ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

スリット

すりっと

切れ目のこと。そこから転じて、爬虫類や水棲動物などの生殖器が格納されている割れ目部分を示す。
目次 [非表示]

この記事はR-18に該当する内容が含まれます

曖昧さ回避

洋服用語におけるスリットについては以下のタグが存在する


検索の際に「スリット」タグ(部分一致)検索をすると、上記すべてのタグも検索にかかる。

本記事で解説する「スリット」のみを検索したい場合は、タグ(完全一致)検索を使ったり、

「スリット ケモノ」のようなand検索が推奨される。


概要

爬虫類の多くと一部の鳥類などの哺乳類以外の生物、イルカシャチなどの水棲動物系などに見られる、ペニスを格納するワレメのこと。

これらの生物のオスのペニスは哺乳類と違って外部に露出せず、

平常時はメスの生殖器に似た縦(または横)に走るワレメの中に格納されており、それをスリットと呼ぶ。

勃起した時にのみ、ペニスがスリットから露出する仕組みになっている。

またこういった生物の場合睾丸は完全に体内に埋め込まれているため、勃起しても出てくるのはペニスだけである。

そのためスリットタイプのオスのケモノ絵において、スリットの概要を知らない人が見た場合メスであると勘違いすることも多い。

(勿論、それを活かしたR-18的なシチュエーションの絵も多く描かれる)


スリットの内部は雌の膣に似た空洞の奥に未勃起の状態のペニスが待機していると考えられているが、

スリット内の構造やペニスの角度や深さや形状は種族や個体差によって千差万別である。


雌に対してもスリットという表現を用いることはあるのだが、雌に割れ目があるのはタグやジャンル的に特段特筆すべき状況ではないため、

ネット上ではもっぱらオスのケモノ(動物、獣人・モンスター等含む)に対して用いられる。

鳥類の多くはペニスが存在しない総排出腔タイプの性器をしているため、内部にペニスが存在するスリットとは別とされるが、

単純に総排出腔の性器の外見を示して「スリット」と呼ぶこともたまにある。しかしスリット属性、と言った場合には普通は内部にペニスが格納されているタイプを示す。


内部に格納されている性器は大半がイルカ型(亀頭が無く先細りで全体的に緩くS時を書くような曲線を軸にしている)のケモチンであるイメージが強い傾向にある。

(ただし、獣人竜人の場合人間の生殖器によく似た形状をしているものも多い。)

爬虫類やサメなどの場合は生殖器が二本のヘミペニスとして描かれることも多い。


実際の生物の基準に当てはめればスリットを持つのは爬虫類・鳥類・水棲生物のみであるが、

稀に陸上の哺乳類をモチーフとしたキャラに描かれる場合もある。

※性的な内容を含みます

センシティブな作品センシティブな作品

どら6フェルナと海竜さん


関連タグ

スリット姦 ケモチン ヘミペニス 総排出腔

関連記事

親記事

ケモチン けもちん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 21397679

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました