ピクシブ百科事典

メカゴジラ

めかごじら

怪獣の王:ゴジラを模して作られたロボット怪獣。ゴジラシリーズに登場する怪獣の中でもモスラ、キングギドラなどに匹敵する人気を誇っている。
目次[非表示]

メカゴジラとは

読んで字のごとく怪獣ゴジラを模して建造された機械怪獣。

登場自体は2代目ゴジラシリーズ終盤からだが、そのインパクト、格好良さから歴代ゴジラシリーズでは何度もゴジラと戦った名ライバルキャラクターである。

一方、シリーズの中断・休止に何かと縁があり、登場するのは大体シリーズ末期という、ちょっと皮肉な立ち位置にいる怪獣でもある(特に機龍二部作に登場するメカゴジラ「機龍」の題材の起用理由の一つとしてメカゴジラがシリーズを締めくくる存在であるためでもあったという)。

昭和

「ゴジラ対メカゴジラ」/ 「メカゴジラの逆襲」

メカゴジラ(ゴジラ対メカゴジラ)

メカゴジラ1974 【ニコニコ動画用イラスト】
バトルスピリッツ・怪獣王ノ咆哮


身長50m
体重40000t(ゴジラの2倍)

ゴジラ対メカゴジラ』にて初登場。
いわゆる初代・メカゴジラ。「にせゴジラ」の正体である。
地球侵略兵器としてブラックホール第3惑星人によってゴジラを模して作り出されたロボット兵器で全身が宇宙金属スペースチタニウムで構成されている。豚鼻がキュート。

目からはスペースビーム、鼻は火焔放射デストファイヤー、両腕の指にフィンガーミサイル(体内にミサイル製造装置が組み込まれており、弾切れの心配はない)、両足の膝のホーミューショットおよび足指のハイプレッシャーホーミングなど多数のミサイル兵器(名称は設定されていないが口からもミサイルが発射されているのが確認できる)、胸からはクロスアタックビーム、加えて首を高速回転させることで青い防御フィールドを展開するネオディフェンスバリヤー発生装置と全身が兵器の塊であり、圧倒的な火力と飛行能力でゴジラを大いに苦しめた。

当初はゴジラに擬態した「にせゴジラ」として登場し、その変装を見破って現れたゴジラの仲間怪獣アンギラスを散々に痛めつけ、顎を引き裂くという暴虐振りを披露した。その後、都市部で破壊活動を行っていたが、そこに本物のゴジラが現れたため正体を現して交戦。放射熱線とスペースビームの撃ちあいでゴジラを退けるものの自身もシステムにダメージを受けて撤退した。

修理後は自身を倒す為に目覚めたキングシーサーを返り討ちにしていたが、そこに駆け付けたゴジラと再対決。2対1の状況でも圧倒的な火力でゴジラ、シーサーを追い詰めたが、最終的に雷を受けたことで全身が電磁石となったゴジラに磁力で引き寄せられ、首をもぎ取られて破壊された。

にせゴジラが正体を現す衝撃的な登場シーンは佐藤勝によるテーマ曲も合わせて人気を得ており、後にゴジラ作品担当する監督アニメ作品でオマージュされたこともある。

メカゴジラII(『メカゴジラの逆襲』)

怪獣図鑑・メカゴジラ
メカゴジラの逆襲


身長Iと同じ
体重Iと同じ

続編『メカゴジラの逆襲』でも再登場。
前作で破壊された機体の残骸を回収して再生したもの。全体的な形態は以前とさほど変わっていないが、フィンガーミサイルをより大型で鋭いものに強化、一撃で地盤を崩壊させる程の威力を持つ回転ミサイルも追加された。また、胸部装甲をVの字型に変更して放射熱線の威力を減衰させる加工を施すなどゴジラへの新たな対策が取られている。腕の「MG」マークも「MG2」に変更されており、全体的に黒ずんだ色になっているのが特徴。

更に最大の特徴としてメカゴジラIIの電子頭脳とサイボーグにした人間の頭脳を直結してコントロールさせる機能が追加された。その為、前回のように首をもぎ取られたとしてもサイボーグが健在な限りメカゴジラが機能停止することはなく戦闘継続が可能であり、さらに首の内部に増設されたレーザー砲もゴジラを一撃でダウンさせるほど強力である。
余談だが、時折片腕を水平に胸に翳すという動作を取る。

完全修復に同時に真船桂という女性をサイボーグ化してブレーンユニットに据えて出撃。さらには絶滅したとされていた怪獣(恐竜)チタノザウルスも引き連れて2対1でゴジラに挑み、これを圧倒する。しかし、チタノザウルスが人間による超音波攻撃で戦闘不能になったため形勢が逆転。ゴジラの接近を許し、首をもぎ取られてしまう。レーザー砲による反撃でなおもゴジラを追い詰めるが、頭脳となっていた桂が自殺したことで機能を停止。先ほどまでゴジラを放り込んでいた谷底に投げ返された挙句に放射熱線を浴びせられ、大爆発した。

