ピクシブ百科事典

改造ガイガン

かいぞうかいがん

『ゴジラ FINAL WARS』に登場する怪獣ガイガンのパワーアップされた姿。
目次[非表示]

データ

別名サイボーグ怪獣
身長120メートル
カマ(改造前)の長さ45メートル
チェーンソー(改造後)の長さ40メートル
体重6万トン


スーツアクター吉田和宏

概要

南極ゴジラに倒されたガイガンX星人によって回収、新たな改造により復活した姿。
改造前のガイガンに比べ、頭部の新造と両腕のブラッディ・トリガーをブラッディ・チェーンソーに換装されるなどの強化改造を施され、胸部からディスクカッター・ブラデッド・スライサーを放つ能力を得た。
ギガリューム・クラスターもモスラを一瞬の内に燃やすほどに破壊力が増している。
両腕のブラッディ・チェーンソーは、モスラの羽を切断し一度は撃墜する他、ゴジラの体表をも切り裂くほどの切れ味を持つ。また、劇中ではチェーンソーを地面に突き立てて地面を爆走する芸当を披露している。

戦歴

モンスターXに苦しむゴジラの援護の為にモスラが飛来した際にX星人の母船から出撃し、モスラと1万2千年前以来となる因縁の戦いを繰り広げる。

モスラとの激しい空中戦を繰り広げ、ブラッディ・チェーンソーを使った空中逆手不意打ち切りでモスラの羽を切断し一度は撃墜し、モンスターXと共にゴジラと交戦するも、再び飛んできたモスラに突進技(ボンバーラリアット)でモンスターXと共に跳ね飛ばされ、再びモスラに攻撃を仕掛ける。

ブラデッド・スライサーで油断した隙にギガリューム・クラスター放ち、モスラを爆殺したと思われたが、モスラの放った鱗粉で軌道を狂わされたカッターによって自らの首を切断された挙句、その光線を爆炎として身に纏ったモスラのファイアーヒートアタックによって体を突かれて爆発し、倒された。

余談

小説『プロジェクト・メカゴジラ』においては、ガイガンは地球連合軍がゴジラ撲滅のために冬眠していた個体を目覚めさせたという設定になっており、ゴジラに敗走するたびに強化され続けていた。あの独特のモノアイもゴジラに潰されたために付属された義眼である。
その形態の中にはチェーンソーや腹のブレードなど、FWの改造ガイガンを思わせる武器もあり、中には収束型誘導弾まで搭載されたこともあった。

関連タグ

ゴジラファイナルウォーズ
東宝怪獣 ゴジラ怪獣
ガイガン モスラ
ゴジラ モンスターX

pixivに投稿された作品 pixivで「改造ガイガン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10993

コメント