス ウルトラギャラクシー大怪獣バトル ラルゲユウス
レイ(ウルトラギャラクシー)/レイモン(ウルトラギャラクシー)

関連記事

親記事

ウルトラQ うるとらきゅー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リトラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83717

コメント