ピクシブ百科事典

ミラーマン(特撮)

みらーまん

1971年から1972年にかけて、円谷プロダクションが製作した特撮番組の名称及び登場するヒーローの名前である。
目次[非表示]

『ミラーマン』とは、円谷プロダクション制作による特撮テレビ番組。
1971年12月5日から1972年11月26日まで、フジテレビ系列で放送された。全51話。

概要

金城哲夫の原案を元に企画された巨大ヒーロー番組。
同時制作されていた『帰ってきたウルトラマン』との差別化を計り、ダークで硬派な雰囲気のドラマ作りがコンセプトとなっている。しかし、裏番組シルバー仮面との視聴率競争を受け、戦闘機やカラータイマーの導入など、多少の路線変更が行われた。

小学館児童誌によるプロトタイプのまんが連載が行われた事でも有名であり、その流れは「ジャンボーグA」に、デザインラインはミラーナイトに引き継がれている。

あらすじ

1980年代。世界中で異常な事件が頻発していた。
新聞社のカメラマン鏡京太郎は、巨大竜巻の被害現場を取材中、目に見えない何かに遭遇、命を落としかけるが、によって助けられる。
帰宅した京太郎がフィルムを現像すると、そこには目に映らない謎の怪人が映りこんでいた。

宇宙物理学の権威で、調査組織SGMのチーフ、そして京太郎の育ての親でもある御手洗健一博士は、その日、京太郎の出生の秘密を語る。
京太郎の実父は、この地球を守るために2次元の世界からやってきたミラーマンであること、宇宙から襲来したインベーダーとの戦いで命を落としたこと、京太郎がミラーマンと地球人の混血児(ハーフ)であること、京太郎に危険が及ぶことを恐れた母親が御手洗博士に京太郎を預けたこと。
自らの宿命に苦悩する京太郎。鏡の中からは「ミラーマンに変身するのだ」と、父の声が語りかける。

直後、御手洗邸にインベーダーが侵入。巨大怪獣に変身して暴れまわった。
地球を守るため、父の仇を討つため、京太郎はミラーマンに変身する。

放映リストと登場する怪獣

話数サブタイトル登場怪獣
1ミラーマン誕生アイアン
2インベーダー 侵略者は隣にいるキティファイヤー
3消えた超特急ダークロン
4コバルト60の恐怖マルチ
5怪鳥インベラー現る!インベラー
6鏡の中の墓場キティファイヤー二代目
7打倒!人体侵略作戦ゴールドサタン
8鋼鉄竜アイアンの大逆襲アイアン二代目
9凧に乗って来たマルチマルチ二代目
10時計が止まった街重力マシン
11火焔怪人ザイラスを撃て!ザイラス
12出たっ!シルバークロスゴールドサタン二代目
13笛を吹く魔女ノア
14キングザイガーを倒せ!キングザイガー
15謎の怪獣スクリーンジャバラ、アイアン三代目、キティファイヤー三代目、ザイラス二代目
16人形怪獣キンダーを追え!キンダー
17罠におちたミラーマンカメレゴン
18生き返った恐竜アロザアロザ
19危機一髪!SGMビッグアイ
20二大怪獣出現ー深海の用心棒ースフェノドン、ダークロン二代目
21恐怖の液体怪獣タイガンタイガン
22月面怪獣キング・ワンダーとの死闘キング・ワンダー
23土星怪獣アンドロザウルス襲来!アンドロザウルス
24カプセル冷凍怪獣コールドンに挑戦せよ!コールドン
25怪獣を探す妖精少女ダストパンハエブーンゴキブラーモスゴジラ
26ミラーマン絶体絶命!スネークキングハリゴジラ
27総攻撃!SGMハリゴジラ
28殺し屋怪獣キーラゴンからの挑戦状キーラゴン
29わが友!フェニックスゴルゴザウルスマヤザウルス
30ミラーマン救出大作戦!マヤザウルス
31電光石火の必殺技!-ミラクルキック登場ーアリゲーダー
32今救え!死の海シーキラザウルス
33インベーダーの海底基地ペアモンスキング
34SGM対ミラーマンの決斗スネークネスモグラキング
35SGM特攻作戦モグラキング
36怪獣軍団ミラーマンを襲うー五大怪獣激斗ーハレージャック、ペアモンスキングβ、ゴルゴザウルスβ、マヤザウルスβ、アンドロザウルス、アンドロザウルスJr
37ミラーマンを太陽にぶちこめ!-激斗!彗星怪獣対土星怪獣ーハレージャック、マヤザウルスβ、アンドロザウルス、アンドロザウルスJr
38地獄谷!妖怪怪獣マグマゴンマグマゴン
39怪奇大怪獣ーサンガーニ登場ーサンガーニ
40インベーダー移住作戦シャドウモンス
41謎の異次元怪獣テロリンガ
42小さなインベーダーインベザウルス
43打倒!異次元幽霊怪獣ゴーストゴースト
44魔の救出大作戦ボアザウルス
45ブラックゴン 少年と黒い大怪獣ゴンブラックゴン
46死都に愛の鐘が鳴るレッドモンス
47侵略者撃破計画ギランダー
48赤い怪鳥は三度来た!ボアザウルス二代目
49怒りをこめた子の一撃イエズ
50地球最後の日エレキザウルス
51さよならミラーマンデッドキング、エレキザウルス



