ピクシブ百科事典

防衛チーム

ぼうえいちーむ

特撮作品によく登場する武装組織。
目次[非表示]

概要

ウルトラシリーズなどのヒーローものを中心に登場する組織で、主に怪獣宇宙人から人類を守るために設立された組織である(例外も多数あるが、便宜上の総称として「防衛チーム」と呼称される)。大抵は地球防衛軍などの軍事組織や警察とはまた別の組織(あるいはその一部門)として扱われる場合が多い。

ウルトラシリーズでの防衛チーム

ウルトラシリーズの第一作であるウルトラQは、主人公である万丈目淳を始めとした民間人が怪獣や超常現象に遭遇するというのが主な流れであった。
しかしそれが毎週繰り返されるのは不自然だとして次回作「ウルトラマン」で超常現象の調査組織「科学特捜隊」が設定されたのが、ウルトラシリーズにおける防衛チームの始まりである。

これ以降、防衛チーム自体の人気や、作劇的に便利な存在である事もあり、長い間ウルトラ怪獣と並ぶシリーズのメイン要素の一つとなっていた。

大体は特殊部隊的な少数精鋭のチーム(例外として『ウルトラマンガイア』のXIGなどがある)で、ドラマパートのほとんどがチームを中心に展開されている。さまざまなスーパーメカを駆使するのが魅力のひとつである他、個性豊かな隊員が多く、彼らに焦点を当てたエピソードも非常に多い。大抵主役ヒーローは、一隊員として正体を隠しつつチームと行動を共にする事となる。
戦闘では基本的に主役ヒーローの引き立て役であり、かませ犬となってしまう事も多いが、援護で窮地を救う(ごく少数ながら、ウルトラマンでも倒せなかった怪獣を防衛チームが倒したケースもある)など主役ヒーローにとってはとても頼りになる存在であり、時には反目しあいながらも互いに協力することで成長の糧となっている。

玩具展開として戦闘機等の乗り物や拳銃などの武器、通信機などの電子アイテムが販売される事がよくある。
ちなみに玩具展開及び大物はあまり売り出せない都合上、隊員の手持ち武器は玩具として売られる拳銃型がほとんどということもあるが、リアリティを重視する田口清隆監督は「怪獣と戦うのだから持たせるならせめてアサルトライフルじゃない?」とあまりそれを好んでおらず、『ウルトラマンX』では無理を言ってヒロインにバズーカを持たせたという。

ウルトラマン列伝ニュージェネレーションズ以降

しかし、近年は主人公が防衛チームに所属せずに一民間人として活動する傾向にあり、その影響で防衛チームもスーパーメカを使用しなかったり地味な役回りに徹したりと、以前ほどの存在感を出せなくなりつつある。

これは、予算の都合やマンネリ化の防止という事情の他にも、(元よりウルトラシリーズの玩具の主力はソフビ人形であった事もあり)防衛チーム関係の玩具を発売しても以前ほどの売り上げを期待できなくなったからという商業上の都合が大きいと考えられる。
事実ウルトラマンXに登場したXio劇中での活躍に反して関連商品の売り上げがあまり良くなく、加えてスポンサーであるバンダイ側が既に歴代ウルトラマンや怪獣を売り出していく方針で成功を収めていたため、今更防衛チームの存在を前面に出す必要が薄くなっていることも大きいと言われている。

新世代シリーズの各作品で監督を務めた田口清隆氏も、カプコン藤岡要氏との対談の際に「いろいろと事情があって、出られないんですね(笑)」とぶっちゃけている。

古参のファンからは防衛チームが殆ど登場しなくなったことを残念がる意見が多いが、一方で、主人公とそれを取り巻くキャラクターたちが民間人(若しくはそれに近い立ち位置)になったことで、視聴者と同じような目線で事件が描かれるようになり、却って登場人物に感情移入しやすく、より新鮮な気持ちで番組を観ることができるようになったと評価する声もある。

ウルトラシリーズ以外の防衛チーム

ウルトラシリーズ以外の特撮アニメでも類似の組織が登場する事があるが、仮面ライダーシリーズスーパー戦隊シリーズなどの等身大ヒーローの場合は、ヒーローとその協力者・上司などで構成される「ヒーロー自身の所属先・活動拠点」という形になる場合が多く、最初からヒーローである主人公をサポートするために設立されたものがほとんどであるため、変身アイテムや専用武器などの製造元となる事があったり、主人公も(少なくともチーム内では)わざわざ正体を隠す必要がなかったりするケースが多い。作品によってはヒーローチームに近い形になる事もある。

上記のように、最近ではウルトラシリーズも防衛チームが登場しなくなってきたために、これと極めて近い組織構成を取ることが多くなってきている。

一覧

円谷特撮作品

ウルトラシリーズ

科学特捜隊(ウルトラマン)
ウルトラ警備隊(ウルトラセブン)
MAT(帰ってきたウルトラマン)
TAC(ウルトラマンA)
ZAT(ウルトラマンタロウ)
MAC(ウルトラマンレオ)
科学警備隊(ザ☆ウルトラマン)
UGM(ウルトラマン80)

