ピクシブ百科事典

ゴジラ飛行

ごじらひこう

『ゴジラ対ヘドラ』で登場したゴジラの技(公式名称無し)。
目次[非表示]

概要

ゴジラ対ヘドラ』にてゴジラ(2代目)が使用した驚くべき戦法。
元々ゴジラはモスララドンキングギドラなど様々な飛行怪獣と戦ってきたが、それらを見て学習したのか、ヘドラとの戦いでなんとを飛んだのである。

ヘドラを追え!


ヘドラは体を変形させ、空を飛ぶ怪獣であった。逃げようとするヘドラを見て、やおらゴジラは自分の尻尾の先を掴み、ナナメ下に向かって放射熱線を吐く。すると徐々にゴジラの身体が浮き上がり、その放射能火炎の反動でロケットのように飛んでいったのである。そしてヘドラに追いすがると、背びれで体当たり。かくしてヘドラは地面に叩き付けられ、ゴジラは着地し戦いを始めた。

この恐るべきシーンはゴジラ史上最もインパクトが強いと言われた『対ヘドラ』内でも異彩を放つ演出であり、公開当時、既に賛否両論であった。当然ながら同作プロデューサーの田中友幸は大反対したのだが、途中で田中が体調不良により降板した合間を縫って撮影されたという逸話がある。公開した後は田中は大激怒したそうだが、アメリカでは意外にも好評だったらしい。

流石にこのシリーズの後、ゴジラが飛んだことは無かった。当たり前である。ゴジばんではゴジラあんちゃんが似たような光景を想像し、「無理無理ww」「そのくらいで飛べてたら火を噴くたびにあっち行ったりこっち行ったりしてるしww」と爆笑していた

ただし、体細胞から生まれたスペースゴジラには飛行形態があるほか(無けりゃ地球に来ていない)、シン・ゴジラはあのまま進化を続けていれば羽根を生やして飛行していたかもしれないという設定である。
またちびゴジラもやったことがある(尻尾が短すぎて届かなかった)が、出力不足ですぐに落ちてしまった。

ゴジラ飛行


なおPS3版では「バックタックル」としてヘドラに行った体当たりが採用されている。

余談

この描写は『トリビアの泉』でも紹介された。

空想科学読本』でも検証されたことがあるのだが、当然ながら「この方法で飛ぶと間違いなく円運動を起こし、そのまま地獄車のように回っていく」「腹這いになって空に尻尾を向け地面目掛けて火炎を吐いた方が効率がいい」と言われている。

既視感


また、2021年のスーパー戦隊機界戦隊ゼンカイジャー』でも、ジュランティラノが同様の技を披露している。そもそも恐竜は火を噴かんわ

関連イラスト

飛べ飛べぼくらのゴジラ



関連項目

ゴジラ 飛行 作用反作用の法則

関連記事

親記事

ゴジラ対ヘドラ ごじらたいへどら

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴジラ飛行」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 274

コメント