ピクシブ百科事典

平成ウルトラセブン

へいせいうるとらせぶん

平成ウルトラセブンとは、「ウルトラセブン」の続編となる一連の特撮ドラマシリーズである。
目次[非表示]

概要

平成ウルトラセブンと呼ばれるのは、TVスペシャル『ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦』及び『ウルトラセブン 地球星人の大地』、オリジナルビデオ作品『ウルトラセブン誕生30周年記念3部作』、『ウルトラセブン1999最終章6部作』、『ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作』の5つ。

内容は『ウルトラセブン』の続編であるが、本放送当時の設定である、『ウルトラマン』や『帰ってきたウルトラマン』以降のシリーズとは切り離した世界観の上で展開されたストーリーであり、セブン以外のウルトラ戦士は地球を訪れておらず、セブンが地球を去った後の地球防衛はウルトラ警備隊がずっと担っていたという設定(ただし、初期はこうした設定がまだ定まっていなかったらしく、「太陽エネルギー作戦」では『ウルトラマン』のバルタン星人や『ウルトラマンタロウ』のオイルドリンカーの存在が語られている)となっている。

ウルトラマンレオ以来のセブン=モロボシ・ダンの約20年ぶりの復活や旧作レギュラー陣の再登場、世代交代したウルトラ警備隊のメンバー、などといった話題の多い意欲作であり、オリジナルにも見られた強いメッセージ性などは健在である。
また、ウルトラセブンが状況に応じて2つの人間態を使い分けるという珍しい展開もある(変身者が代替わりするという展開は後のウルトラシリーズにも見られるが)。
ただ、後半からTV版とは打って変わってハードな展開となり、オリジナルの世界観に踏み込みすぎた部分もあるため、評価は賛否両論に分かれている。

BGMと主題歌は当初TV版のものが流用されていたが、『1999最終章』からはBGMが新規録音されたものになり、主題歌もささきいさお氏がカバーしている。

あらすじ

ウルトラセブンが去ってから約30年後の地球。何者かの攻撃によって瀕死の重傷を負ったセブンが、墜落という形で地球に再来するところから物語が始まる。これを機にセブンは新生ウルトラ警備隊と共に再び地球の守りに着くが、やがて人類は自ら間違った道を歩み始め、セブンは苦悩しつつも人類を信じて戦いに身を投じていく。

戦いの中で、遥か昔に人類が犯した罪を知ってしまったセブンは、それでも地球を守ろうとしたため、M78星雲の同胞から断罪され、馬の首暗黒星雲に幽閉されてしまう。しかし人類は自ら反省の意思を宇宙へ示した事で救われ、宇宙との間で不可侵条約が結ばれる。
地球は平和を取り戻したかに見えたが、その中で新たな侵略者の影が、少しずつ地球防衛軍を蝕みつつあった。その時セブンは――

TVスペシャル

第一作『ウルトラセブン 太陽エネルギー作戦』は1994年3月21日(太陽の日)の午前10:30-11:25に、第二作『ウルトラセブン 地球星人の大地』は1994年10月10日の午前10:30-11:25に日本テレビ系列で全国放送された。
資源エネルギー庁とタイアップして製作したため、環境問題がテーマになっている。

放映リスト

No.サブタイトル登場怪獣・宇宙人
1「太陽エネルギー作戦」変身怪人ピット星人宇宙怪獣エレキング
2「地球星人の大地」幻覚宇宙人メトロン星人恐竜

ウルトラセブン誕生30周年記念3部作

1998年6月から8月にかけてバップのオリジナルビデオとして発売。全3巻。

内容は、ダンが旅をしながら遭遇した怪事件を調査していくロードムービー形式。ウルトラ警備隊メンバーはTVスペシャルから一新され、初代と同じ六人編成となっている(TVスペシャル版では4人)。

放映リスト

No.サブタイトル登場怪獣・宇宙人
1「失われた記憶」洗脳宇宙人ヴァリエル星人
2「地球より永遠に」分身宇宙人ガッツ星人、硫黄怪獣サルファス
3「太陽の背信」太陽獣バンデラス

ウルトラセブン1999最終章6部作

1999年7月から12月にかけてバップのオリジナルビデオとして発売。全6巻。

本作からストーリーがハードになり、いかにも「大人向けのウルトラセブン」といった内容になり始める。
タイトル通り、本来ならこの作品が平成ウルトラセブンの最終章となるはずだった。

ちなみにEDテーマには本作オリジナル曲『ウルトラセブンのバラード』が使われている。これまで地球のために戦い続けてきたセブンの想いを綴ったような歌詞内容となっており、隠れた名曲というに相応しい曲となっている。

放映リスト

No.サブタイトル登場怪獣・宇宙人
1「栄光と伝説」寄生生命体ヴァルキューレ星人
2「空飛ぶ大鉄塊」帰化宇宙人キュルウ星人、宇宙昆虫ガロ星人、鉄鋼ロボット大鉄塊
3「果実が熟す日」犯罪宇宙人レモジョ星系人、植物獣ボラジョ
4「約束の果て」時空怪獣大龍海乙姫
5「模造された男」宇宙ロボットキングジョーⅡ
6「わたしは地球人」守護神獣ザバンギ、地球原人ノンマルト

ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作

2002年5月から9月にかけてバップのオリジナルビデオとして発売。全5巻。

前作の後日談的な内容で、タイトル通り「進化」がストーリーのキーワードとなる。

放映リスト

No.サブタイトル登場怪獣・宇宙人
1「EPISODE:4 イノセント」双頭合成獣ネオパンドン
2「EPISODE:1 ダーク・サイド」放浪宇宙人ペガッサ星人
3「EPISODE:2 パーフェクト・ワールド」反重力宇宙人ゴドラ星人
4「EPISODE:3 ネバーランド」メタル宇宙人ガルト星人、ネオパンドン
5「EPISODE:5 アカシックレコード」妖邪剛獣ガイモス、ガルト星人

登場人物

ウルトラ警備隊

詳細はウルトラ警備隊の記事を参照の事。

TVスペシャル版

フルハシ・シゲル隊長
カジ隊員
トーゴー隊員
リサ隊員

ビデオ版

シラガネ・サンシロウ隊長
カザモリ・マサキ隊員
シマ・ケイスケ隊員
ミズノ・タクマ隊員
ハヤカワ・サトミ隊員
ホンジョウ・ルミ隊員
キサラギ・ユキ隊員(EVOLUTION5部作のみ)
フルハシ・シゲル参謀
カジ参謀(1999最終章のみ)

その他

モロボシ・ダン
円盤竜(EVOLUTION5部作のみ)
植物生命体(EVOLUTION5部作のみ)
星の運命が記されたアカシックレコードにおいて将来地球を統治するとされている新人類。その名の通り植物が進化した存在で、見た目は人間と変わらないが、植物と同様に種子から生まれ、成長が人間より速い。争いは好まず、枯れた草木を蘇らせる能力を持つ。

小説版

1999最終章の第1巻と第6巻を中心にダイジェスト化した『ウルトラセブン Episode:0』と、EVOLUTION5部作をダイジェスト化した『ウルトラセブン EVOLUTION』の2作が存在。現在は絶版となっている。
前者ではダンの姿がTVシリーズ当時のままの青年だったり、ザバンギを操るノンマルトがダンの記憶をコピーしたアンヌの若い頃の姿だったり、演者の死去により登場が叶わなかったウルトラ警備隊のキリヤマ元隊長が登場したりなど、小説ならではの演出が随所に見られる。

関連タグ

ウルトラセブン

pixivに投稿された作品 pixivで「平成ウルトラセブン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 29713

コメント