ウルトラフォース(ウルトラマンUSA)
UMA(ウルトラマングレート)
W.I.N.R.(ウルトラマンパワード)

Mydo(ウルトラマンゼアス)

GUTS(ウルトラマンティガ)
スーパーGUTS(ウルトラマンダイナ)
XIG(ウルトラマンガイア)

HEART(ウルトラマンネオス)
GOKAZOKU隊(ウルトラマンナイス)

SRC(ウルトラマンコスモス劇場版第一作)
TEAM EYES(ウルトラマンコスモス)
TEAN SEA(ウルトラマンコスモス劇場版第二作)

BCST(ULTRAMAN)
ナイトレイダー(ウルトラマンネクサス)
DASH(ウルトラマンマックス)
CREW GUYS(ウルトラマンメビウス)
DEUS(ULTRASEVENX)

ZAP SPACY(ウルトラギャラクシー大怪獣バトル)
チームU(ウルトラマンサーガ)

UPG(ウルトラマンギンガS)
Xio(ウルトラマンX)
SSP(※1)・ビートル隊(ウルトラマンオーブ)
AIB(ウルトラマンジード)
クワトロM(※2)(ウルトラマンR/B)

※1 厳密には怪奇現象を追跡・調査する非武装の民間組織であり、防衛チームではないが、アルファベット表記の略称やロゴ、特別車両(とは言っても外観はほぼ普通の乗用車だが)などの既存の防衛チームの要素も一部取り入れられている。

※2 厳密には組織名ではなく、主人公たちの実家の経営しているセレクトショップである。

ウルトラシリーズ以外の特撮作品

矢吹コンツェルン/国際機関「アップル」(マイティジャック)
SRI(怪奇大作戦)
SGM(ミラーマン)
SAF(ファイヤーマン)
PAT(ジャンボーグA)
SAT(トリプルファイター)
ボーンフリー隊(恐竜探検隊ボーンフリー)
D戦隊(恐竜大戦争アイゼンボーグ)
コセイドン隊(恐竜戦隊コセイドン)

特撮以外の円谷作品

怪獣特捜隊・防衛軍(ウルトラゾーン)
BURK(ウルトラマン妹)
科学特捜隊(ULTRAMAN(漫画))
GIRLS(怪獣娘〜ウルトラ怪獣擬人化計画〜、小説版『始まりの物語』)
新ウルトラ警備隊(ウルトラヒーローズ THE LIVE アクロバトル クロニクル)
ティアズ・スタンド(ウルトラマンデュアル)
序の口(ウルトラマンデュアル)

仮面ライダーシリーズ

昭和ライダー

少年仮面ライダー隊ライダーガールズ(仮面ライダー)
アンチショッカー同盟(仮面ライダー)
少年仮面ライダー隊(仮面ライダーV3)

平成ライダー

警視庁未確認生命体合同捜査本部(仮面ライダークウガ)
G3ユニット(仮面ライダーアギト)
BOARD(仮面ライダー剣)
猛士(仮面ライダー響鬼)
ZECT(仮面ライダーカブト)
時間警察(仮面ライダー電王)
素晴らしき青空の会(仮面ライダーキバ)

鳴海探偵事務所(仮面ライダーW)
風都署超常現象事件捜査課(仮面ライダーW)
鴻上ファウンデーション(仮面ライダーOOO)
仮面ライダー部(仮面ライダーフォーゼ)
反ゾディアーツ同盟(仮面ライダーフォーゼ)
警視庁国家安全局0課(仮面ライダーウィザード)

ビートライダーズ(仮面ライダー鎧武)
警視庁特状課(仮面ライダードライブ)
不可思議現象研究所(仮面ライダーゴースト)
電脳救命センター<CR>(仮面ライダーエグゼイド)
nascita()(仮面ライダービルド)

厳密には組織名ではなく、主人公たちが活動拠点としている喫茶店である。

その他

SPIRITS(仮面ライダーSPIRITS)
ノザマペストンサービス駆除班(仮面ライダーアマゾンズ)
特定有害生物対策センター<4C>(仮面ライダーアマゾンズ)
秘密機関ノーマン(仮面ライダードラゴンナイト)

スーパー戦隊シリーズ

イーグル(秘密戦隊ゴレンジャー)
国際科学特捜隊(ジャッカー電撃隊)
国防省/FBI(バトルフィーバーJ)
地球平和守備隊(太陽戦隊サンバルカン)
未来科学研究所(大戦隊ゴーグルファイブ)
夢野発明センター(科学戦隊ダイナマン)
地球守備隊(電撃戦隊チェンジマン)
光戦隊(光戦隊マスクマン)
科学アカデミア(超獣戦隊ライブマン)
地球防衛軍スカイフォース(鳥人戦隊ジェットマン)

