ピクシブ百科事典

M宇宙ハンター星雲人

えむうちゅうはんたーせいうんじん

ゴジラシリーズに登場するゴキブリ型宇宙人の名称。

概要

『地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン』に登場するガイガンを操り地球侵略を企む宇宙人

地球人と寸分たがわぬ姿をしているがその正体は巨大なゴキブリの姿をした知的生命体で、残像現象を固定化することで、外見を地球人に偽装しているに過ず、劇中、前線基地内の照明が非常灯に切り変わるシーンで浮かび上がるシルエットで初めてその正体が明らかになる。

元々彼らの母星『M宇宙ハンター星』は地球人と同じく人類が支配していたが、度重なる乱開発でM宇宙ハンター星の環境破壊が進み滅亡してしまったが、そんな環境にも適応できたゴキブリが進化し、知性を持ったのが彼らの祖先であるとされている。

やがて母星であるM宇宙ハンター星の寿命が近づいてきたことを切っ掛けに環境が酷似した地球を移住先に狙いを定めて侵略を開始し、「会長」と呼ばれるリーダーが山で遭難した学生の須東文夫に、副官である「事務局長」がその教師だったクボタになりすまして暗躍していた。

ゴジラを模したゴジラタワーを中心としたアミューズメントパーク「世界子供ランド」を建設し、そこを拠点にして侵略計画を推し進めていた。そして特殊なテープでコントロールしたガイガンおよびキングギドラを使っての本格的な地球侵略を実行に移す。

ガイガン達を迎え撃とうとしたゴジラとアンギラスに対しては2体を敢えて子供ランドまで誘導し、ゴジラタワーからのビーム攻撃で苦しめるが、地球人の破壊工作によりタワーは破壊され、それに巻き込まれる形で局長および事務局長を含めたハンター星雲人は全滅。コントロールを失ったガイガンとキングギドラも戦意を喪失して逃亡したことで彼らの計画は失敗に終わった。

次作『ゴジラ対メガロ』ではシートピア海底王国とは同盟関係にあるとして、彼らの地上攻撃計画に同調する形で再度地球にガイガンを差し向けている。

関連項目

テラフォーマー(同じくゴキブリから進化した知的生命体。ただしハンター星雲人ほど高度な文明的技術は持っていない)

pixivに投稿された作品 pixivで「M宇宙ハンター星雲人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1051

コメント