ピクシブ百科事典

ミラーマンREFLEX

みらーまんりふれっくす

円谷プロダクションが制作したビデオ作品(特撮映画)。
目次[非表示]

概要

特撮番組『ミラーマン』のリメイク作で、原典の「」「の戦い」という中核を引き継ぎ、かつ和風伝奇の要素を取り入れた大人向け作品となっている。
2006年にバップからビデオ作品として発売されたが、先に劇場版として公開されたため映画扱いされることもある。

ストーリー

鏡が映すは影にして魂なり。
鏡の彼方には幽世(かくりよ)あり。
祓詞(はらいのことば)無き帰神(きしん)は邪仙(じゃせん)を顕界(うつしよ)に招く。

鏡の向こうにあるという別世界・幽世。
その世界からやって来て、人に憑依し人を喰らうのが邪仙である。
邪仙に憑かれ、人鬼となってしまった者たちと鏡の武神との戦いを描く。

主要人物

影山鑑(かげやま あきら)
主人公。元軍人で、治安維持任務中に同僚の裏切りにより命を落としたが、神仙・鏡の武神として復活し邪仙と戦う。

ももそ(百襲)
審神者と呼ばれる存在。彼女による帰神の儀で鑑は鏡の武神に変身できる。

影山恭太郎(かげやま きょうたろう)
ももその父親で、鑑の兄。幽世の存在を説く。演じたのはオリジナルのミラーマンを演じた石田信之氏。

緋呂亜佐美(ひいろ あさみ)
考古学者。古代鏡に記された碑文の解読を行った結果、幽世と邪仙の存在に行きつき、鑑の戦いに関わることになる。

矢尻祐一郎(やじり ゆういちろう)
鬼道によって日本の再興を目論む謎の男。

(くつわ)
矢尻の側近。不気味な形状のバイザーで目を覆っている。

キャラクター

鏡の武神(ミラーマンREFLEX)

身長:1.9m~40m
体重:70kg~3万5千トン
鑑が帰神の儀によって変身した姿。審神者であるももその協力あってこそ変身できる存在で、儀なしで変身すると邪仙に堕ちる危険性がある。
武器は諸刃の剣とブーメランとしても使える半円の短剣。

邪仙

幽世に潜む怪物で、人間に憑依し人鬼に変える。要はホラー
モデルは全てミラーマン怪獣で、オリジナルの名前の後に「2006」と付く別名が与えられている。

朱厭(しゅえん、キティファイヤー2006)
亜佐美に憑こうとするが、その前にももそによって祓われた。

蚩尤(しゆう、アイアン2006)
城南工業大学の教授・南部に憑依。銅鐸のような姿をしている。

窮奇(きゅうき、ダークロン2006)
鑑の元同僚である山下に憑依。全身真っ黄色のオリジナルと違って漆黒の姿。

癘鬼(れいき、ゴールドサタン2006)
轡の真の姿にして最強の人鬼。

(ち)
下級の邪仙。卑邪仙とも呼ばれる。

関連タグ

ミラーマン(特撮) 小中千昭

関連記事

親記事

ミラーマン(特撮) みらーまん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミラーマンREFLEX」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4107

コメント