「逆襲」は子供向けとは言えないハードな作風が災いしてか作品の興行収入は悲惨で、シリーズ最低記録を作ってしまい、ゴジラシリーズの休止を余儀なくされてしまった。

平成

『ゴジラvsメカゴジラ』

メカゴジラ

怪獣図鑑・メカゴジラ


身長120m
体重150000t(SMG状態では150482t)
平成ゴジラシリーズのメカゴジラ。
Gフォースがゴジラとの戦いの末に海に沈んだメカキングギドラを回収し、その23世紀のオーバーテクノロジーを研究して作り上げた対ゴジラ兵器。
初代に比べてシンプルなディテールと幾分丸みを帯びたデザインである。

それまでの対ゴジラ兵器とは比べ物にならない戦闘力を持ち、口から放つ「メガバスター」、目から放つ「レーザーキャノン」、腹部には機体に受けたゴジラの熱線エネルギーを吸収・増幅して撃ち返す「プラズマグレネイド」を内蔵。

昭和版に比べてミサイルの量は控えめだが、肩部に三連装小型麻痺弾「パラライズミサイル」、腰部に麻酔弾「トランキライザーミサイル」を搭載する。それらの全兵器を一斉発射する「オールウェポン」は凄まじい火力を誇る。また体表面はスーパーX2にも使用された「ダイヤモンドコーティング」が施されており、熱線をも弾き返すほどの防御性能を獲得していることから火力・耐久性共にゴジラと渡り合えるレベルに達したと言える。さしものゴジラも、初戦では熱線をいくら撃ち込んでも怯まずに迫るメカゴジラにうろたえていたほど。

が、それでもゴジラに決定打を与えるには至らず、初戦ではベビーゴジラを奪われて怒り狂うゴジラの前に敗北する。この時、意外にもゴジラに最も効果的だったのは両腕からアンカーを打ち込んで感電させる「ショックアンカー」だったが、逆に電流を逆流させられて機体がダメージを受け、敗因にもなってしまった。

また、ベビーゴジラの生体研究によりゴジラの運動神経を司る「第2の脳」の存在が発覚。これを破壊する作戦が立案される。機動力の低さ故にメカゴジラ単体による作戦実行は困難かに思われたが、先立って開発されていた高性能戦闘機・ガルーダと合体するプランが立案され、合体形態「スーパーメカゴジラ」となってゴジラに再戦を挑むことになった。

スーパーメカゴジラ

ファイヤー、オールウェポン


ガルーダと合体することによってパワーアップしたメカゴジラ。
ガルーダが搭載していた2門のハイパワーメーサービームキャノンがそのままメカゴジラに追加装備され、さらにガルーダ自体がブースターになることによって本体の機動力も大幅に向上している。また、第2の脳を破壊するためショックアンカーを改良した新兵器「Gクラッシャー」が搭載された。

再戦ではオールウェポンによる凄まじい火力と優れた機動力によりゴジラを圧倒。超能力者・三枝未希のサポートでゴジラの腰部へGクラッシャーを撃ち込み、高圧電流によって第2の脳を破砕。ゴジラを行動不能に陥らせることに成功する。

Gフォースの作戦は成功したかに思われたが、ゴジラはラドンから分け与えられたエネルギーによって第2の脳を再生し、蘇ってしまう。しかもこの時、周囲に拡散したラドンの粒子がダイヤモンドコーティングを融解した為、プラズマグレネイドが使用不能になってしまう。結果、復活したゴジラと真正面からの撃ち合いになるも、パワーアップしたゴジラが放つハイパーウラニウム熱線の連射に耐え切れず機能を停止、乗員が脱出した直後にトドメの一発を受け、大爆発した。

続く『ゴジラvsスペースゴジラ』では後継機としてMOGERAが開発されている。

なお、撃墜時のメッセージに「本機」の部分が「This ship」と表記されていることから、見た目はともかく扱いは艦艇らしい。

コミカライズ版『ゴジラVSメカゴジラ』

基本的な仕様は原典の映画に准ずるがデザインは改修前と改修後で大きく変わる。
改修前は映画版のデザインをマンガ用にアレンジした物であるが、一旦ゴジラに敗北した後改修されたメカゴジラは後の機龍に通じる角張ったデザインになる。また飛行能力はギリギリの推力しかなく、これがガルーダとの合体に繋がる。

映画版とは異なりショックアンカー(元々は心臓を狙うための武器)は頭部に装備されているほか、多数の実弾火器を内蔵している。更に昭和版メカゴジラのオマージュとして胸部にはクロスアタックビームが搭載されている。

