ピクシブ百科事典

古代怪獣ゴメス

こだいかいじゅうごめす

古代怪獣ゴメスとは、ウルトラシリーズに登場する怪獣である
目次[非表示]

データ

身長10~40m
体重3万~4万t


『Q』に登場した個体は10mと怪獣としてはそこまで大柄な部類ではなかったが、平成シリーズで登場する個体は、(ウルトラ戦士や他のウルトラ怪獣との兼ね合いもあってか)身長40メートル、体重4万トンに巨大化しており、『ゴメス(S)』とも呼ばれる(Sはスペシャルの略称)。

ゴメス(S)については、当初は巨大化した特殊な個体ではないかという説もあったが、以降登場する個体が後述する『ウルトラマンZ』まですべてこの身長・体重の設定に準じたサイズで登場していることから、こちらのサイズが通常で、『Q』に登場したのは成長途上の若い個体だったのではないかという見方もある(『Z』の個体の設定もこれを裏付けるもの、ととることができるかもしれない)。

概容

ゴメスを倒せ!


ウルトラQ』第1話「ゴメスを倒せ!」にて初登場した怪獣で、記念すべきウルトラシリーズの怪獣第1号である
学名「ゴメテウス」、略してゴメス。身長10メートル、体重3万トン。映像ではどう見てもそんなに小さくないし、太りすぎだ(仮に現在基準での身長の対比をそのまま適用した場合『Q』の個体の体重は1万トン、体積の関係まで考慮する625tとなる)。

ゴメス対リトラ


一見爬虫類のように見えるが、巨大な原始哺乳類である(『ウルトラマンZ』では新生代第三紀に生息していたという設定が追加された)。食性は肉食であり、非常に獰猛な性質。弱点は「シトロネラアシッド」という特殊物質。

地底で冬眠状態になっていたが高速道路工事の影響で目覚め暴れだし、駆け付けたリトラを相手に強力な尻尾の一撃などで激しく応戦するも、最後はリトラの放ったシトロネラアシッドを浴び死亡した。

なお、スーツはゴジラ(厳密に言えば『モスラ対ゴジラ』のもの、通称:モスゴジ)を改造したものである。
この着ぐるみは撮影終了後に『怪獣大戦争』のゴジラの頭部に差し替えられてイベントで展示されたあとに『ウルトラマン』に登場するジラースへと再改造されている。

第18話「虹の卵」のシナリオ第一稿と第二稿ではゴメスが再登場する予定だったが、撮影時には着ぐるみがすでに東宝でゴジラに戻されていたため、第三稿(決定稿)より新怪獣パゴスに変更された。

その後の登場

『ウルトラQ』を最後に長い間登場していなかったが、『大怪獣バトル』シリーズ以降、活躍の機会に恵まれるようになる。ウルトラ戦士との対決も実現した。

なお、『大怪獣バトル』以降のスーツは、ゴジラのスーツの改造ではなく新造されたもの。
ゴジラの改造であるということを活かした(?)小ネタを持たされて登場することも多い。

実はウルトラマンフェスティバル2000の時点でスーツが登場し、ニセウルトラセブンと共に暴れ回っていたりするのはあまり知られていない。

ウルトラギャラクシー大怪獣バトル

『NEO』第1話に登場。

ガッツ星人レイオニクスが操る怪獣で、不時着したZAPのゴースタードラゴンを襲撃した。
その後現れたマグラーレイゴモラと戦い途中で離脱する。

続く第2話で再びレイを襲うが、宿敵であるリトラとゴモラのコンビプレーの前に敗れる。

テレビ本編への登場は、『ウルトラQ』第1話以来、実に42年ぶりであり、カラー作品への登場もこれが初となる。

大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THE MOVIE

ウルトラマンベリアルによって、ギガバトルナイザーで召還されたベリアル軍団の1体。
主に初代ウルトラマンと戦ったが、ベリアルの攻撃に巻き込まれてバルタン星人共々爆死する。

ウルトラ戦士との競演はこれが初である。

ウルトラマンサーガ

バット星人配下の怪獣でグビラと共に現れた。

ウルトラマンコスモスウルトラマンゼロと戦い、コスモスのフルムーンレクトでグビラ共々鎮静化されるも、最後はバット星人に役立たずとして処刑されてしまった。

ちなみに本作においては地中から出現するが、これは改造元であるモスゴジが倉田浜干拓地の地中から現れる登場シーンをオマージュしたもの。
また、処刑されてしまったのもゴメスをオマージュして作られたゴルメデの初代がカオスヘッダーに殺害されたことの再現と言える

ウルトラマンX

古代怪獣 ゴメス(X版)


第15話「戦士の背中」に登場。

富山県の山中に突如出現した後、地中を移動して関東地方に接近、そのまま市街地に出現してエックスと交戦する。頑丈な体表と凄まじい怪力でエックスを苦しめ、「力勝負じゃ敵わない」と言わしめるほどの実力を見せるが、ベムスターアーマーの攻撃で怯んで一度はその場から撤退する。その後は地中に身を潜めていたが、しばらくしてダークサンダーエナジーを浴びた影響で再び出現。
ダークサンダーエナジーを浴びたことで戦闘力が大幅にパワーアップしており、口から放つ破壊光線や全身から放つ衝撃波でエックスを圧倒。途中で神木隊長が操るサイバーゴモラが加勢してなお互角以上に渡り合ったが、最後はエクシードXのエクシードエクスラッシュで闇の力を取り除かれて元の姿に戻され、サイバーゴモラのサイバー超振動波とエックスのザナディウム光線を立て続けに浴びてスパークドールズへと変換された。

監督を務めた田口清隆氏によると、「ゴメスって、実を言うとそんなに強い印象のない怪獣なのかもしれないですけど、今回は、放送日も含めてあの怪獣を意識して、本格的にめちゃくちゃ強いゴメスっていうのをやってみました」とのこと。実際、初代ゴジラの足音をそのまま流用していたり、エナジーを浴びた際の鳴き声が若干ゴジラに近いものになっていたり(厳密にはジラースのものを混ぜている)、背ビレを発光させて口から破壊光線を吐いたり平成版の必殺技である体内放射とよく似た技を披露したりと、随所にゴジラに対するオマージュが見られた。
他にも、神木隊長の娘:裕美の結婚相手の名前が54年版『ゴジラ』の登場人物から拝借された尾形大助となっているなど、他の要素でもゴジラへのオマージュがなされているなど東宝から怒られないか心配になってくるほどオマージュ満載になっている。

なお、テレビ本編において、ゴメスが単独で登場したのはウルトラシリーズの放送開始以来、これが初。また、市街地に出現したのも今回が初である。

脚本では世界中を移動しているという展開だったが、ゴメスでは海溝を潜れないだろうという意見により日本国内に留まった。

ウルトラマンオーブ

第24話「逆襲の超大魔王獣」に登場。
テレスドンデマーガと共に夕暮れの繁華街に出現。
ハリケーンスラッシュに変身したオーブと一戦交えると思った矢先に突如倒れてしまう。どうやら生気を吸われて死んでしまったようであるが…
着ぐるみは前作までに使われたものの流用だと思われる。

ウルトラマンR/B

第10話「湊家の休日」に登場。
愛染マコトに召喚されたと思われる個体が冒頭に登場。
ロッソブルと交戦するが、最後はブルグランドのアースブリンガーとロッソウインドスペリオン光線を連続で受けて倒された。

ウルトラマンZ

第1話「ご唱和ください、我の名を」の冒頭に登場。
市街地で暴れていたが、到着したストレイジの特空機1号・セブンガーと交戦、鎮圧された(生死は不明)。
体長は20メートル級(公式サイトによれば18m、体重は3万5千t)と、『Q』以来の「S」でない個体と思われる。

セブンガー戦のロケは調布駅前で行われており、「ビックカメラ京王調布店」が大映りしている。あろうことかビックカメラ公式Twitterが「通常営業しています」というツイートを発する事態となった。田口監督も怒られないか心配していたようで、恐る恐る来店したところなんと特設コーナーが設けられていたため驚いたという7月10日には遂に特製POPも設置された

ゲーム

スマートフォン用ゲームアプリウルトラ怪獣バトルブリーダーズにプレイヤーキャラクターとして参戦
沢山のユーザーがゴメスSの予想が多かったのだがまさかの初代の10mの大きさであり予想外のレジェンドだった!?
原点のウルトラ怪獣なのか特別にレジェンド採用だと考えられる。
スキルはバトル開始時移動力が0だがバトル中1回のみスキルボタンで移動力が戻り敵の「怪獣」の分類の与えるダメージが300
スキルボタンを押すのが遅い程1~2ターンの間のみメンバーの怪獣の攻撃大UP3~4ターンの間のみメンバーの怪獣の攻撃超UP5ターンの間のみメンバーの怪獣の攻撃ウルトラUP分類の「怪獣」のバフを持つサポート型
難点は10mで小さいのかレジェンドのワーストクラスでステータスが小さい

ウルトラマンF

某国の科学者インペイシャント博士が、ジラースと同じく初代ゴメスの骨格を人工細胞と金属材料で覆い、原子力モーターを動力源にしたサイボーグ怪獣レプリカゴメスが登場。巨人兵士の実験台として投入され、戦闘の末に破壊された。

余談

ゴジラの改造案デザインは東宝の美術出身である井上泰幸氏。

関連記事

ウルトラQ 大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 ウルトラマンサーガ ウルトラマンX ウルトラマンオーブ ウルトラマンR/B
ウルトラ怪獣 リトラ 一話怪獣(ウルトラシリーズ)

ゴルザゴルメデ:ゴメスのオマージュ怪獣

ゴジラ

ジラース:『X』ではダークサンダーエナジーを浴びたゴメスの鳴き声がジラース化しており、近縁種なのかもしれない。

ゴジラ対ウルトラマン

関連記事

親記事

ウルトラQ うるとらきゅー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「古代怪獣ゴメス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 26811

コメント