ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

DATA

別名:黄金怪人
身長:2.2m (資料によっては2,2m〜43m)
体重:500kg (資料によっては500kg〜5万6,000t)
出身地:異次元
デザイン米谷佳晃
スーツアクター:梅田信一

概要

ミラーマン』第7話「打倒!人体侵略作戦」に登場。


太陽光を利用した最新式の「ソルガン」の開発妨害と、開発者である大倉博士の抹殺が目的。開発チームの一員であり、博士の助手である岡山俊夫を仮死状態にして乗り移り、彼の肉体を実質的な人質としても利用した。

ゴールドサタン

金色のボディで太陽のを反射させて相手の眼を眩ませ、口から毒ガス(『ミラーファイト』ではサタンビームと呼称。)を光弾状にして発射する不意討ち戦法を得意としている。


劇中での活躍

洗脳された俊夫は大倉研究所に現れ博士を襲ったものの、SGMに妨害されたためUFOから発せられた光を浴びて怪獣化。しかし大倉博士が構えたナイフに怯み、更に鏡京太郎がそれを受け取って投げつけた事で、ナイフが足に刺さってダメージを負い逃亡。研究所の屋上でミラーマンとの戦いになる。


格闘戦ではミラーマンに圧倒されてしまうが、俊夫を殺さないでくれという俊夫の母の懇願を思い出したミラーマンはなかなか止めを刺せず、その隙に毒ガス攻撃で反撃に転じる。更に上空へ飛来したUFOも援護射撃を行ったが、二回目の毒ガス攻撃はディフェンスミラーに阻まれてしまう。

最終的にミラーハレーションで眼を眩ませられたゴールドサタンは屋上から落下し絶命。UFOもミラー・アイビームで撃墜された。

人間の姿に戻った俊夫は全治二ヶ月の骨折こそ負ったものの一命をとりとめた。


ゴールドサタン(二代目)

別名:黄金怪人
身長:43m
体重:5万6,000t
出身地:異次元
スーツアクター:梅田信一

第12話「出たっ!シルバークロス」に登場。


地球侵略用精密機械の資材集めのため、3ヶ月前に交通事故で死亡した「新宿ローズ」という女性窃盗犯を蘇生させて操り、更に誘拐した吉川技師長に「物質移送マシーン」を製造させてダイヤモンドを盗ませていた。


初代との身体的な差異として、全身に小さな宝石の様な突起が付いているのが特徴。

また、戦闘能力も高く、や胸からは怪光線(『ミラーファイト』では、ゴールドレーザーと呼称)を発射し、瞬間移動分身といった超能力を使用する。また、身体を切断されても再生してしまう。


京太郎によって新宿ローズが倒された後、人質にしていた吉川を救出するため異次元空間に乗り込んできたミラーマンと対戦。

スライサーHで体を上下に両断されても瞬時に再生し、ミラーナイフを瞬間移動で回避。更に分身しながらの怪光線一斉攻撃でミラーマンを気絶させ、異次元空間を使った攪乱戦法で奇襲を仕掛けるなど終始圧倒するが、最期はミラーマンの新技にして最強の必殺技「シルバークロス」を受け、緑色の体液を吐きながら絶命した。


その他の作品での活躍

ミラーマンREFLEX

ゴールドサタン2006

別名:鬼邪仙
身長:43m
体重:5万t

この作品での名称は「癘鬼(ゴールドサタン2006)」


FOCUS3に登場。大和再興を企む男・矢尻に手を貸していた魔導師・轡(演:北岡龍貴)の正体。

人間体でも薙刀を振るってミラーマンREFLEXを苦戦させたが、ミラーナイフ(半円の短剣)を突き刺された事で巨大化、人鬼としての本性を現す。


既存のゴールドサタンとはデザインが大きく異なり、頭部が小さくなったほか、目のような文様を象った金色の装甲らしきものを全身に巻きつけていたり、左腕に鋭利な刃のついた手甲(盾)を装備しているのが特徴。

本作のラスボス的な存在であり、最強の邪仙と呼ばれている。


手甲を利用してミラーマンREFLEXの古代剣やミラーナイフを防ぎ、その隙にパンチや頭突き攻撃を仕掛けたり、古代剣を奪い取るなどして圧倒するが、再起したミラーマンREFLEXの猛攻で古代剣を奪い返され、最期は首を斬り落されて爆死した。


ミラーマン2D

別名:巨巌の悪魔
身長:219.0cm
体重:324.0kg

「か弱い三次元人を縊るにあたり全力を出すというのも大袈裟であるが

 『獅子はウサギを狩るにも千尋の谷に猿を落とし河童も流れる最上川』

 というのでな」


第6話から人間態で登場し、第9話で正体を表す。

人間態の時は髪をリーゼントにしたパンクロッカー風の長身の女性の姿で、サングラスの下に目は無く横長のスリットが開いている。

インベーダーとしての姿は全身を覆う甲冑にシルクハット風の頭部とニューギニアの民族衣装風のマスクのような顔を持ち、戦闘時は原典の顔に似た鉄仮面が出現する。

一人称は「僕(やつがれ)」で二人称は「其処許(そこもと)」という古風な言い回し。事あるごとに「腹を切って詫びたい」と自責する。また諺を好んで使うが、それは様々な諺を混ぜて誤用したものである。


25年前の大封印以前に3次元世界に侵入していた八鬼の一人で、年賀ハガキで新たに侵入したインベーダーたちの隠匿を主導したが、目論見が露見しハガキを書かせた漫画家を処分しにかかる。京太郎とは過去に2度戦っておりいずれも勝利している強敵。


魔力を全てフィジカル強化にあてており堅牢な体と怪力に任せた戦法をとる。特殊な能力こそ無いがそのパワーは巨大化したミラーマンの拳を等身大のまま受け止め、その反動でミラーマンの全身を砕くほど。


余談

  • デザインモチーフはオスカー像。
  • 鳴き声はウーの流用
  • 初代ゴールドサタンの戦闘シーンは、等身大かつ日中屋外での戦闘という珍しいシチュエーションだが、画面には青いフィルターが掛けられ、不気味な雰囲気が演出されていた。
    • なお、『ミラーファイト』では色調がセピア色に変更されている
  • テレビ番組『TVチャンピオン』の「悪役怪獣・怪人王選手権」ではゴールドサタン(二代目)の死に方が出題されたことがある。回答者は劇中の死に様をほぼ完璧に再現していた。

関連項目

ミラーマン(特撮)

ミラーマンREFLEX

ミラーマン怪獣

インベーダー

関連記事

親記事

ミラーマン怪獣 みらーまんかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6128

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました