ピクシブ百科事典

ムーンスパイラル

むーんすぱいらる

ムーンスパイラルとは、1996年に放送された特撮テレビドラマ。
目次[非表示]

概要

1990年代のウルトラQをキャッチコピーに、円谷プロダクションが制作した特撮ドラマ。
1996年5月7日から5月21日まで日本テレビの深夜番組枠「ネオ・ハイパー・キッズ」内で全3話(未放映話1話)が放送された。

当時人気を集めていたXファイルやナイトヘッド等国内外のSFミステリードラマムーブメントに対する特撮の老舗である円谷プロからの回答であったとしており、ノストラダムスの大予言や超能力をテーマにした不条理ホラーテイストな作品となっている。
またオムニバス形式で怪獣、宇宙人、怪異が登場したウルトラQとは異なり、明確な敵組織が登場するなど異なる点も数多い。

後にウルトラマンダイナに出演した山田まりやは今作で女優デビューした。

あらすじ

西暦1999年。超能力を研究する軍事秘密組織「ムーンスパイラル」は世界の破滅を予言している「ノストラダムスの大予言」を現実のものとするために密かに暗躍していた。

鏡中学校に通う女子中学生、八股ちひろ。実は彼女こそが人類最強の超能力者だった。彼女をムーンスパイラルの魔の手から救うため、国務省機密調査室捜査官にしてちひろの父親であり、密かにムーンスパイラルを追う八股俊作の戦いが始まる。

関連タグ

円谷プロダクション

コメント