ピクシブ百科事典

ゴジばん

ごじばん

『ゴジばん』とは、ゴジラシリーズを題材にしたネット配信の人形劇番組。
目次[非表示]

概要

正式名称は『怪獣人形劇 ゴジばん
ウルトラシリーズを題材にした人形劇「ウルトラマンM730ウルトラマンランド」で知られる『人形劇団こがねむし』が制作する東宝公式の人形劇番組。
ネット配信番組ではあるが、『ゴジラTV』以来のゴジラを題材にしたレギュラー番組である。

東宝株式会社とAlphaBoat合同会社が共同運営するプロジェクト「GEMSTONE」の第一回目テーマ:「ゴジラ」に応募されたパイロット版が入賞したことがきっかけとなり、2019年8月9日からGodzilla Channel ゴジラ(東宝特撮)チャンネルで配信が開始された。
以降、毎週金曜17:00に最新話が配信される。

また、徳間書店のWebサイト・アニメージュプラスでは本作の怪獣たちが登場する4コマ漫画「ゴジ漫」が連載されている。こちらは毎週木曜更新。

内容

現在、以下の3つのコーナーが存在する。
基本的には1本の動画に『Go!Go!ゴジラくん』or『かまってゴジラ』+『ヘドじい』の2コーナーが含まれる形で配信されているが、時折1本の動画に3つすべてのコーナーが含まれる場合もある。さらに追加で『ジェットジャガーに訊け!』と『もしモス』も配信される事になる。

Go!Go!ゴジラくん

ゴジラくんミニラリトルのゴジラ三兄弟が立派な怪獣になる為に特訓(例:放射火炎の練習)する光景を描いた人形劇。
8週目から怪獣達による童話人形劇『ゴジばん昔ばなし』も(おそらく不定期に)配信される事になる。
子供向け作品だが「吹き出しで会話」、「尾を引きずりながら水平移動でドロップキック」などのゴジラシリーズに関する小ネタが披露される事もある。
仕舞いには会社的に名前を言ってはいけない怪獣ネタも披露している。
また、動画のコメント欄に寄せられるリクエストに積極的に応える(更にそのコメントを本編中でリトルが紹介する)のも特徴の一つ。

登場怪獣

ゴジラくん
ゴジラ三兄弟の長男。弟のミニラ、リトルと共に立派なゴジラになるべく特訓をしている。
いつも元気いっぱいで、放射火炎やドロップキックなども立派にこなす。

ミニラ
ゴジラくんの弟。リトルとどちらが年上なのかは今のところ謎。
ゴジラくんやリトルに比べると怪獣としてはまだまだ未熟だが、失敗にめげないマイペースな性格。

リトル
ゴジラくんの弟。ミニラとどちらが年上なのかは今のところ謎。
ゴジラくんのことを「ゴジラあんちゃん」と慕う。
容姿・口調共に幼げだが、なぜか慣性の法則を知っているなど妙に博識な一面もある。
ゴジラくんほどではないが怪獣としての実力は確かで、特訓もそつなくこなす。

モスラ
#2で初登場したモスラの幼虫。幼いからか言葉を発することはなく、もっぱら「もしゅもしゅ」と鳴く。
ゴジラ三兄弟が手こずる特訓をあっさりやってのける、かけっこ大会で誰よりも早く駆け抜ける(あまりの速さに、その姿はゴジラくんたちには視認できなかった)など、見かけとは裏腹に本作における最強怪獣として活躍する。

アンギラス
♯3で初登場したゴジラくんの親友。ゴジラくんとは心が通じ合っているため、言葉がなくても(吹き出しで)会話できる。

バラゴン
♯5で初登場した地底怪獣。アンギラスともども、足の速さと体力に定評がある。

ヘドじい

荒野らしき場所をあてもなく歩くヘドちの質問に先を歩くヘドじいが渋く答えるミニ人形劇。
含蓄のあるヘドじいの言葉は必聴。また、ヘドちの決まり文句「なるヘドロ!」が癖になるとか、ならないとか。さらに日本の名所を訪れては視聴者の質問に答える『ヘドじい漫遊記』が(不定期で)配信される事になる(一回目は某空の大怪獣に深い関りがある熊本県の阿蘇)。
全コーナーでは唯一毎週配信されているコーナーである。

かまってゴジラ

現代社会(時には異世界?)で心に傷を負った人間の前に小動物サイズの蒲田くんカマッテくんが現れ、最初は邪見に扱われながらも次第に心を通い合わす新感覚の実写ドラマ。

ジェットジャガーに訊け!

ロボロボ博士が自身が発明した意思を持つロボットジェットジャガーの性能をお披露目するが何かとミスするギャグ作品であり現時点では唯一のアニメ。
ジェットジャガー以外にもゴジラメガロも登場する。

もしモス

赤い目と青い目のモスラ幼虫の双子が糸電話で「もしゅもしゅ」と会話するコーナー。
このコーナーでバトラ幼虫が初登場する。(このバトラ幼虫も幼いため「ばとばと」と鳴く。)

パイロット版



本編

Go!Go!ゴジラくん


かまってゴジラ



関連タグ

ゴジラ ゴジラシリーズ 人形劇

ゴジラアイランド:ゴジラを題材とした人形劇番組としては本作の先輩に該当する番組。ただし、使用されているのは市販のソフビ人形である。

関連記事

親記事

ゴジラシリーズ ごじらしりーず

兄弟記事

コメント