国際空軍(U.A.O.H)(超力戦隊オーレンジャー)
I.N.E.T(電磁戦隊メガレンジャー)
時間管理局(未来戦隊タイムレンジャー)
忍風館(忍風戦隊ハリケンジャー)
天空聖界マジトピア(魔法戦隊マジレンジャー)
サージェス財団(轟轟戦隊ボウケンジャー)
スクラッチ(獣拳戦隊ゲキレンジャー)
志葉家(侍戦隊シンケンジャー)
エネルギー管理局・特命部(特命戦隊ゴーバスターズ)
レインボーライン(烈車戦隊トッキュウジャー)
反乱軍リベリオン(宇宙戦隊キュウレンジャー)
国際特別警察機構<GSPO>(快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー)

ゴジラシリーズ

自衛隊(シリーズ全般)
自衛隊特殊戦略作戦室(ゴジラVSビオランテゴジラVSデストロイア)
国連G対策センターGフォース(平成ゴジラ<ゴジラVSメカゴジラ以降>)
Gグラスパー(ゴジラ×メガギラスG消滅作戦)
特生自衛隊機龍隊(ゴジラ×メカゴジラゴジラ×モスラ×メカゴジラ東京SOS)
地球防衛軍・M機関(ゴジラ FINAL WARS)
巨大不明生物特設災害対策本部(シン・ゴジラ)

その他特撮作品

国際救助隊(サンダーバード)
ユニコーン(ジャイアントロボ)
レッドマフラー隊(大鉄人17)
SSI(スーパーロボットレッドバロン)
KSS(スーパーロボットマッハバロン)
怪獣Gメン(スペクトルマンシリーズ)
科学パトロール隊(サンダーマスク)
AIT(鉄甲機ミカヅキ)
アンダーアンカー(ケータイ捜査官7)
SHOT(魔弾戦記リュウケンドー)
少年同盟(イナズマン)
世界消防庁(トミカヒーロー)
ブルースワット(ブルースワット)
コスモアカデミア(重甲ビーファイター/ビーファイターカブト)

ロボットアニメ

国際警察機構(ジャイアントロボ THE ANIMATION 地球が静止する日)
コープランダー隊(勇者ライディーン)
大空魔竜隊(大空魔竜ガイキング)
獣戦機隊(超獣機神ダンクーガ)
勇者特急隊(勇者特急マイトガイン)
GGG(勇者王ガオガイガー)
GEAR(GEAR戦士電童)
アルヴィス(蒼穹のファフナー)
地球防衛組(絶対無敵ライジンオー)
新幹線超進化研究所(新幹線変形ロボ_シンカリオン_THE_ANIMATION)

その他

TDF(スーパーヒーロー大戦)
SAMON(空想科学大戦)
NERV(新世紀エヴァンゲリオン)
特務機関森羅(namco×CAPCOM プロジェクトクロスゾーン2)
VARS(勇者聖戦バーンガーン)
黒の教団(D.Gray-man)
シーカー(ダンボール戦機)
NICS(ダンボール戦機W)
世界連合(ダンボール戦機ウォーズ)
ヒーロー協会(ワンパンマン)
第501統合戦闘航空団(ストライクウィッチーズ)
第502統合戦闘航空団(ブレイブウィッチーズ)
イッシュ防衛隊(ポケモンBW2)
ウルトラガーディアンズ(ポケットモンスターサン&ムーン)
時空管理局(魔法少女リリカルなのはシリーズ)
イレギュラーハンター(ロックマンX)
レプリフォース(ロックマンX4)※後にクーデターを起こして壊滅。
レジスタンス(ロックマンゼロ)
ガーディアン(ロックマンZX)
オフィシャルネットバトラー/ネットセイバー(ロックマンエグゼ)
チームオブブルース/チームオブカーネル(ロックマンエグゼ5)
サテラポリス(流星のロックマン)
人理継続保障機関フィニス・カルデア(FGO)
BSAA(バイオハザード)
PPDC(パシフィック・リム)
大赦(勇者であるシリーズ)

宇宙規模の防衛組織

宇宙警備隊(ウルトラシリーズ)※ウルトラの星の勇士隊のこと。同名組織が『太陽の勇者ファイバード』にも登場する。同様の組織にザ★ウルトラマンU40ウルトラマンゼロシリーズに登場するウルティメイトフォースゼロがある。
銀河連邦警察(宇宙刑事)
宇宙警察(激走戦隊カーレンジャー特捜戦隊デカレンジャー)※他にもSF作品で無数に登場
銀河パトロール隊(レンズマン)

関連タグ

特撮 巨大ヒーロー ウルトラシリーズ
地球防衛軍 地球防衛隊 防衛軍

東宝自衛隊

pixivに投稿された作品 pixivで「防衛チーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 9312

コメント