ピクシブ百科事典

スーツアクター

すーつあくたー

ヒーロー、ロボット、怪獣などを模した着ぐるみの中に入って演技を行う俳優。
目次[非表示]

概要

特撮・着ぐるみショーにおける「大事な人達」のこと。
スタントマンの一種とみなされる場合もある。
女性の場合はスーツアクトレスと呼ばれることが多い。
「スーアク」と略されることもある。

基本的に声は発さず、動きだけで表現をするパントマイムの素養が必要になる(映像媒体の場合は台詞を発しながら演技→アフレコ時に声優か変身前の役者が吹き替えるという手法を取る場合もある)。

また、特に変身ヒーローものにおいては、変身前と変身後が同一人物であることを示すため、変身前の役者の挙動をよく観察し、それを自分の動きに取り入れることが求められる。女性戦士の中の人を男性が演じることもあり、この場合、中身が40代の男性だとしても、20代女性の動きと思われないといけないなのである。この場合を「女形スーツアクター」と呼ぶ。
最近はほぼ女性戦士は女性が担当している。

上記とは逆に少年戦士や怪獣の子供を女性が演じる場合もある。

他にも怪獣役を務めるスーツアクターの場合、人間以外の動き方を取り入れたり、自分の頭の80cm上に頭(目・耳)があることを常にイメージしたりスーツの可動域を念頭に置いたりする意識などが必要になったりする。

このように俳優や声優とはまた違った技術が必要になる仕事である。

最初期のスーツアクターである、Mr.ゴジラこと中島春雄は、元々スタントマン(斬られ役も含む)であり、ゴジラの仕事が来た時には「主役だけど、貴方の顔は出ない」ということで葛藤もあったという(当然、当時にスーツアクターや着ぐるみ特撮という言葉もない)。
また、スーツアクターという概念が少なかったために、初代仮面ライダーを演じた藤岡弘、は仮面ライダーで当初スーツアクターを兼任したが、撮影中の事故で大怪我をしてしまい、その間は2号ライダーが登場する事態となったこともあった。

なお、スーツアクターの仕事の傍ら、顔出しで普通の俳優として活動している者もおり、「顔を隠さなければ演技ができないわけじゃない」として、スーツアクターにカテゴライズされることを好まない場合もある。
逆に「顔を隠しているからこそ演技ができる」と語るスーツアクターもおり、ここら辺は個人差があると言えよう。


余談だが、スーツアクターとは和製英語である。


著名なスーツアクター

女性はスーツアクトレスの項を参照。また女性キャラクター役のスーツアクターは女形スーツアクターも参照。

情報募集中

大野剣友会

JAE(旧称:JACならびにRED/レッド・エンタテインメント・デリヴァー)



円谷プロダクション


キャスタッフ


その他


外部リンク


関連タグ

職業 役者 俳優
特撮 中の人
メノーファ ←一つのスーツの中に十人も入って演出した。おそらく最高記録。

関連記事

親記事

役者 やくしゃ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「スーツアクター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 420921

コメント