ピクシブ百科事典

ジェットジャガー

じぇっとじゃがーとぱんちぱんちぱんち

ジェットジャガーとは、東宝特撮映画『ゴジラ』シリーズに登場したロボットである。ここでは彼(?)をモデルとした別作品における機体に関しても記載する。
目次[非表示]
ジェットジャガー


そのときふしぎなことがおこった

概要

ジェットジャガー 【ニコニコ動画用イラスト】


別称超電子ロボット
全高1.8m戦闘時50m
重量150kg戦闘時2万5千t
飛行速度マッハ3.5

 『ゴジラ対メガロ』に登場した人型ロボット。
 銀色のボディにトリコロールカラーという、いかにも正義のヒーローといった風貌をしている。ただ、顔が若干厳めしい。
 ……って、だれだ某宇宙ヒーローパクリ』なんて言ったのは?!

登場

 超電子の研究者である青年科学者・伊吹吾朗によって生み出された人工知能を持ったロボットととして登場した。
 性能としては、「人に会ったらお辞儀をする」「人の言葉に妥当な反応を示す」といった簡単な命令を処理できる程度のものであった。また良心回路と呼ばれる正しい心を認識する装置も搭載されている。元々は人間サイズで、日常生活をサポートするために開発されていたため、武装といえるものは一切搭載されていない
 物語では王国の復活を目論むシートピア人によって強奪され、メガロの眠る地への水先案内人にされてしまうが、伊吹たちによって奪還される。そして帰還後に、迫りくるメガロとガイガンを前に良心回路による奇跡なのか、突如として巨大化し、メガロとガイガンを相手に勇敢な戦いぶりを見せる。
 最初こそ2対1で押されていたものの、ゴジラが救援に来たことで形勢が逆転し、見事メガロとガイガンの撃退を果たした。
 戦いが終わると元の大きさに戻り、その機能も元の平和的なものに戻った。それどころか、自らの意思で巨大化能力をデリートしてしまった。強い力は失ったが、優しい心は以前よりも大きくなったのかもしれない。

戦闘能力

 武装がないため、もっぱら肉弾戦で立ち向かう。
 公式ファンブックなどによると、その武器は「目から発光する強力な目潰しとチョップ」らしい。
 また飛行能力にも目覚め、ゴジラを担いで飛べるほどの推進力を誇る。
 設定上では液体窒素を口から噴霧できるらしいが、使われることはなかった。
 もし使用されていたならば、どこぞのくろがねの城がちらつくのは火を見るより明らかであろう。

巨大化の理由

 巨大化の原因についは不明……。大きさの概念を捨てるんだ
 公式でもまったく説明がなく、さらに怪獣図鑑などにも細かい記述は一切なされておらず、本当に『奇跡が起こった』という取って付けたような説明しかできない、史上稀にみる怪獣図鑑泣かせなヤツである…。

余談

 基になったのは一般公募により選ばれた「レッド・アローン」という怪獣。胴体部分等のデザインにその名残がある。『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するジェットアローンはこれが元ネタである。

 アニメ『クレヨンしんちゃん』のゴジラとの共演回「しんのすけ対シン・ゴジラだゾ」ではボー博士が開発した巨大化アイテムオヤジジェンオオキクナルヤーで巨大化した際このジェットジャガーがゴジラを呼びに行ったときと同じポーズで巨大化した。

派生作品

刺す


 『ゴジラアイランド』ではメカゴジラモゲラと共にGガードの武装として登場したが、第1話でX星人の母艦に3体纏めて一瞬で撃墜された。量産化されており、白いメディカルジェットジャガーや赤い消防ジェットジャガーが登場している。

 PS3ソフトでは人類側の防衛機として登場する。ゴジラをやっつけるために出撃するが、返り討ちにされると爆発・撃墜されることはなく、ゴジラと握手をする。

38式起動戦闘服ジャガーJ

 アニメ映画版ゴジラの前日譚となる小説『怪獣黙示録』で、異星人ビルサルドの技術を応用して作られた軍用パワードスーツ
 人間とさして大きさも変わらないが、小回りが利くため地底戦車モゲラの操縦(脱出時の安全カプセルを兼ねる)などして大量生産された。怪獣相手にはそれなりの戦績を見せたが、ゴジラには何の相手にもならず、続編『プロジェクト・メカゴジラ』では損傷したジャガーJを修復するために半壊した機体から使えそうな部位をツギハギするという共食いに陥り、しまいには使える機体が無くなって全て廃棄されてしまった。

関連イラスト

Mark.0 J.J



関連タグ

怪獣 ロボット怪獣 どや顔
ゴジラ メガロ ガイガン

pixivに投稿された作品 pixivで「ジェットジャガー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 273152

コメント