漫画1969年版

怪奇大作戦』の後番組として企画されたが諸事情で製作中止となった。そのため小学館の学習雑誌で漫画連載のみの展開となった。ミラーマンのキャラクターデザインは森藤よしひろ
よいこ
1969年11月号~1970年3月号 作画:杵渕やすお
幼稚園
1969年9月号~1970年3月号 作画:森藤よしひろ
小学一年生
1969年9月号~1970年3月号 作画:中城けんたろう
小学二年生
1969年9月号~1970年3月号、1970年9月増刊号 作画:久松文雄
小学三年生
1969年9月号~1970年3月号 作画:久松文雄

パイロット版

のちに裏番組『シルバー仮面』の主演俳優となる柴俊夫が鏡京太郎役を演じた。

『ミラーマン兄弟』

『ミラーマン』の後番組として企画されたが諸事情で製作中止。ミラーマンの弟ミラーレッドが登場する予定だった。

ミラーマン兄弟



『ミラーファイト』

1974年4月1日から6月28日まで、東京12チャンネル(現・テレビ東京)で放映された帯番組。全65話。
かつて放映されていた『ウルトラファイト』のミラーマン版。
第1話のタイトルから「怪獣は死ね!」など本家に負けず劣らずカオスである

『ミラーマンREFLEX』

ミラーマンREFLEX


2006年1月公開の映画で、『ミラーマン』のリメイク作品。
敵がインベーダーではなく、鏡の向こうの世界から来た邪仙(じゃせん)と呼ばれる魔物だったり、ミラーマン自体も『帰神(きしん)の儀』によって変身する『鏡の武神』だったりと、根本的な設定が違っている。

関連動画


中井正広のブラックバラエティ」でBGMとして使われている。

関連イラスト

ミラーマン
ミラーマンVSダークロン



関連タグ

特撮 怪獣 ヒーロー 円谷
ジャンボーグA - 続編的位置付けで、一部世界観が繋がっている。TV放映前にプロトタイプのまんがが連載されているのも共通する。
ファイヤーマン
レッドマン - ほぼ同時期に放映されていた短編特撮。サウンドエフェクトの大部分が流用されているほか、戦闘時のBGMは『ミラーマン』の未使用音源が使用されている。また、ダークロンが第1話にゲスト出演している。
ミラーナイト - 『ウルトラマンゼロ THE MOVIE』に登場するミラーマンのリメイクキャラクター

ダン・オブ・サーズデイ - アニメガン×ソード』に登場する巨大ロボット。ミラーマンがモデル
千葉繁 - 本作でアクターを担当しており、「つり橋の上でバク転をさせられた際は肝が冷えた」と後に語っている。
逸見政孝 - 本作12話にテレビのアナウンサー役で出演。(当時フジテレビの局アナ)
仮面ライダー龍騎 - 同じく鏡が関連している特撮作品
仮面ライダーキバ-同じく異種族と人間のハーフが主人公の作品

関連リンク

ミラーマン - DVD公式サイト
ミラーマンREFLEX
ミラーマン - Wikipedia
ミラーマンとは - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラーマン(特撮)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3027

コメント