ピクシブ百科事典

乙姫(平成ウルトラセブン)

ひげきのふたごのおとひめ

ここでは平成ウルトラセブンに登場する乙姫について解説する。

「人間は……どうして約束を破る?」
「何故……人間は忘れる?何故……人間は約束を違える?何故お前は人間を守る?この不実な生き物を……」
演:田中規子

概要

ウルトラセブン1999最終章』第4話「約束の果て」に登場。
『平成ウルトラセブン』の世界地球に存在する“竜ノ宮市”に伝わる浦島伝説に登場する竜宮城双子乙姫その人。

の方はを助けたお礼に時間を跳躍して竜宮城へとやって来た浦島太郎と恋仲になり、ある日自分の無事を知らせに一度故郷のに帰りに戻り、乙姫にがまだ見たことがない“夕顔”のを見せる為に地上へと帰還しようとする太郎にその約束の証としての棘で太郎と自分の右手を傷付けた後、その貝を決して開かない様にと約束を契った後に、地上へと送りだすが、太郎が未来の時間軸にやって来てしまった影響で約束を忘れてしまい、その為に不用意に貝を開けてしまった事が原因で死んでしまう。

その太郎の不実さ(誤解)に失望したはその復讐として太郎を亡き者にしようと、過去の時間を現代に流し込んで彼が助けた亀(人間の男の姿で現れた)と共に彼に姉との約束の出来事を思い出せるように手引きした後、彼の不誠実さを詰り、約束の貝をに投げ込み姉の化身である大龍海召喚
彼の生まれた故郷と共に亡き者にしようと試みるが、約束を思い出した太郎が掲げた“夕顔”の花を見て沈静化した大龍海が太郎を取り込んで去って行くのを見届けると、亀と共に海(おそらく竜宮城)へと帰っていった…。

関連項目

乙姫 浦島太郎 大龍海 平成ウルトラセブン
乙姫(ウルトラQ)

コメント