メインコンピュータにはメカキングギドラのそれをそのまま流用していた為、与えられた至上命令である「ゴジラニ死ヲ」を実行すべく暴走することがあった。ショックアンカーによって第2の脳を破壊する展開は映画と同じだが、その後ゴジラを完全に抹殺すべく暴走し、砲撃でゴジラの首を吹き飛ばして殺害してしまった。更にベビーゴジラをも抹殺しようとし(この時点でGフォースはゴジラ保護に方針を転換していた為、指揮官の黒木特佐からは敵と認識されている)、主人公の青木一馬・ヒロインの五条梓をコクピットに残したまま暴れまわったが、ラドンのエネルギーを浴びて復活したゴジラに首をもがれ、さらに両腕を失う。最期は全身から触手のように伸ばしたコードでゴジラを捕縛して自爆するも、護るべき者を得たゴジラには通用しなかった。

ちなみに、実は今作でもシリーズ最終作の敵怪獣を担う予定であった。
当時、トライスターピクチャーズによるハリウッド版ゴジラ――後に『GODZILLA』として完成する新作の製作が盛り上がっており、和製ゴジラシリーズは今作を以ていったん終了し、ハリウッドがシリーズの展開を引き継ぐ予定だったのである。
しかし、当のハリウッド版の製作がこじれまくったため、東宝は仕方なく『VSスペースゴジラ』の製作をスタートさせた。これにより登場した3代のメカゴジラすべてがシリーズの休止を飾る、という名誉なんだか不名誉なんだかわからない記録は阻止された。

ポスター版デザイン

機械呉爾羅


1993年版『ゴジラVSメカゴジラ』のシナリオ検討段階で存在した幻のデザイン。西川伸司氏と吉田穣氏によって幾つかのデザインが描かれ、ポスターに反映されたのは主に西川氏のもの。本編と違い3機のメカが合体する(吉田氏のデザイン案では7機)という、後のMOGERAに近い物だった。これらデザイン案を参考に生頼範義氏によってポスターに描かれたが、時間や技術の問題から本編採用は見送られた。ポスターにおけるその凄まじい威圧感などからか人気も高く、比較的シンプルな本編デザインとの差に違和感があったというファンの声も多い。
そして2017年、超合金としてプレミアムバンダイから満を持して立体化。西川氏のデザインを元に合体機構も再現されており、それぞれのメカにもインド神話に由来した名称が付けられた。

『ゴジラ・ジェネレーションズ・マキシマムインパクト』版

全高120メートル
総重量15万t
動力レーザー核融合炉
装甲超耐熱合金NT-1+、人工ダイヤモンドコーティング


SMG-IInd」という次世代型が登場。
よりスリムになっており、飛行はしないがホバー移動で高速移動ができる。これは、モゲラの後期型「MGR-IInd」が完全なキャタピラ走行になっているのとは真逆であり、映画での両機の地上における機動性が逆転したようにも見える。
また高速移動では凄まじい負荷がかかる事から無人化されており、人工頭脳「BH-3」により制御されるという、後の機龍に通じる設定も持つ。

頭部と首、全体のシルエット、メーサー砲、ワイヤークローアタックを見るに、メカゴジラの原型であるメカキングギドラの影響が大きいと思われる。

武装は、口からのレーザーカッター、両肩の2連メーサーキャノン、両腕の四連装プラズマ光弾(ガトリングに近いタイプ)、腹部のプラズマキャノン、指先から放つワイヤーでゴジラを捕縛してジャイアントスイングの要領で投げ飛ばす「ワイヤークローアタック」がある。

ゴジラ×メカゴジラ』/『ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS

3式機龍~3式機龍改

3式機龍


具体的な解説は3式機龍を参照。

GODZILLA(アニメ映画シリーズ)

メカゴジラ

決戦機動増殖都市


具体的な解説はメカゴジラ(アニメ映画)を参照。

ハリウッド版

98年版『GODZILLA』の続編として作られた『ゴジラ・ザ・シリーズ』にてサイバーゴジラという形でこのメカゴジラに近いタイプのゴジラ系怪獣が登場している。
詳細な情報は該当項目を参照。

ちなみにそのサイバーゴジラおよび同シリーズにて登場が予定されていたモゲラは怪獣に装甲を纏わせた一種のサイボーグ怪獣というコンセプトであり、この辺は後の機龍にも通じる設定でもあったりする。

レディ・プレイヤー1


アメリカの小説『ゲームウォーズ』およびその映画版『レディ・プレイヤー1』にも登場。
原作小説でのデザインは3式機龍だったが、映画版では上述のポスター版デザインを意識したようなオリジナルのものになっている(機龍に使われているゴジラの骨のようなパーツが出てきたり、初代のような攻撃方法など歴代メカゴジラを意識しているともとれる)。
そして劇中では、アメリカの某ロボットキャラクター同じく日本人に馴染みの深い某戦闘ロボットとの夢の対決を繰り広げている。
ちなみに登場BGMはまさかのあの曲のアレンジ。

関連タグ

ゴジラ怪獣
ゴジラ
ロボット
メカゴモラ・・・メカゴジラのオマージュ

pixivに投稿された作品 pixivで「メカゴジラ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 821455

コメント