ピクシブ百科事典

メガロ

めがろ

東宝特撮映画『ゴジラ』シリーズに登場するキャラクター(怪獣)。昆虫怪獣。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 東宝特撮映画『ゴジラ』シリーズに登場するキャラクター(怪獣)。本項目に記載。
  2. セガのアーケード用大型プロジェクタ筐体の俗称。


『ゴジラ』シリーズ

メガロ(Megalon)はカブトムシのような姿が特徴的な怪獣。(ただし、カブトムシ以外の虫の特徴も取り入れられている)
両手を合わせたドリル、口からのナパーム、角からの光線を武器とする。
ゴジラ映画第13作『ゴジラ対メガロ』にて初登場した。

プロフィール

  • 別名:昆虫怪獣
  • 身長:55m
  • 体重:4万4千t
  • 飛行速度:マッハ3
  • 地中速度:マッハ2
  • 水中速度:マッハ4


ゴジラ対メガロ

地上人の環境汚染に怒る、海底王国シートピアが刺客として差し向けた怪獣。

人類の地下核実験によってシートピアの北地区が壊滅する被害を受けたため尖兵として送り込まれると、伊吹五郎から奪ったジェットジャガーと共に破壊活動を行うが、ジェットジャガーが奪い返されたため一時的に暴走。

自我を持って巨大化したジェットジャガーとの対決では形勢不利になったが、助っ人としてやってきたガイガンと共に追い詰める。
しかしゴジラが乱入したことによってタッグマッチ戦となったが激闘の末敗退。地底へ逃走した。

巨大化したジェットジャガーを見て驚く、尻を叩いてゴジラを挑発するなどコミカルなところも見せた。

メガロマンはおなじ東宝だが別にこれが変身したものではない。

ゴジラアイランド

本作ではX星人が操る怪獣として登場する。
最初はバトラとタッグを組み、モスララドンメカゴジラモゲラと空中戦を展開。
ゴジラジュニアをマタンゴ島に誘拐するが、最終的にはモゲラに倒され怪獣刑務所に入れられた。
しかし後に脱獄し、デストロイアの子分となり以後共に行動することが多くなった。

怪獣黙示録 / プロジェクト・メカゴジラ

2012年とその十年後の2022年の合計2回(共にアフリカ大陸)出現し、一度目の2012年にはアフリカ西海岸から出現してはアフリカ大陸を横断しながら無数の小国を壊滅させては海に消え、その一度目の出現による破壊活動とその期間は不明だが直接の被害だけで約2000万人の死傷者を出し、その上多くの難民が出る事になり、さらに2度目の2022年ではアフリカ最大の経済大国である南アフリカ共和国を襲撃しては壊滅させ、これにより人類がアフリカ大陸から撤退を余儀される事になるなど記録上では人類にとって最大最悪の脅威の次に多くの人命を奪い、人類が都市どころか初めて大陸を事実上失うという事態を引き起こした怪獣として登場する。

その後はインドおよびパキスタンを壊滅させ、フィリピンを通過してとうとう日本の沖縄に侵攻、しかし、突如現れた守り神と交戦に入り、結果的に相討ちとなった。

関連イラスト

メガロ
メガロ 【ニコニコ動画用イラスト】
センシティブな作品



関連タグ

ガイガン ジェットジャガー ゴジラ怪獣 昆虫怪獣

サタンビートル:同じくカブトムシ型の怪獣。

関連記事

親記事

ゴジラ対メガロ ごじらたいめがろ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メガロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 232030

コメント