ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

別名:地底ロボット
身長:2.8メートル
体重:2トン

ウルトラセブン第17話「地底GO!GO!GO!」に登場。

ユートムユートム

正体不明の地底都市に配備された謎のロボット。警備と思しき行動をとっており巡回のような行動や、判別不能な言語らしき意味不明の発声を行っている。

アシンメトリックな頭部の形状が特徴で、所属を表すためか胸のプレートには三通りの記号が描かれている。武器は右手の光線銃と左手の鉄球(パンチングハンマー)。


謎の地震によって地下1000メートルに転落した薩摩次郎(セブンがモロボシ・ダンのモデルとした青年)を探索中に、地底都市に迷い込んだウルトラ警備隊と交戦、捕らえたモロボシ・ダンを高熱で殺傷しようとするなど、侵入者には敵対的な行動を見せる。


なお、この地底都市はユートム以外誰もいない無人都市であり、誰が何のために作り出したものなのかは一切判明しなかった。状況が状況だったためろくに調査もされることなく謎の地震源の正体と断定され容赦なく爆破されてしまい、ナレーターが「宇宙人の侵略基地だったのでしょうか。いや、もしかすると我々地球人よりも遥かに昔から地球に住んでいる、地底人類の文化都市だったのかもしれないのです」と語って幕となるのだが、前者であればまだしも後者ならノンマルトの海底都市破壊にも通じるモヤっとした終わり方となっている。

ただ、『セブン』最終話でも示された通り地底は地球防衛軍の死角、アキレス腱となっており、必ずしも過剰に過ぎる対応とも言い切れない面はある。


強さ編集

ウルトラセブンのロボット兵器群はキングジョークレージーゴンアイアンロックスなどの一筋縄ではいかない強豪揃いだが、人間に近いサイズのユートムは警備用途なのか武装も控えめ。

右手の光線銃は生身の人間に当たっても大したダメージは与えられず、左手の鉄球は岩をも砕くパワーがあるが肉弾戦を一切しなかったため使用機会がなかった。防御面に関してはウルトラガンの銃撃を頭部に受けるのみで機能停止に至っているものの、ウルトラガンどころかワイドショットを受けても殆ど損傷した様子が見えないほどに強固。


他の作品に登場したユートム編集

ウルトラ銀河伝説編集

映画『大怪獣バトルウルトラ銀河伝説THEMOVIE』ではベリュドラの左腕の一部として登場。


ウルトラマンSTORY0編集

ザラブ星人の鉱山の警備ロボットとして登場する。


ウルトラマンジード編集

リクの住んでいる秘密基地星雲荘」に配備されている球体型偵察機として登場。

第1話から登場しており、リクから血液のサンプルを採取して分析したり、スカルゴモラジードの戦いの様子をモニターに映し出したりと活躍している。


ウルトラ忍法帖編集

寿編に登場。朧党の科学者沸苦が作ったロボットで、3体登場している。テレスドンの両親を捕まえて地下巨大帝国の建設をさせていた。

左腕の鉄球による攻撃が強烈だが、頭の中にはコンピュータではなく算盤が入っているため途轍もなくアホである(自分達の所属を『ソボロ党』と勘違いする、首領である冥府羅州への呼び方を間違える、ジャンケンするも腕が鉄球なのでグーしか出せないなど)。

修学旅行の最中、たまたまその場に居合わせたマン達鶴亀国立忍者学校の面々と対決するが、早々に2体が生徒たちにバラバラに解体され、トイレ付きユニットバスに再改造されて戦闘不能になる。残った1体が右腕から破壊光線……ではなくハッカ入り光線墓石光線を出すという大ボケを発揮したが、後者の墓石光線が意外と強力で、マン達の動きを封じてしまう。左腕を巨大なトゲ付き鉄球にしてトドメを刺そうとするが、コンセント式だったため、コードが抜けて行動不能なって敗北する。


小説「変身障害編集

ユートムを造ったとされる謎の存在達は、かつてセブンやウルトラ警備隊によって破壊された地下都市を26年かけて再建。そして人類に復讐を果たすべく、ユートムによく似た巨大ロボットを茨城県のM市に出現させた。巨大ロボットは国道6号線を南下しながら街を破壊し、変身妨害システムをハツカネズミのチュウ吉とチュウ吉を飼っているある人物に仕掛けられていた為にセブンが変身出来なくなっていたことを確認すると、更に九体の巨大ロボットをM市に送り、T市にも同様のロボットを複数体出現させてウルトラセブンに変身出来なくなったと証言する男の娘が通う中学校の敷地を囲んで襲いかかる。しかし、変身能力を取り戻したセブンとウルトラ警備隊の猛反撃により、巨大ロボット達は次々とやられていった。

なお、地球でひっそりと暮らしていた宇宙人達によると、ユートム似の巨大ロボットの出現方法が宇宙人が人間に戻る際の変身システムと同じ技術を使っていたことから地下都市を造った存在は宇宙人であると考察されていた。


ウルトラジャーニー編集

本作ではペダンシティーに住むアンドロイドの1体として登場。


主人公のヒナとナタが街を訪れた際に、既に暴走したキングジョー一族によって破壊されており、ビルガモガメロットと共に見るも無残な姿になって放置されている様子が映し出されていた。


酩酊!怪獣酒場編集

第55話にて登場。怪獣酒場のライバル店「怪獣バル」江幸田店の従業員と客の正体。

客と従業員を毎日入れ替え、その店で稼いだ金をその店で落とす計画「プロジェクト・ブルー」の要であったが、この案を思い付いたバド星人が生身の生物なので店に入れないという本末転倒な結果に陥る。


関連タグ編集

ウルトラセブン ウルトラ怪獣 ロボット

魔進戦隊キラメイジャー:第13話でサブタイを口にするというお遊びが行われた。

関連記事

親記事

セブン怪獣 せぶんかいじゅう

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13470

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました